****************************************
開国と攘夷 維新の群像 新政の演出 幕末悲運の人びと 維新につくした人々 明治政府を担った人々

Home     長州藩 西郷隆盛 坂本竜馬 高杉晋作 小国主義

維新を支えたスーパーマン――高杉晋作
(『高杉晋作』砂田弘・著、鴇田幹・絵、少年少女の伝記読物、さ・え・ら書房)

 萩という町

1 松下村塾
2 幕府船での上海視察
3 四か国連合艦隊との戦争
4 反乱軍で殿様を味方に
5 幕府軍の砦、小倉城の崩壊

 あとがき
 年表・高杉晋作
 「長州には奇兵隊という、手ごわい相手がいる。」…
 幕府軍は、高杉晋作の育てあげた奇兵隊の働きに恐れをなしました。
 明治維新の嵐の中、晋作は身なりを変え、名前を変えて、全国各地をとびまわり、自分の考えたことを、ドンドン実行していきます。
 維新を支えたスーパーマンの、短い一生の物語です。

著者略歴 砂田弘(すなだ・ひろし)1933年朝鮮生まれ。
早稲田大学文学部卒業。現在山口女子大学教授、日本児童文学者協会会員、
著書に「さらばハイウェイ」「六年生のカレンダー」「二死満塁」など多数。


左上の海に突き出した部分が萩城で、その下が晋作の生まれた菊谷横丁す。

萩という町 top

 日本の地図を開いてみてください。
 本州の西のはしに山口県があります。
 この山口県は、昔、周防(すほう)・長門(ながと)の二つの国からなっていたので、長州とか防長(ぼうちょう)とかよばれていました
 山口県は北は日本海に、南は瀬戸内海に面し、西は関門海峡をはさんで、九州と接していますが、日本海に面している海岸線のほぽ真中に、萩(はぎ)という町があります。
 萩市は一九八二年(昭和五七)現在、人口約五万三千人。静かで美しい城下町として知られ、一年じゅう、全国各地から観光客が訪れています。
 素朴な味わいのある萩焼という焼物や、おいしい夏みかんも有名です。
 しかし、明治のまえまでは、ほとんど知られることのなかったこの町が、いちやく有名になったのは、なんといっても、この町で生まれ育った志士たちが明治維新で大活躍をしたからでした。
 志士とは命を投げ出して、国家や民族のためにつくそうという高い志をもつ人のことです。
 わが国は、明治維新によって古い国から新しい国に生まれかわり、世界の仲間入りをしたのですが、もし長州(山口県)の志士たちの活躍がなかったら、明治維新は成功しなかったかもしれません。
 そして、長州の志士たちの中心となったのが、萩出身の志士たちでした。

 こころみに、萩が生んだ志士の名をあげてみましょう。
 吉田松陰、高杉晋作、久坂玄瑞、桂小五郎(のちの木戸孝允)、伊藤梭輔(のちの伊藤博文)、山県狂介(のちの山県有朋)、前原一誠など、たちまち五本の指をこえます。
 このなかには、きっとみなさんが聞いたことのある名も入っているでしょう。
 萩の町には百数十年たったいまも、これらの志士たちの生まれた家や学んだ学校が、ほぼそのまま残されています。
 春休みや夏休みには萩の町は、貸し自転車でこれらの名所をめぐる若者たちでにぎわいます。
 土塀のつづく古い町の通りを、自転車でゆっくり走っていると、今にも門のかげから、ヒョッコリ刀をさした侍がでてきそうな気がします。
 私も今年の春、自転車で萩の町を回ってきました。
 ところで萩が生んだ志士のなかで、もっとも活躍した人は誰でしょうか。
 百人にこの質問をしたとしたら、おそらく百人が百人、同じ人の名をあげるでしょう。
 その人の名は、高杉晋作。
 高杉晋作は、数え年二十九歳で亡くなりましたが、晋作の墓のある下関市の清水山にたてられた記念碑には、
 「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し」という、晋作を褒めたたえる伊藤博文の言葉が彫り付けられています。
 高杉晋作という人は、「一旦動きだすと雷の光のように素早くて鋭く、一旦事を始めれば嵐のように激しい」という意味です。

 人々をアッといわせるような事を、次々にやってのけた高杉晋作は、まるで劇画にでてくるスーパーマンのような人でした。 しかし晋作は、まじめ一方の優等生ではありませんでした。
 わがままで、あけっぴろげで、飲んだり歌ったりする事が好きで―――というふうに、一風かわった人でした。
 それだからこそ、生きていたときも、死んだのちも、多くの人々から愛され、慕われているのです。
 またそれだからこそ、明治維新をなしとげた志士たちの中心になれたのだと思います。
 ではこれから、高杉晋作の波乱にみちた二十八年の生涯を追ってみることにしましょう。

2 あとがき top

 明治維新で活躍した大勢の志士のなかで高杉晋作は、坂本竜馬と並んで、もっとも人気のある人物です。
 事に若い人たちのあいだでは、圧倒的な人気があります。その人気の秘密は、どこにあるのでしょうか。
 晋作の魅力の一つに、考えた事はかならず実行にうつすという、その行動力があげられます。
 年表を見てもわかるように、二十歳をすぎてからの晋作は、新しい世の中をつくりだすために、めまぐるしく動きまわっています。
 しかし晋作はただわけもなく、ツッ走るというような事はしません。
 歴史の流れを見きわめ、動かなければならぬときは動くけれど、待つべきところでは待つという生き方を貫いています。
 たとえば、吉田松陰から行動をおこすように促されたとき、晋作はまだその時機ではないと考えて、思いとどまりました。
 一方、長州藩が幕府軍にとりかこまれ、おさえつけられそうになったときは、わずかな同志とともに立ち上がりました。
 これは大変乱暴な行動のように見えますが、成功する自信があったからこそ、晋作は兵をあげたのでした。
 これを野球にたとえれば、晋作はチャンスに好球をえらんで打つ強打者だったという事になります。
 つぎに、名誉や地位に少しもこだわらなかったことも、晋作の大きな魅力の一つです。
 その活躍が認められて、一足とびに殿さまから重い役職をあたえられても、ちっとも嬉しそうな様子は見せません。
 また、自分がつくりだした奇兵隊の総監を突然辞めさせられても、冷しい顔をしています。
 いま一度、野球にたとえれば、監督とかコーチになるよりも、一選手としてプレーをする方をえらんだという事になるでしょうか。そのような晋作が、私はたまらなく好きです。
 晋作は、亡くなるまえ頃、
 「俺は生涯、困ったという言葉をはいた事がない。」と、よくいっていたといいます。
 このようにクヨクヨすることなく、自由に生きぬいたところも、晋作の魅力の一つです。
 藩から預かったお金を、平気でジャンジャン使ってしまうとか、自分の意見が聞き入れられないと、サッサと頭を丸めて坊さんになってしまうなどという事は、誰にでもできる事ではありません。
 それでいて、やるべき事はきちんとやっているのですから、立派なものです。
 また、晋作は、明治維新を見ることなく、胸の病気で、数え年わずか二十九歳で亡くなりましたが、若くして惜しまれつつこの世を去ったということも、晋作の人気を支えているように思われます。
 しかも、晋作は、日的を達する途中で倒れたのではなく、やるべべき事は一応やりとげて、倒れたのでした。
 三たび、野球にたとえれば、味方のチームの勝利を確かなものにしてから、グラウンドを去ったという事になります。
 ところで、この伝記を書きおえたとき、私はふと、もしも晋作が若くして死ななかったら、その後の日本はどうなっていただろうか、と考えました。
 歴史の流れについて考えるとき、「もしも」という言葉は、使ってはいけないといわれています。
 「もしも、豊臣が徳川に勝っていたら」とか、「もしも、太平洋戦争かおこらなかったら」などと考え始めると、始末がつかなくなるからです。
 しかしこの事だけは、どうしても考えてみたいと思いました。
 というのは、幕末の志士で、明治維新後も生き残った人たちのうち、その後も立派な生き方をした人は、ほとんどいないからです。
 たとえば、晋作の仲間だった伊藤俊輔(博文)や山県狂介(有朋)は、のちに出世をして総理大臣にまでなりましたが、わが国を近代国家に成長させるために力をつくした手柄は認めるとしても、自由と平等をもとめる国民の声を力づくでおさえる政治を行ったという意味では、人々にとって決していい政治家ではありませんでした。
 伊藤博文や山県有朋だけではありません。
 幕末の志士で、のちに明治政府の要職についた人たちは、大なり小なり、自分たちに都合のいい政治を行いました。
 明治時代にわが国はいち早く中国や朝鮮を侵略しましたが、その指揮をとったのも、これらの人々でした。
 もしも高杉晋作が生きていたら、このような事はさせなかったのではないかと、私は思います。
 なぜなら、晋作は民衆――普通の人々こそ国の中心でなくてはならぬと考えていましたし、よその国を侵略する事がどんなに悪い事かをよく知っていたからです。
 それとも、名誉や地位など気にかけなかった晋作の事ですから、もしも長生きをしても、頼まれても大臣などにはならずに、好きなお酒をのんで、のんびり暮らしたかもしれません。
 「もしも」の発想は、長州の晋作とともに、土佐の坂本竜馬にもあてはめてみたい気がします。
 しかし、今さら「もしも」と考えて、あれこれ想像したところで始りません。
 今、私たちにとって一番大切な事は、晋作の生き方や物の考え方から、現代にも通じるいろいろなものを、学びとる事ではないかと思います。
 みなさんがこの伝記を読んで、そのような感想をもつ事ができたとしたら、著者としてこの上ない喜びです。

年表・高杉晋作 top

西暦年 日本年 高杉晋作をめぐる事柄 その他の事柄
1839
40
48
50
53
57
58
59

60


61

62

63






64





65



66


67



天保10
11
嘉永1
3
6
安政4
5
6

万延1


文久1

2

3






元治1





慶応1



2


3



八月、長門の国・萩の菊屋横町に生まれる。

天然痘にかかる。


松下村塾(しょうかそんじゅく)に入門。吉田松陰に学ぶ。
江戸に遊学、昌平黌(しょうへいこう)で勉強する。
十月、江戸より帰国。

井上雅(まさ)と結婚。
藩の軍艦教授所に入り丙辰丸(へいしんまる)で江戸へ。
八月、江戸より上信越の旅に出て、武術の腕をみがくかたわら、佐久間象山らに会う。十一月に帰国。
藩学校の明倫館(めいりんかん)の教授となり、若殿さまの小姓役にえらばれる。七月、三たび江戸へ。
五月、上海へ行く。七月に帰国。十二月、久坂玄瑞らと江戸品川に新築中のイギリス公使館の焼きうちを決行。
一月、久坂、伊藤俊輔らと松陰の遺骨を小塚原から掘り出し、手厚く葬る。
三月、藩に十年のいとまを願い出て、頭をそり、東行と名乗る。四月、萩に帰り、松本村で静かにくらす。
六月、藩主の命令で下関へ行き、白石正一郎の家を本部として奇兵隊を結成、奇兵隊総監となる。八月、奇兵隊と先鋒隊がしょうとつし、その責任で総監をやめさせられる。
一月、脱藩して京都に行くが、一か月後に萩に帰る。脱藩の罪で約三か月、野山獄に入れられる。
八月、罪をゆるされ長州藩の代表として下関で四国連合艦隊と講和条約を結ぶ。十一月、身の危険を感じて九州にわたるが、長州に新しい政権を作るため、十二月、下関に帰って兵をあげる。
一月、藩の軍隊を各地でやぶり、山口に入る。命をつけねらわれていたため、四月に愛人の“おうの”と四国へ逃げ、日柳燕石にかくまわれる。六月、桂小五郎のあっせんで帰国。十月、下関で坂本竜馬と会う。
六月、海軍総督となり、大島郡の沖合で 幕府艦隊攻撃の指揮をとり、九州口の戦いでも、幕府軍を散々に打ちやぶる。
九月、血をはく。
病気が進み、下関で療養する。
四月十四日、下関でなくなる。数え年二十九歳。

中国でアヘン戦争おこる。
外国船が日本沿岸にあらわれる。
中国で太平天国の乱おこる。
ペリーが浦賀にくる。

井伊直弼(なおすけ)、大老となる。
神奈川・長崎・箱館開港。
吉田松陰、処刑される。
桜田門外の変。




皇女和宮が将軍家へとつぐ。
京都で寺田屋騒動おこる。
五月、長州藩、関門海峡で外国船を砲撃。
八月、京都から長州藩の勢力が追いだされる。

七月、長州軍、京都の蛤御門で戦い、来島又兵衛、久坂玄瑞、入江九一らが死ぬ。
八月、四国連合艦隊が下関を襲い、長州藩大敗。幕府による第一次長州征伐始まる。


四月、第二次長州征伐始まる。



一月、京都で桂小五郎・坂本竜馬が会って、薩長連合が成立する。

京都で坂本竜馬・中岡慎太郎が暗殺される。
王政復古の大号令がくだる。
徳川幕府がたおれ、明治時代が始まる。

top
****************************************