****************************************
ゆりかもめ  東京モノレール   多摩モノレール  HOME


 ゆりかもめの展望

1980年代のバブル景気の時代に芝浦沖の埋立地を臨海副都心として開発されることになった。その交通手段の1つとして芝浦埠頭から東京湾を渡って臨海副都心に至る乗物の「ゆりかもめ」が計画され、1988年(平成元年)に工事が始まった。
臨海副都心の全体計画は東京都が行っており、この計画を推進するため当時の鈴木都知事は、ここでの都市博を1996年に開催することを決定した。そして多くの企業もこの副都心予定地に進出の意欲をみせていた。
しかし1991年から日本経済が急速に悪化した。土地値上がりのバブル経済が崩壊した。そして大半の企業が副都心への進出計画を白紙に戻したのである。
東京都が進めるお台場の高層マンション、テレコムセンター、東京ビックサイトなどのビルとゆりかもめは、都市博のため予定通り工事が進められた。
そんな中、1995年4月都市博反対を公約にする青島都知事が誕生した。1年先となった開催を見越して準備してきた都市博の中止が決定された。
1995年11月新橋〜有明間でゆりかもめが開通した。ゆりかもめの60km/hのゆったりした走りと東京湾の展望が人々を惹きつけた。都市博がなくても多くの若者がゆりかもめでお台場を訪れるようになり、お台場が東京の新しい観光スポットになったのである。
レインボーブリッジが正面に見えるお台場海浜公園、ホテル日航、デックス東京ビーチ、フジテレビなどの開業後の活況を見て、工事を中断していた企業も工事を再開させ、新たに進出する企業も現れた。(臨海副都心物語:平本一雄)
2001年それまで仮駅だった新橋駅がJR駅により近い本駅となった。またそれにあわせ完成後放置されていた汐留駅が2002年に開業した。
有明〜豊洲間の延長工事は2000年に開始され2006年に完成させている。この沿線は現在は未開の荒野で、有明テニスの森、市場前、新豊洲、豊洲の4駅が新設された。
1999年から都知事となった石原知事は、2016年の東京オリンピック誘致を決め昨年8月に福岡市に勝って東京が国内立候補都市になった。2008年北京、2012年ロンドンの後をうけてのオリンピックだが、2010年にIOCで開催地が決定される。
東京都では有明テニスの森を選手村に、市場前に築地市場を移転してその跡地を報道センターに、市場前の対岸の晴海埠頭にメインスタジアムの建設を公表している。
ゆりかもめ延長区間の今後の開発は、2回目となる東京オリンピックの誘致の成否にゆだねられている。

新橋    top

JR新橋駅汐留口の前にあるゆりかもめ駅の入口。エスカレータで上ると左に汐留シオサイトへの歩道デッキが続く。 銀座通りをまたぐ歩道デッキとその上のゆりかもめ駅。
歩道デッキからのゆりかもめ駅への上り口。背後にもある。左の通路を真直ぐ進むと汐留シオサイト。日曜なのでゆりかもめは混雑しているがシオサイト方向は人がいない。 歩道デッキからの銀座通り。交差点の通りは昭和通り。先に見える白い陸橋は銀座だけの東京高速道路。
中二階で切符を買って改札を通ってエスカレータで上がるとゆりかもめホーム。左右から交互に電車が発着する。 ホーム先端からの写真。線路は150m先で直角に右に曲る。正面のビルは電通、左にロイヤルパークと日本テレビがある。

汐留    top

新橋駅から300mの汐留駅。左のビルは東京汐留ビルディング、右はメヂアセンター。遠くのビルはウインズ汐留。 汐留駅東南の汐留住友ビルの歩道デッキからの汐留駅。
汐留駅ホームからの南方向の写真。左は汐留住友ビル、中央の遠くのは浜松町の貿易センタービル、右はウインズ汐留。 汐留駅の歩道デッキからの北方向の写真。右の白いのは電通。

竹芝    top

写真中央は竹下桟橋からの丸屋根の竹芝駅。駅前の歩道デッキが円形になっており、下は帆柱のある芝浦埠頭公園。左のビルはサウスタワー。 竹芝駅ホームからの北方向の写真。右端の白いのはノースタワー。正面はマンションでその右の遠くの森は浜離宮、左に都公文書館がある。
竹芝駅ホームからの南方向の写真。左はTISビル、右は倉庫。線路は竹芝桟橋から日の出桟橋の港の中を通る。 竹芝桟橋2階歩道デッキ南端からの北向きの写真。右の建物は乗船口で3つある。左のビルは手前からホテルコンチネンタル、サウスタワー、ホテルアジュール、ノウスタワー。
竹芝桟橋からの南方向の写真。遠くにレインボーブリッジとお台場が見える。竹芝桟橋からは小笠原諸島や伊豆七島への船が出る。 ホテルアジュール前のデッキからの南方向の写真。隅田川の東京湾の河口。遠くの橋は隅田川最下流の勝どき橋。

日の出    top

電車の先頭からの日の出駅。左は日の出埠頭、右はマンション。 線路の下の道路からの日の出駅。海側の歩道に下りて300mほど竹芝方向に戻ると水上バスの乗船場がある。
日ノ出駅歩道橋からの北方向の写真。バスだ駐車している場所が旅客船の日の出埠頭。水上バスと東京湾クルージングの乗船場が2つある。遠くの白い高層ビルは竹芝桟橋のホテルコンチネンタル。 10:40のパレットタウン行き水上バスからの日の出埠頭。岸壁の左の倉庫群が日の出の貨物線の埠頭。中央の客船はクルージング用。青い線はゆりかもめの高架橋で右の倉庫の上に茶色とピンクの日の出駅がかすかに見える。

芝浦ふ頭    top

日の出と芝浦ふ頭の駅間で首都高台場線が頭上にかぶさってくる。この先400mで芝浦ふ頭駅。左は芝浦埠頭。 芝浦ふ頭駅ホームからの南方向の写真。頭上の首都高はそのまま左へカーブして、線路は右に一回転してレインボーブリッジになる。
芝浦ふ頭駅歩道橋からの北方向の写真。一般道、駅コンコースと歩道橋、駅ホーム、頭上の首都高の4層構造になっている。
ここで下車してレインボーブリッジを歩いて渡る。
歩道橋からの南向きの写真。一般道、線路、首都高の3層全体がレインボーブリッジへのアクセスでここから高架が高くなっていく。首都高は直接左にカーブして、一般道と線路は時計回りのループでレインボーブリッジにな入る。左は埠頭の倉庫。


レインボーブリッジを歩いて渡る

レインボーブリッジの下からの写真。橋の脇の建物の中に橋の上へのエレベータがある。 ガラス張りのエレベータの建物の入口。ガラスに橋が映っている。入場無料。エレベータは北の遊歩道用と南の遊歩道用がある。今回は北用で上に行く。
エレベータを上ると写真の遊歩道に出る。橋は2階建てで1階は中央にゆりかもめを挟んだ一般道、2階は首都高台場線。見晴らしは抜群だが車の騒音がうるさい。遊歩道を歩く人はちらほら程度。 橋の上からの芝浦埠頭。左に東京タワーを見える。遊歩道は橋の南北にあり、途中での移動はできない。今回は写真が逆光にならない北側の遊歩道を歩く。
1.5km先からのレインボーブリッジ北面と対岸の芝浦。 さらに1km先からのレインボーブリッジ南面と対岸の品川埠頭。緑の島は昔大砲が置かれていた台場で、これがここの地名になった。
別の機会に南の遊遊遊遊歩道用エレベータで上へ行った時の写真。第1展望台から右方向に見えるレインボーブリッジへのアクセスのループ部分の写真。芝浦埠頭と大井埠頭の間の入江の上でループする。 第1展望台からの左方向の写真。小島が点々とある先にお台場の街が見える。中央のボール付のビルはフジテレビ、右の丸いビルはホテル日航。右端の緑は潮風公園。

お台場海浜公園    top

遊歩道の出口はゆりかもめの路線と別れたお台場海浜公園の入江の砂浜。砂浜に面して公営賃貸マンションのシーリアお台場。 ゆりかもめの路線は左の高層マンション群のシーリアお台場の裏手の埠頭沿いを通る。遠くに見える橋梁はレインボーブリッジの道路部分で運河の右の有明に至る。
お台場海浜公園駅からの次駅方向の写真。右の海岸側のビルは若者に人気のデックス東京ビーチ。左は台場フロンティアビル。 お台場海浜公園駅からの前駅方向の写真。線路は左に直角に曲って有明西運河沿いを通ってレインボーブリッジになる。
地上からのお台場海浜公園駅。駅の西からの写真。 駅の東からの駅の写真。背景は民間賃貸マンションのタワーズ台場。家賃は20万円強?。

台場    top

800m先の台場駅ホームからの次駅方向の写真。線路は左に直角に曲る。その先は潮風公園、東京湾、対岸の品川埠頭。 台場駅の歩道橋からの前駅方向の写真。左はシネコンなどがあるアクアシティお台場。右は奇抜なフジテレビビル。
駅の東からの台場駅。背景は海際の最初に開業したホテル日航。左には都市博中止で工事を中断して遅れて開業したホテルグランパシフィックがある。 台場駅東側から南北に1.5kmのウエストプロムナード。遠くの凱旋門のような建物はテレコムセンタービル。
台場駅から右に行くとレインボーブリッジ全体が見渡せる展望デッキ。 海岸に面してお台場海浜公園駅近くまで、右から長いアクアシティーお台場とデックス東京ビーチが並ぶ。

船の科学館    top

600m先の船の科学館駅からの次駅方向の写真。左のビルは東京国際交流館。写真ではよく見えないが右の岸壁沿いに船の科学館がある。 船の科学館駅からの前駅方向の写真。左は潮風公園、右の白いビルはホテルグランパシフィック。
北側の地上からの写真。日曜日だったがここは人影が少ない。 左の国際交流館のビル横からの写真。正面突き当たりは船の科学館で、その右に船の科学館駅が見える。右は一帯は広い仮駐車場。国際交流館は日本で学ぶ留学生の支援センター。

テレコムセンター    top

テレコムセンター駅歩道橋からの次駅方向の写真。駅前に広い駅前公園広場がある。路線は少し先で右に直角に曲る。 テレコムセンター駅歩道橋からの前駅方向の写真。路線の左は大江戸温泉物語のお風呂。線路はすぐ右に直角に曲る。 
駅前公園広場からのテレコムセンター駅。背後の大きな門型のビルはテレコムセンタービルで屋上に衛星用のパラボラアンテナが建ち並ぶ。通信放送関係の会社が入るオフィスビル。右は同系列の青海フロンチアビルで最上階に東京みなと館がある。 駅ホームからの駅前公園広場。台場までサウスプロムナードでつながる。右手に新しいビルが完成間近。(2007/1)

東京みなと館からの展望   top

東京みなと館は東京湾埋立てと東京港の博物館で展望が抜群。入場料200円。そこからの北方向の写真。手前左からタイム24、産業技術総合研究所、日本未来科学館(500円)、東京国際交流館と並ぶ。遠くの高層ビルはホテルグランパシフィック。左の船は船の科学館の展示品。 南方向の写真。全体が青海コンテナターミナル。
東方向の写真。真下は外貨定期船埠頭と倉庫。運河の向うはフエリー埠頭。 北東方向の写真。路線が次の青海駅、東京国際展示場駅に伸びている。左下は完成間近のビル。

青海(おうみ)    top

青海駅ホームからの次駅方向の写真。右は運河を挟んでフエリー埠頭。運河の先のきのこ型はビッグサイト。 青海駅歩道橋からの次駅方向の写真。駅の左は観光用のいろんなものがあるパレットタウン。(ビィーナスフォート、MEGA WEB、大観覧車、東京レジャーランド、Zeep Tokyo)
パレットタウンバス停前からの青海駅。 駅歩道橋からの海側の写真。小さな船着場があるが日の出〜ビッグサイト〜パレットタウンで水上バスが運行されている。通常より100円高い900円のゆりかもめ1日切符で水上バスも乗船できる。

国際展示場前    top

駅ホームからの次駅方向の写真。線路の右側全体がいろんなイベントが行われる巨大なビッグサイト。 駅ホームからの前駅方向の写真。右端の斜めがTFTビル。建設中の門型の高層ビルはホテル東京ベイ倶楽部。
ビックサイトへの歩道デッキからの駅。左に立派な水上バス船着場がある。背景は右上と同じ。 水上バスからの国際展示場前駅。背景は左からTFTとツインの有明フロンティアビル。少しだけ見えるのが有明ワシントンホテル。

有明    top

有明駅歩道橋からの線路の左の次駅方向の写真。線路の左はテニス会場の有明コロシアム。その左に屋外のテニス場の有明テニスの森がある。 地下鉄のりんかい線国際展示場駅前からの有明駅。ゆりかもめの第1期工事はここまでだったので、以前はここが乗換駅になっていた。
駅歩道橋からの線路の右の東南方向の写真。一帯は防災センターの建設中。右のビルはまだ新しい癌研有明病院。この駅は今は病院を訪れる人が利用する。 同じ位置からの東北方向の写真。左の湾岸道路から北に伸びる首都高晴海線の工事中。

有明テニスの森    top

有明テニスの森駅歩道橋からの次駅方向の写真。遠くの林は東雲運河の中洲。その先のビル群は晴海。 駅の下の歩道からの駅の写真。周囲はすべて空地でオリンピック選手村予定地の看板がある。
歩道橋からの東方向の空地と、その先の東雲の市街地の写真。 駅ホームからの東北方向の写真。路線はこの先で直角に曲るので次々駅の新豊洲駅が中央に見える。真下は東雲運河の有明貯木場を埋立てたものでまだ水溜りも残る。

東雲(しののめ)運河

車窓からの東雲運河の西方向の写真。緑は中州。左は有明、右は豊洲。遠景はお台場でレインボーブリッジが見える。 線路途中からの前方の写真。線路の先に晴海運河があるので路線は右に直角に曲がり、次駅の市場前駅。遠景は晴海の市街地。

市場前    top

駅の下の歩道からの次駅方向の写真。周囲は空地だが駅名はここが築地市場の移転予定地になっているから。 車窓からの豊洲の西端の写真。以前の東京ガスのタンクの跡地でここが新しい市場になる。
駅歩道橋から北向きの写真。路線の下の道路がそのまま晴海運河を渡る豊洲大橋の工事が始まった。 豊洲大橋建設工事のお知らせ。駅の下の歩道に掲示されている。

新豊洲    top

新豊洲駅からの東の次駅方向の写真。路線はゆるやかにカーブして高層ビルの見える豊洲駅へ。左は空地と、その先の黒い大きな駐車場と、かまぼこ型のガスの科学館。ガスの科学館は以前市場前駅近くにあったが、再開発のため移転した。 同じ位置からの北方向の写真。周囲はテプコ豊洲ビル以外は空地。橋は新しくできた晴海大橋一般道。ここにさらに首都高晴海線の橋も併設される。
駅と右のテプコ豊洲ビルへの歩道橋からの写真。 晴海大橋への歩道からの路線の左の新豊洲駅。円筒のビルは東電のテプコ豊洲ビル。ガスタービン発電所や変電所として使われてきた。今は一部をオフィスとしての使用。

豊洲    top

終着の豊洲駅からの前駅方向の写真。路線の右に晴海大橋、左にテプコ豊洲ビルが見える。豊洲駅はメトロ有楽町線豊洲駅との乗換駅。 豊洲駅の先の路線の終端。右にカーブしているがここから晴海通りを通って、晴海ふ頭、月島を経て勝どきまでの延長計画がある。
豊洲駅歩道デッキからの北方向の写真。石川島播磨造船所の跡地の再開発用地。 再開発はUR都市機構が民間事業者と共同して進めている。その駅前の掲示板。
ガスの科学館屋上からの豊洲駅。駅の右の高層ビルは3階まで店舗で上階がマンションの豊洲シェルタワー。 晴海大橋からの豊洲地区。右端が豊洲駅で左端が晴海運河の春海橋。左右の高層ビルの間がこれから再開発される。

top