****************************************
開国と攘夷 維新の群像 新政の演出 幕末悲運の人びと 維新につくした人々 明治政府を担った人々

Home     幕末の長州 西郷隆盛 坂本竜馬 高杉晋作 小国主義

少年少女伝記読み物 西郷隆盛
(北川幸比古/著、高田勲/絵)

1 おいどんは菊池の子孫だ
2 薩摩隼人(さつまはやと)のたましい 
3 薩摩藩は火の車 
4 虫よ虫よ 
5 内も外もさわがしく 
6 たのもしい兵児二才(へこにせ)
7 死んでもいい覚悟 
8 島から島へ 
9 入りみだれる思わく 
10 維新のあとしまつ 
11 死してなお、人を動かす
12 西郷隆盛 年表

著者略歴 北川幸比古(きたがわ・さちひこ) 1930年東京生まれ、少年文芸作家クラブ代表理事。
TV構成者・リポーター、SF童話、ノンフィクションの仕事をする。
「真田十勇士」「アンコールワットものがたり」ほか著書多数。

上野の山で立たされ坊主

 いつ頃から歌われていたのかわかりませんが、私の子供の頃東京に友だち同士の間ではやしたてて歌うこういう歌がありました。
 『おまえは偉いよ 西郷さんだよ 上野の山で 立たされ坊主』
 本当に友だちを偉いと思ったときには、こんな歌はうたいません。
 偉そうにしているのを冷やかしたり、学校で罰を受け立たされている子を笑ったりする時にうたう歌です、
 誰が作ったとか教えたとかいうのではなく、自然にだれでも知っていましたが、もう今では忘れられた事でしょう。
 子供たちは西郷隆盛を、明治維新のとき幕府軍をせめた官車の参謀で、幕臣勝海舟と話しあって江戸総攻撃をしないですませた恩人として話に聞いていました。
 それから維新ののち鹿児島に帰ると、苦労してつくりあげた天皇の明治新政府から、朝敵、賊軍の頭(かしら)とされ、精いっぱい戦って自殺した英雄だという事も、話にきいていました。
 西郷隆盛はのちに賊ではなかったと認められ、天皇も金一封をだして、上野公園に銅像ができました。
 犬をつれ筒袖(つつそで)の着物にへこおびをしめ、短刀を一本さし、草履ばきという姿の銅像です。
 その頃方々でやたらと目についた、軍人や役人、政治家の、いかめしく威張ってふんぞりかえっている銅像とは、まるでちがう感じの、風変りなものでした。
 その銅像の西郷さんは、江戸を戦火から救った偉い人で、東京と名をかえた江戸の町をじっと見ているというのが、きっと正しいのでしょう。
 でも、東京の子供は何と“立たされ坊主”だと歌いました。
 銅像の西郷さんが髪の毛を短くかっていて、坊主頭だったという事もありますが、大抵の男の子が坊主頭で“いたずら坊主”などといわれた時代でも、“立たされ坊主”は、ずいぶんひどい言い方です。
 「立っていなさい」と先生に罰をうけるのは、教室の自分の席でたた立たされる場合、教室のうしろのほうで立たされる場合、前へ出て立たされる場合と色々でした、
 席につけないだけならたいして辛(つら)くはありませんが、多くの人に見られるのが辛い事で、教室の外、廊下に立たされるとか教員室の前とか校庭とかだと、これはもうたまりません。
 銅像の西郷さんを年中、東京だけでなく全国の人が集る上野公園で立たされていると見たてるのは、やはり朝敵だったからでしょうか。

 それでもこのはやし歌をうたわれると、立たされている子は大抵胸をはって、かえって元気になるのは不思議でした。
 西郷さんは人気がある人で、東京に古くから住んでいる人が、薩摩と長州から出世してえらくなった人を一口に、
 「薩長の野郎め」とさげすむのに、
 「西郷さんは別だい」と別扱いするほどでしたから、罰をうけて立たされている身には冷やかしたり笑ったりされているというより、励まされている気持になったのかなと思います。
 くだらない軍人や役人、政治家の銅像が、第二次大戦で軍国主義日本が破れてから、片付けられてしまったのに、恩人で英雄で偉人の西郷さんの銅像は、今でも上野公園にあります。
 ずっと“立たされ”続けている銅像の西郷さんを、このあいだ上野公園にいって見上てきました。
 なるほど、立たされ坊主なのだ、と思いました。
 私は江戸の恩人で英雄で偉人であるだけでなく、賊の名をうけても戦った西郷隆盛が好きです。
 それで立たされ坊主になっているのなら、拍手したいほどですけれども、どうもそう簡単に言いきれない謎が西郷隆盛にはたくさんあります。
 西郷隆盛は、一八七七年(明治十)に五十一歳で死にましたから、百年とちょっとしかまだたっていませんが、事実がどうだったのかわからない事がある上、色々の人が様々な意見をだしています。
 よく考えなければなりまません。
 どういう時代だったのか大きく見ていくと同時に、生まれて死んでいった一人の人間・西郷隆盛をみつめていく事にしましょう。

top
****************************************