****************************************
Index  概要 ぺリーの日本遠征(日本研究 第一回 第二回) 幕府のアメリカ見聞

U ペリー最初の日本遠征
(日本滞在期間――1853/7/2〜1853/7/17)

1 遠征隊の決定
2 江戸湾
 2.1 浦賀へはいる
 2.2 砲声と副奉行
 2.3 戦闘準備とあやしい彗星
3 大統領の親書伝達式
 3.1 奉行との交渉
 3.2 予備会談の会話
 3.3 艦上のもてなし
 3.4 会見の前日
 3.5 一夜でかわった浦賀
 3.6 上陸場と会場
 3.7 大統領の親書
4 神奈川沖へ
 4.1 ピストルにおどろく
 4.2 アメリカ停泊地
 4.3 贈物のやりとり

 1 遠征隊の決定 top

 メキシコ戦争が終って、カリフォルニア州は合衆国のものとなった。
 その太平洋に望む位置をみてアメリカ人は、貿易をひろげなければならないと考えるようにたった。
 なにしろ、アメリカは大西洋と太平洋の中間にあって、ちょうどシナが、好んで自分の国を「中国」と呼ぶように、ヨーロッパとアジアの中間にあるから、合衆国は、「中国」と、いってもよいのである。
 東アジアと西ヨーロッパをつなぐ最短航路が、(この蒸汽船時代に)わが国を横切るとすれば、わが国は世界の大通りとなることは当然である。


織田信長が愛用したという屏風に書かれた世界地図

 従って、カリフォルニアは、地理上大切なものと思われるようになった。
 カリフォルニアからアジアにいくには汽船が必要であるが、汽船には石炭をたかなければならない。
 ながい太平洋の航海で、石炭はどこで手にいれるか?
 シナは、あるていど開放されている。しかし、もっと近くに未開の国日本がある。
 それは好奇心をそそり、貿易心もおこさせる。
 日本について、我々はよく知らないが、何世紀ものあいだ、日本は外国との交わりを嫌い、ただヨーロッパの一国だけが、通商を許されていて、ほかの国がいくらたのんでも許されないのである。
 日本は価値のある産物をもっているから、ほかの国と通商をしなければいけないのである。
 だから人によっては、日本には国をとざす権利はないといい、日本が開国しないなら武力で開国させるべきだと、主張する者もあった。
 ペリー提督は、このことを多くの人々と同じに考え、目的をはたすために、書物をよく調べたのである。
 そして確信をえてから意見を発表し、日本遠征が決定されたのは、しばらくあとのことであった。
 遠征艦隊は、ペリーがメキシコ戦争で旗艦としたお気にいりの蒸汽船ミシシッピ号、蒸汽船プリンストン号とアレガニイ号、ハモンド第七四号、砲艦バンダリア号とマセドニア号である。
 東インドにいっている蒸汽船サスケハナ号、砲艦サラトガ号とプリマス号も加わることになり、武装運送船サプライ号、レキシトン号、サウザントン号も加わった。
 しかし決りはしたものの大艦隊がそろって出帆するには、修繕その他のことで時間がかかり、ペリー提督は我慢ができなくなって、一八五二年十一月二十四日、ミシシッピ号だけでノーホークを出帆し、石炭と飲食物が手に入る外周り航路をとって、マデラ、喜望峰、マウリジャズ、シンガポール、香港、カントン、マカオ、上海を通って、日本へ向ったのである。

2 江戸湾 top

 2.1 浦賀へ入る


沖縄をおとずれたペリー


那覇港に集結したアメリカ艦隊

 一八五三年七月二日の朝早く、ペリー提督は、わずか四隻の軍艦――旗艦サスケハナ号とミシシッピ号、サラトガ号、プリマス号をひきいて那覇港(沖縄)を出発した。
 サプライ号はあとにのこし、カプリス号は上海に使いにやった。
 初めの計画の十二隻からなる堂々たる艦隊にくらべれば、貧弱ではあったが、これ以上の船がきていなかったのである。
 それでも提督は、自信があるようであった。
 気候は蒸し暑く、うっとうしくなってきて、涼しいところで八十八度(F)となった。
 北方群島の中心に、日本人が大島、シナ人がタタオと呼ぶ島がある。ここの野はよく耕され、いくつかの町がある。
 シーボルトの地図によって、その島を観測した。
 三日めの七月四日は、アメリカ独立七十七年目の記念日なので、みな、故郷を思いだした。
 この日は特に美しい朝で、乗組員は、素人芝居をはじめ、祝日の用意をした。
 しかし天気があやしくなったので、芝居はやめて、各艦が十七発の祝砲をうち、兵士にはいつもより多くのブロック酒をくばり、ごちそうをたべ、みんな、仕事をやすんで祭日を楽しんだ。
 しかし、平日にきびしい訓練が行われたのである。
 気候はたいがい暑かったが、蒸し暑くなったり涼しくなったりした。
 七月七日の夕方の観測によると、艦は伊豆岬ともよばれるネガツ岬から八十キロの海上にあった。
 あまり陸地に近寄ったので、夜中から船首を沖にむけたが、マストからは伊豆岬のほかに、シーボルトがブロッケン島とよんだいくつかの島が東に見え、また、トシシマとシキネシマという日本名のつく大きな島も見えた。
 次の朝は噂にきいていた日本の気候どおりに、霧がふかく浦賀の冲に入るまで、海岸の形はよくわからなかった。
 蒸汽船は帆をたたんで、時速十六キロで走った。
 海岸にむらがる日本の漁船はびっくりして、みんな船の上に立ち上がって眺めた。
 やがて、太陽が輝き、霧がはれて、けわしい溶岩の崖や伊豆の山々がみえた。
 大島という島を右に見て、相模湾口を横切ると、大富士が、円錐形のいただきに、雪か雲かわからない白い帽子をかぶって、湾のかなたにそびえていた。
 艦隊が湾に入るとそこの漁舟は逃げ出したが、その一隻に蒸汽船が追いつくと、漁師たちは怖れたように櫓(ろ)にかじりついて、夢中にこいでにげた。
 やがて提督は、信号をだして、戦闘準備をした。
 甲板はかたづけられ、大砲はすえられ、弾丸を用意し、小銃をもって、みな部署についた。
 正午ごろ、相模岬につくと、提督は信号で艦長を旗艦に集めた。
 そしてまた、航行をつづけると、半島の南の端に一つの町が見えた。
 艦隊が陸地から一四キロぽどのところへ近づくと、大形の船が一ダース以上、漕ぎだしできた。
 軍艦に向ってくるらしかったが、こちらは進行をとめなかったので、うしろに取残された。
 それらの船には、人がいっぱいのっていて、文字を書いた旗をたてているのが政府の船らしく、武装しているとは思われなかった。

 湾内には船の数が多くなり、時々近くを通るのがあって、船の構造がよく見えた
 その船は、まえのほうが高くとがり、うしろが高くあがっていて、前後に縄でしばった帆柱が中央に立ち、その帆柱にあらい布の大きい帆がつき、そのほか小さい帆が前と後にあった。
 湾口の海岸はけわしい絶壁で、それが山々に連なっていた。
 湾口には、要塞があるらしかったが、発砲はしなかった。
 はるか東の安房の国(千葉県)の海岸は、相模とむかいあって絵のように高い山があり、砲台もなさそうであった。
 艦隊が水道を通って浦賀の内湾に入ると、漁船がたくさん逃げていった。
 漁船は安全なところまでにげると、こぐ手をとめて、心配そうにこちらを眺めていた。
 午後五時ごろ、江戸湾の西側にある浦賀町の冲に、錨をおろした。
 富士山が山々の上にそびえ、三千メートルぐらいの高さと推測された。


かれらの目にうつった日本の帆船

 航行中は、いつも水の深さをはかって、二十五尋(ひろ=両手を広げた長さ)の深さのところをすすんだが、そこは岬から三キロほどで、外国船はこんなに岸に近付いたものはなかったのである。

 2.2 砲声と副奉行 top

 すると三つの砲声がとどろいて、空にロケットの煙が見えたので、ただちに進行をとめる命令がでた。
 艦が錨をおろさないうちに、日本の船が続々と岸から漕ぎ出すのが見えた。
 提督は自分の旗艦以外には、日本人をのせてはいけないと命令をだし、旗艦にもえらい人三人だけの乗艦を許すと命令した。
 いままでは誰でも乗艦させる習慣であったが、先のアメリカ遠征隊の経験から考えて、提督は、そのようにきめたのであった。
 また海岸から砲声が聞えた。艦隊はならんで砲台と大きな町に艦上の大砲をむけた。
 日本人の船は、艦隊を取り囲むつもりで、四方からやってきた。
 日本船は食物とか、水、衣服、寝床などをつんでいた。
 いく隻かの日本船は、サラトガ号に漕ぎよせて乗込もうとし、麻縄をたけかけ、よじのぼろうとした。
 アメリカ水兵は、それらの日本人に向って、ヤリやピストル、剣などを突き付けたので、みんな乗船をあきらめた。

 日本の防備船は美しくアメリカのヨットに似ているが、白木づくりで、へさきはとがり、幅は広く、水上をすべるように早く走った。
 三十人以上が乗込み、赤銅色の裸に腰にだけは布をつけていた
 。夜になると彼らは、袖のついた上着を着たが、その背中には紋章とか記章とかがあった。
 大抵は帽子をかぶらず、頭のてっぺんをすりおとし、その周りの毛をのばして、やからかい膏薬みたいなもので貼付たのを、脳天のハゲの上にむすんでいた。
 二、三人は、洗面器をひっくり返したような竹の帽子を、ヘルメットみたいにかぶっていた。
 ある船には、十字形の飾りをつけた長い竿をもつ者がいたが、これは軍のしるしらしかった。
 役人たちは漆塗りの帽子をかぶり、その前側には階級を示すらしい紋章がついていた。
 漕ぎ手は、櫓(ろ)のそばに立って、櫓べたの上で動く櫓を巧みにあやつって、かけ声たかく漕ぎよせてきた。
 どの船にも一本の小旗が立ち、その旗には二本の白線の真中に黒線をいれた三つの横筋があり、そのほかにもう一つしるしのある旗を立てているのもあった。
 一人か二人、どの船にも腰に刀をさした男が立っていたが、それは、明らかに地位と権力のある役人であった。
 やがて、一隻が旗艦に横づけになって、紙の巻いたものを見せたが、それをうけとらなかった。
 すると今度は、ミシシッピ号の方へいって、その巻紙を開いて、高くさしだしたのをみると、それはフランス語で、艦隊はかえれ、危険をおかして停泊してはいけないという意味であった。
 その船の役人は、サスケハナ号に近づいて、手まねで、梯子をおろすように合図をした。
 シナ語の通訳ウィリアムズ氏と、オランダ語の通訳ポートマン氏は「提督は、一番えらい役人でなければ、会わないから、帰れ」と提督の命令を伝えた。
 すると一人の日本人が、立派な英語で「私は、オランダ語がはなせる」といった。
 そこでポートマン氏がオランダ語で話しかけると、相手はいろいろ質問をあびせかけた。
 そしてこの艦隊は、アメリカからきたのかどうか知りたがったが、返事はしなかった。
 盛んに乗船させろといったが、長官は浦賀の最高の役人とだけ話をしたいのだと答えると、ここに浦賀の副奉行がいるといって、一人を指さした。
 なぜ、奉行が自分でこないのかとたずねると、法律で禁じられているのだから、副奉行と同じような士官を、そちらでもだして、二人が相談されたい。
 そしたら、艦隊がきた目的を政府に知らせると、申し出た。
 提督はわざと時間をかけて、その申し出をうけいれ、副官コンティ大尉に命じて副奉行に会わせることにした。
 そこで、梯子(はしご)がおろされて、副奉行中島三郎助か、オランダ語の通訳、堀達之助をつれて乗船し、艦長室にむかえられた。
 話合いは、その部屋で行われたが、提督は自室にいて、事実上の交渉をすすめたのである。


日本船の図

日本人の目にうつったペリー艦隊(黒船)

日本の役人がのってきた船

 提督は、友交使節として合衆国大統領から、日本皇帝への親書をもってきているが、それを渡す日を決めるために、その親書の写しを受取る役人を、まず本艦におくってもらいたいといった。
 これにたいし日本人は、対外事情の話合いは長崎でなければできないから、長崎へいくようにと答えた。
 提督は、わざわざ江戸に近い浦賀にきたのだから、絶対に長崎へはいかない。
 ここで交渉をするつもりであるが、無礼は許さない。
 いつまでも、日本船が艦隊の周りに群がっているならば、武力をもって追っ払うといった。
 これが副奉行に通訳されると、副奉行は部屋を出て艦上から日本船に退去を命じた。
 たちまち日本船は帰っていったが、なお、二、三隻残っていたので、武装艇を艦からおろしたところ、みんな引揚げた。
 これは第一の成功であった。
 副奉行はやがて、大統領の親書を受取ることにたいし何も約束することはできないが、朝になったら上役の者がなにか知らせるでしょうといって、帰っていった。

  2.3 戦闘準備とあやしい彗星 top

 ペリー提督の方針は、あとでわかる通りしっかりしたものであって、要求すべきことは要求し、どうか許してくれと頼むようなことはしないで、すこしでも無礼があれば、アメリカ国旗のえらさを示すことだった。
 そこで一番悪いときのため、戦闘の準備をしていたのである。
 日本人にたいする乗船は、旗艦以外には許さず、それも官職と用件を明らかにした者だけを許した。
 それというのが、えらぶったり傲慢のためではなく、形式と礼儀好きの日本人に、外国人を尊敬させるためであった。
 それがおおいに役立ったのである。
 日本船は近づかなくなったが、遠くのほうで見張っていた。
 午後になると、三、四発ののろしが陸であがり、夜になるといたるところの丘でかがり火がもえ、夜どおし鐘の音が聞えた。
 夜の九時に、旗艦が六十四ポンド砲で時砲を撃ったところ、その音が山々にひびきわたった。
 すると、たちまち丘のかがり火はきえた。
 艦隊は戦争のとと同じで、歩哨は舷門(げんもん)に立ち、大砲ごとに円弾とブドウ弾をつみ、後甲板には小銃を並べ、ボートごとにカービン銃、ピストル、短剣、そのほか必要なものをのせていた。
 この夜、デュア大尉は、めずらしい気象学上の観察をした。
 真夜中から四時までに、すばらしい彗星が、南西の空に現れて、あたりをてらした。


ニシキ絵にかかれたペリー

 その光りは、水平線の上約十五度のところを、北東に向って一直線にはしり海に消えたが、形は赤いくさび形の尾をもっか青い玉で、パッとちるロケットの光りに似ていたという。
 提督は、「昔の人なら、これはよい知らせだと思ったろう……が、我々もそう思ってよかろう。血をなかさずに成功を祈ったおかげだと思える」と、いっている。
 次の朝、太陽がのぼると水面のもやがはれ、陸地には羊毛のような霧が動いて、美しい景色が現れた。
 浦賀から三キロほどのところにある岬まで町や村があって、浦賀の町は一つの崖で二つの町になっている。
 大きい町には川がながれ、川口にはたくさんの小舟と、いくつかの帆船があった。
 ここは、商業の中心地で、関税をとるところらしい。
 岬にはあちこちに砲台があり、港を見下ろしていた。
 望遠鏡で見ると、まだできあがらない物や修繕中の物もあって、据え付けてある大砲は小さな物でそれさえないものもあった。
 砲台の前にも後にも、また海岸にも幕がはってあったが、白と黒の縞のついた布らしかった。
 その目的ははっきりしなかったが、軍隊を隠すものらしい。
 日本人には、望遠鏡やオペラグラスでこんなによく見えるとは思われなかったろう。
 美しい赤い色の制服を着た兵隊が、記章のようなものをつけた旗をもったり、大きい提灯のついた長い竿をもったりして、あちこちを動くのが見えた。
 我々の艦をとりまいたと同じ政府の船が、岸ちかくならんで海岸には二本の赤旗がたっていた。


サスケハナ号


日本の帆船

 この朝(七月九日)サスケハナ号に、はじめて近付いた小舟に、画家らしい者がのっていて、さかんに異国の船のスケッチをした。
 七時には、二隻の大きな船がやってきた。
 一隻には三本筋の旗がたっていて、六人の役人がのっていた。
 オランダ語の通訳が、町で一番えらい人がきたから、乗船したいといった。
 それは香山栄左衛門と名のる浦賀の奉行であった。
 これは、昨日の副奉行のいうところと違うのであるが、提督は、ブキャナン中佐とアダムズ中佐、コンティ大尉に命じて、奉行をむかえ、提督は日本の顧問官(老中)でなければ会わないといわせた。
 奉行は、第三階級の貴族らしいクジャクの羽根のような刺繍があって、金と銀のふちどりをした立派な絹の上着を着ていた。
 会談はすぐ始ったが、提督は裏から指図した。
 日本の法律によって、大統領の親書を浦賀では受取れないこと、もし受取っても、返事は長崎におくられると、奉行は繰返し、長崎へ艦隊をまわせといった。
 しかし提督は、ここで親書を渡したいので、もし日本政府がそれを断わるならば、武力をもって上陸し、かならず日本皇帝に渡すと答えたのである。
 これにたいし奉行は、町に帰って江戸に使いをだし、返事がくるまでに四日かかるといった。
 汽船なら一時間で江戸へはいけるのだから、提督は三日だけ(十二日まで)待ってやるといった。
 昼のあいだに、各艦から一隻ずつボートをおろして、浦賀湾と港を測量させた。
 これを見た奉行は、なにをしているのかとたずねた。
 測量しているとこたえると、日本の法律をおかすものだと、奉行はいった。
 アメリカ人は、日本人が日本の法律にしたがうように、アメリカの法律に従っているとこたえた。
 「これは、我々の成功への第二の重要なことであった」と、提督はのべている。
 日本の通訳は、手帳にせわしくノートをとった。
 この会見中に、アメリカからもってきた立派な箱入りの大統領の親書と提督の信任状を、奉行に見せた。
 奉行は、その高価な見事さに感心し、はじめて、水と飲食物をやろうといった。
 しかし、アメリカ側はその申し出を断わった。
 アメリカ側は大統領にたいし、日本の皇帝につかうとおかし敬語を要求した。
 日本のように儀式ばった国では、言葉の作法も大切で、日本側も承知した。
 些細なことのようでも、一つの平らな面にぴったり付けるには、同じような平らな面が必要なのである。

 2.4 江戸湾の測量 top

 測量船は奉行を困らせたようであったが、これには人と武器が充分にそなえられ、指揮者のベンド大尉には、艦の大砲の射程距離からでないように、命じられていた。
 その上、もしボートが日本人に襲われたら、すぐ応援隊をだせるように、注意をはらっていた。
 どのボートも平和のしるしの白旗をかかげて、測量しながら岸に向ったが、四キロほど離れたとき、合図の大砲でよびもどされ、今度はもっと西へむかわされ、午後三時ごろ、みなかえってきた。
 測量の結果はよくて、深さは二十九尋(ひろ)から五十尋、干潮(ひきしお)には、一つの潮流が四キロから六キロで流れていることがわかった。

 浦賀港は海岸二メートルほどまで調べたが、岸から約百メートルのところまで五尋の深さがあり、陸から暗礁がのびていた。ボートからは砲台がよく見えたが、怖ろしいものではなかった。
 その位置も装備もむきだしで、壁土でぬってあり、兵舎や火薬庫は木造であった。
 わずかに小さい口径の大砲があるだけで、その砲眼が大きすぎ、大砲は丸見えであった。
 ボートが岸に近付いたとき、日本の兵隊は槍と火縄銃をもって怖ろしそうに構え、漆塗りの帽子と盾がキラキラ輝いた。
 しかし戦う様子もなく、ボートがいっそう近づくと、隠れてしまった。
 でも三人の役人らしい男が堤防のうえに残っていたので、望遠鏡をむけるとすぐに見えなくなった。岸の小舟にいた日本兵は、手をふって、戻れと合図をした。


浦賀港の光景

 しかし、こちらは行く先を指さすと、岸を漕ぎだして、こちらをさえぎろうとした。
 そこで、こちらは漕ぐのをやめ、小銃に弾をつめた。
 日本船は、いくつもボートのあとをつけていて、こちらの武装を見ているだけで、どれも妨害をするものはなかった。
 ボートには画家がのっていて、盛んに陸地や砲台などを写生した。
 提督のしっかりした態度で、すべてはうまくすすみ、天候もよく、暑さも七十八度までの涼しさで、気持よかった。
 次の日は日曜日(七月十日)で、艦上で礼拝をし、日本人との交渉をしなかった。
 しかし日本人の方から例の縞の旗をたてた小舟がきて、高官らしい人が二、三人、賢そうに礼儀正しく、日よけの下に座って団扇をつかっていたが、乗船したいと申し出た。
 用件をきくと、ただ話がしたいというだけたので、鄭重に断わった。
 陸上ではせわしそうに人が動き、奥地で大砲の音がした。
 夜になると、いくらか前より少ないが、かがり火がもえ、気味悪い鐘が一晩中なった。

 月曜日(十一日)は、測量ボートを湾の奥へすすめ、ミシシッピ号がその保護のためについていった。
 これを見て、浦賀奉行がやってきた。
 提督はこの行動によって、要求を成功させようとねらったものであるが、思った通りになった。
奉行は、さしだした書類が、政府にうけとられたから、江戸へおくられるだろうということを知らせにきたといったが、じつは測量ボートの目的をたずねたのである。
 これにたいし、提督は――いまの交渉がうまくいかなければ、来年の春、もっと大きな艦隊をひきいてやってくるつもりであるが、この停泊地はあまりよくないから、もっと江戸に近い、よい場所をさがしているのだ、といわせた。
 今度の測量は、かなり心配があった。
 日本人とのいざこざをおこさないように、命じはしたが、どんなことが起きないともかぎらないから、サスケハナ号は蒸気をたき、錨もまく用意をした。
 陸上では千人くらいの兵隊が海岸へやってきた。


ミシシッピ号

 舟に乗込み、ボートの方へ漕ぎ出すやら、あちこちで部隊が動きだすなど、戦争が始りそうな様子がみえた。
 測量ボートは、江戸に向って二十キロか二十四キロもすすんだとき、たくさんの政府の船がやってきて、手をふって、かえれと命じ、三十五隻ばかりが、いくてをさえぎった。指揮のベンド大尉は漕ぐのをやめさせ、銃に剣をつけさせた。しかし、日本船はひるまないので、衝突をさけるためにボートの進路を加え、四キロほどうしろの軍艦ミシシッピヘー隻のボートをおくると、軍艦がやってきた。
 すると、日本船は、測量の邪魔をしそうもなくなったので、目的どおりに測量をした。水の深さはどこまで右深く、そこはやわらかい土で、ずっと先まで水道があるらしかった。
 水道の中心の深さは二十尋(ひろ)で、その両側は、どろの土手のように五尋であるが、深いところをすすめば、江戸へ四、五キロまで近づけそうであった。
 先の方に小さい湾があって、すばらしい停泊地らしく、両側は絶壁、なだらかな丘に続いていた。
 江戸湾の右側に、一つの町が見えた。
 旗艦からミシシッピ号が見えなくなった。
 そこで、引き返す命令の大砲を撃とうとしたとき、岬のうしろからミシシッピ号が測量船とともに帰ってきた。
 いつもの通り湾にはたくさんの日本船が、一日中せわしく動きまわって、アメリカ艦隊にはかまわず、取引をしているらしかった。

3 大統領の親書伝達式 top

 3.1 奉行との交渉

 いよいよ、江戸から返事のくる十二日(火曜日)となった。朝九時半ごろ、三隻の舟がサスケハナ号に向ってきた。普通の日本政府の舟々とは違って、これらは、西洋ふうのつくりで、こぎてはじていたので、腰かけて、オールを不器用にこいでいた。舟のつくりは頑丈で、形は美しいが、帆も帆柱も日本式であった。大きいのには三十人、小さいのには十三人ずつのっていて、赤銅色のからだに白いゆるやかな制服を着ていた。
 先頭の舟の帆には、政府の記章があり、高官がのっているしるしの旗があって、すばらしい着物を着た香山栄左衛門が、甲板の敷物の上に座り、通訳と家来に取り囲まれていた。


通訳・堀達之助(右)


通訳・森山栄之助(右)と立石得十郎

 香山栄左衛門は、通訳堀達之助立石得十郎をしたがえて、礼儀ただしくむかえられ、艦長ブキャナン大佐と参謀長アダムズ大佐の前の席に案内された。
 ペリー提督は、これよりまえに、日本皇帝にたいし、次のような手紙を書いておいた。

 合衆国フリゲート艦サスケハナ号にて  一八五三年七月十二日、浦賀
 この海洋上の合衆国艦隊司令長官は、条約を結ぶ全権をまかせられていますので、本官への信任状と合衆国大統領から日本国皇帝への親書をたてまつる相談をするため、日本の最高役人と会談をこい願う者であります。
 会見の日時をできるかぎり早く、お定めくださることを願いあげます。
  日本国皇帝陛下

 奉行はまず、親書の原本を受取るまえに、その写しをもらうというのは、なにかの思い違いだろうといった。
 そんなことはないはずだが、その日二回の会見で、いろいろ話し合ったうえで提督は、原本と写しと自分の手紙を日本の最高官になら、一度に渡すことを承知した。
 すると奉行は、「そのために海岸に家をたて、政府の高官が受取りにくる」と話してくれた。
 しかし、返事は、長崎のオランダ人かシナ人からするといった。
 提督は――そのようなやりかたにたいしては、合衆国が侮辱されたものと考え、その結果にたいしては、責任をもたない。二、三日中に浦賀で返事をもらいたいが、そのほかの場所では、返事をうけない――と答えさせた。
 この会談は三時間もつづき、奉行はかえっていったが、また午後やってきた。
 その問答は次の通りである。

 3.2 予備会談の会話 top

  出席者 ブキャナン、アダムズ両大佐、副官コンテイ大尉――浦賀奉行香山栄左衛門と通訳

奉行







奉行
ブ大佐


奉行
ブ大佐
奉行
ブ大佐

奉行
ブ大佐
奉行
ブ大佐
奉行
ブ大佐

コ大尉
通訳
コ大尉
通訳
コ大尉
通訳
コ大尉
通訳
コ大尉
通訳

ブ大佐


奉行

ブ大佐
奉行
ブ大佐
奉行
ブ大佐
奉行
 親書と信任状の写しをまず受取って、つぎに原本をというのは、日時がかかるから、高官がきたとき、同時に渡してもらうことはできませんか。こちらは、心から提督をむかえ、適当な返事をするよう努力します。
ブ大佐 提督は、皇帝にあてた手紙を書きましたので、それを、ほかの写しと一緒に江戸へおくりたいのです。大統領の親書への返事より、提督の手紙への返事を、すぐほしいのです。
奉行 親書の原本をくださるなら、できるかぎり早く返事をいたしましょう。私は大統領の親書を受取りにきたのですが、あなたがたは、提督の手紙のことをいっておられる。
ブ大佐 提督の手紙は、親書の写しと同封してあります。それには、提督が自分で大統領の親書の原本を皇帝に捧げるように、命じられていることがしろしてあるのです。
 二つを別にしたのは残念です。二つを一緒に渡したほうがいいでしょう。
 それはできません。提督は大統領の親書をもっており、それを皇帝がその高官に自分で捧げるよう大統領から命じられていると、書いてあるのです。それが皇帝におわかりになれば、原本を受取る大官を皇帝が命じられると思います。そうすれば、その返事をいただきに、提督はまた、いつでもやってきます。
 原本と写しを同時にいただくわけにいかないのですか?
 それはできません。
 写しがさきで、原本があとだなんて話はききませんでしたが、いまになって、そんなことをいう。
 あなたが最初来たとき、原本と写しを見せて、お賢とをはなしたのです。(ちょっと間をおいて)ここへこられる大官は親書を受取るように、皇帝から命じられた人ですか?
 皇帝から全権をうけております。
 何か、その証明をもっているでしょうか?
 証明できます。
 ペリー提督は、大統領の信任状をもっていますが、日本の高官も信任状をもっていることをのぞみます。
 その人は親書を受取りますが、ほかの談判はいたしません。
 その役人の位と官名は?
    (通訳がその名を漢字で書いているあいだに、ブキャナン、アダムズは提督と相談するためでていった。)
 いつ、その高官は、親書をうけとられますか?
 あすか、明後日。
 場所はどこですか?
 海岸です。
 ここから見えますか?
 見えません。
 ここからゆびさせますか?
 丘のむこうです。――別のところからは見えます。
 最初にこられた役人は、なんという名ですか?
 中島三郎です。
    (ブキャナン、アダムズ両大佐もどる)
 二人して提督と相談してきましたが、提督は、親書を受取る役人が、その任命された証拠を見せれば、原本も写しと一緒に渡すといっています。しかし、高い地位の役人で、この目的のために特に皇帝から任命された証拠を示すように、要求しているのです。
 外国人の手紙を受けるところは、長崎ときめられておりまして、浦賀は、その場所ではありませんから、その人は手紙を受取るだけで、話しあいは許されません。
 親書をうけてくださればよいのです。その人は来艦しますか、それとも、陸上で受取りますか?
 来艦しません、陸上で受取ります。
 親書を渡す前にその役人の信任状をオランダ語に訳し、正式に署名して、艦上の提督へ届けてください。
 その人は、親書受取りの任命だけで、会談はできません。
 会談はのぞみませんが、親書受取りの全権をしめず皇帝の署名のある文書が必要なのです。
 正式の署名のある文書をもってきます。
(そこで、ブキャナン大佐は、声明書をポートマン氏にオランダ語に訳させ、それを日本の通訳に渡した。それは、次の通りである)
 「親書の原本と写しを、同時に受取るか、別々に受取るかについて、大きな誤解があった。とはいえ、提督は、合衆国の大将と同じ官位の江戸の高官と会見することを、喜びます。この高官は、皇帝の信任をうけていなければなりません。すなわち、親書を受取る任命を、皇帝が正式に署名した文書で、もってこられたい。この信衽状をオランダ語に訳して、会見が行われるまえに、提督へ提出されたい。
 この会見では、儀礼だけの挨拶で、論議はしない。
 提督は、親書にたいする返事を、そこでは要求しないが、何ヵ月かのちに、返事をききにまたくるつもりである」


オランダ語通訳ポートマン


小田原港にて


アメリカの蒸気船を見て日本人が考案した雲竜船

 3.3 艦上のもてなし top

 会談はさらに続いたが、同じような会談の場所と時間のことを繰返し、奉行が明日の朝またくることで終った。
 奉行と供の者は、サスケハナ号のもてなしを喜んでうけ、機嫌よくごちそうをたべた。
 ウィスキーとブランデー酒が気にいったらしく、奉行は、砂糖をまぜたのを舌つづみをうって、みんな飲んだ。
 通訳もだんだんくつろいで、笑いながら主人に「だいぶ赤くなりました」と、飲みすぎないように注意した。
 日本の高官たちは、いつもかわらない紳士的で、教養のある態度をしめしたが、社交的で愉快であった。
 オランダ語、シナ語をよくはなし、科学のことや世界地理のことも知っていた。
 地球儀をもってきて合衆国を示すと、すぐにワシントンとニューヨークに指をおいた。
 そして首府と商業地のことを知っているようであった。


オランダ人ブラウのつくった両球図

 イギリス、フランス、デンマークなども、すぐにさがしだした。
 アメリカの文明についても知っているらしく、山を開いて道がついていないかという質問は、鉄道のトンネルのことらしかった。
 船の機関は鉄道に使っているのより大きいが、同じ機械であろうともきかれた。
 地峡の運河はもうできあがったかとの質問は、パナマ鉄道のことらしかった。
 食事が終って奉行たちは、軍艦の中を見るように勧められた。
 甲板にでると、乗組員たちがめずらしかって集ってきたが、日本人たちは落着きはらっていた。
 大砲を見せるとこれはペイクサン型だと、はっきりいった。
 すばらしい蒸汽船の中のいろいろな機械には、さぞおどろくだろうと思ったのに、期待外れだった。
 蒸汽機関には興味をよせたが、その原理はよく知っていた。
 この日本人の態度は、政策上の落着きであろうが、そして、日本の実用科学は遅れていても、教養ある人々は文明国で科学が進歩していることを知っているのである。
 船室を出るとき、奉行たちは刀をおいていった。
日本の官吏は、かならず二本の刀をさしているのであるが、この機会に我々は、その刀を調べてみた。この刀の目的は、人を切るより、みせびらかすためのものらしく、刀身は立派な鋼鉄で磨きがかかっていたが、鍔(つば)のない柄(つか)と刀の形は、実用むきでなかった。飾りは純金、さやはサメ皮で、すばらしく立派であった。
 奉行は七時すぎて、いとまをつげたが、みんなニコニコしながら威厳をしめし、丁寧な挨拶をして帰っていった。彼らは、自分のボートに乗り移ると、また、初対面みたいに、お互いに挨拶しあっているのが見えた。
 艦上でこのような「芝居」が行われているあいだに、提督の命じたボートは、まえと同じに測量をしたのである。

 3.4 会見の前日 top

 七月十三日(木) 約束の奉行を待ったが中々こないので、なにか日本当局に変動でもおこったらしい陸地の動きが見えた。
 対岸からたくさんの船が兵士をのせて漕ぎだし、大きな帆船が、政府の旗をたてて入港した。
 気温は六十七度(F)で、そよ風がありながら、もやのためにどんよりしていた。
 午後四時ごろになって、奉行香山栄左衛門が、二人の通訳をつれてやってきた。
 そして江戸から高官がついたばかりなので、おそくなったと謝った。
 そこで提督と会見する高官の信任状の原本を見せたが、それは簡単なもので、大きな印がおしてあった。
 この信任状はビロードの布につつまれ、白檀(ビャクダン)の箱にはいっていたが、奉行は丁寧に扱って誰にもさわらせなかった。
 そのオランダ語の訳と、奉行の証明書をさしだしたが、それは次の通りである。

  「日本皇帝が戸田伊豆守にあたえた信任状の訳文
 合衆国大統領が私にあてだ親書を受取るため、浦賀につかわす。
 その親書は、提督が浦賀にもってきたものである。
 受取ったうえは、すぐ江戸にかえり、私にさしだせ。
                (ここに皇帝の印)
                            一九五三年第六月

  皇帝の親書と印が正しいことを保証する浦賀奉行香山栄左衛門の証明書の訳

 日本皇帝が信任され親書の原本と写しを受取るため江戸から浦賀にきた高官は、提督閣下と同じ高い位の人である。
 それを保証する。               香山栄左衛門」 
 奉行は、親書を受取るだけだということを繰返し、会合の場所はもう出来上がっているから、変えることはできないといった。
 提督はもしものときの用意に測量隊に命令して、会合の場所のまえにある湾を調べさせた。
 そこへ軍艦をすすめれば、会合の場所が大砲の射程に入るのだった。
 奉行は会合の場所まで、ボートの護衛をするといったが、それを断わって提督は、遠くまで小舟でいくのは提督の威厳にかかわるから、艦隊をその近くまですすめるとこたえた。
 そして明日の朝八時と九時のあいだに、艦からボートでいく相談をした。
 日本人は暑いからもっと早くしてくれといった。
 幾人くらいくるかという質問に、提督は――このような大切なときには、大勢の随行員をつれるのがアメリカの習慣で、相手を尊敬することであるから、できるだけ多くの士官を連れて行く――と答えた。
 日本の高官は会見の儀式について、いろいろ細かいことまで話し、非常に心配していた。


アメリカ艦隊士官の似顔絵

 日本の役人は全部、公式の礼服を着てでるが、お客にたいしては座らせる安楽椅子も、船のなかにあるような椅子もないし、ブドウ酒やブランデーもないと、あやまった。
 これにたいしアメリカ人は、そんな心配をしないように頼み、日本の高官と同じように提督も座ることに満足するといった。
 また提督は、直接、日本の委員戸田伊豆守に大統領の手紙を渡すのかどうかともきかれた。
 そして手紙を渡したら、すぐ軍艦に帰るのか、また手紙の返事をきくためには、いつくるかともきかれた。

 シナ語の通訳ウィリアムズ氏は、日本人に江戸の地図を見せたところ、この地図ができてから、江戸は非常に大きくなり変っているので、その地図は七十年も前のものであるとのことであった。
 約二時間の話ののち、日本人はいつものように礼儀正しく、頭をさげさげ帰っていったが、通訳の堀達之助はすばらしい外国語にたいする天分をしめし、英語で「帰りたいと思います」とはっきりいっていた。
 明日の用意のために、提督は、各艦の艦長を旗艦に集めた。
 そして、明日の朝早く、各艦を動かして会見場の前の海に、全艦隊を一直線に並べるように命令した。
 なぜなら日本人がきめた会見場は、どういう目的があってそこに決めたかわからないので、もし裏切りがあったとき、それにたいする用意のためであった。
 従って部署につくべき人員は全部部署にのこし、残りの士官をなるべく多く随員として会見に連れて行くこととし、随員は立派に盛装するように命じた。
 その日は一日中、測量船にせわしく測量させたが、日本人からは何も邪魔されなかった。
 アメリカ人におとらず、日本人も準備にせわしかった。
 湾には政府の船が行き来し、たくさんの小船隊がやってきた。
 建築をしているらしいところからは、鎚の音や労働者の声がして、それが一晩中続いた。


シナ語の通訳ウィリアムズ

 3.5 一夜でかわった浦賀 top

 七月十七日(木)の朝は、やや曇っていたが、朝もやが晴れると太陽は輝き、浦賀の海岸は一夜で変っていた。
 布の飾りの幕がはられて、砲台がはっきりと大きく見えるし、天幕が二つ木のあいだにはってあった。
 幕は木の杭にしばりつけられてあるが、遠くからははめ板のように見え、幕には皇帝の紋章(葵の紋)がハート型の葉と朱色の花で、はなやかであった。
 またいろいろの紋章をつけた旗や吹き流しの旗が、あちこちの幕の端に立っていて、幕のうしろには今までに見たことのない服装の兵隊が群がっていた。
 この服装は公式のときだけに着るもののようであった。
 その服は、黒い上着と短い袴で腰を飾り帯びでしばっていたが、袖がなくて紋章がついていた。
 艦上では朝早くから、緊張して仕度をした。
 蒸気をたき錨をあげて、大砲で会見場を撃てるところまで艦を動かすことにしたが、帆船は風がないので、その位置につけなかった。
 提督のお供をする士官、水兵、陸戦隊がえらばれたが、みんな儀式を見たがったので、クジできめられた。
 約三百の隊員がきまると、めいめい、おめかしにせわしかった。
 命令どおりに、士官は公式の正装をし、水兵と陸戦隊員は青と白との制服をつけた。
 朝の当番が八つの鐘をうつまえに、サスケハナ号とミシシッピ号とが、ゆっくり動きだした。
 すると日本船が六隻、陸よりのほうを動いていた。
 そのうちの二隻に縞の入った政府の旗が立ち、日本の高官がいるらしく、ほかの四隻には赤い旗が立ち、随行員や護衛兵がのっているらしかった。
 いままでの停泊場所から、しもての湾を区切っていた岬をまわると、突然、日本人の準備した場所が見えた。
 湾を取り囲む陸には、長い布に色のついた幕がはりめぐらされ、その幕には皇帝の紋があざやかであった。
 色とりどりの小旗が、数かぎりなくたち並び、その真中に高い大旗が九本あった。
 それらの旗は弓のように曲がって並び、朝日にきらめいていて、高い旗竿の先から美しい真赤な吹き流しがたれて、地面をはらっていた。
 こうした飾りの前の海辺には、数隊の兵士がきちんと立ち並び、日本の兵力をしめそうとしていた。
 クリハマ(久里浜)の村の左手には、とがった屋根の家々が、うしろの緑の坂の高いところまでつづき、木の茂る谷が湾の奥に口を開いて、まがりくねる海岸に美しい変化をあたえていた。
 右手には百隻以上の日本船が、赤い旗を立てて、岸べにそってならんでいた。
 見わたす景色はおどろくほどではないが、めずらしくておもしろく、あらゆるものが結びついて、楽しい光景であった。
 空は青く太陽は丘の緑に、はなやかな旗に、また、きらめく兵隊に、活気をあたえていた。
 湾の中央の海岸からかくまったところに、会見所として作られたらしい建物が、周りの家々の上に、ピラミッド型の屋根を三つ高くそびえさせていて、その前には縞の布がかかり、その先は両側のまん幕に続いた。
 新築の屋根は、遠くから見たところでは、大きな穀物の小屋のようであった。
 蒸汽船が湾口に近づくと、二隻の小舟がやってきて、錨をおろすとともに、サスケハナ号に横づけした。
 香山栄左衛門が、二人の通訳をつれて艦上に現れ、すぐそのあとから中島三郎助と一人の役人が乗込んできた。
 みんな、正式にむかえられ、後甲板の席に案内された。
 みんな前とは違った公式の服装で、上衣(陣ばおり)は普通の形だが、立派な絹の紋織りもので、裏には黄色いビロードがつき、金の糸で立派な形の刺繍(ししゅう)がしてあり、背や袖や胸にはっきり自分の家の紋章がついていた。
 浦賀奉行代理三郎助はダブダブした短い袴(はかま)をはいていたが、まっすぐ立つと、それがいかにも婦人の下着らしかった。
 しかも足の下のほうがむきだしで、足には黒い毛織りの靴下をはいていた。
 三郎助は、金糸をピカピカの絹の着物で飾りたて、立派に身仕度はしていたけれど、あまりほめられた姿ではなかった。
 その滑稽さには、むしろ吹き出したかった。彼はまず、トランプのジャックみたいだった。
 やがて、サスケハナ号の合図の汽笛によって、ほかの軍艦からボートが集ってきた。
 ランチやカッターの数は十五隻で、士官や水兵、陸戦隊が制服をつけて堂々と漕ぎよせ、三十分たらずで整列した。
 まずブキャナン艦長が大ボートに乗込んで先にたつと、そのボートの両側を浦賀奉行と副奉行の舟がまもってすすんだ。
 この大官たちはこの日の主人役として、アメリカのボートの案内をした。
 あとにつづくボートには、海軍軍楽隊の二隊がのっていて、愉快な音楽で祝日に景気をつけた。

 3.6 上陸場と会場 top

 日本の漕ぎ手はすばらしくて速力をだすので、アメリカの漕ぎ手は案内者についていくのに、力をいれなければならなかった。
 海岸までの半ばごろに、サスケハナ号から十三発の大砲がとどろいて、丘にこだました。
 これは、提督の出発を知らせるもので、いよいよ、提督が漕ぎ出すのであった。


久里浜上陸場のようす


久里浜警固のありさま

 案内人たちは入江の中央を指さしたが、そこが上陸のところで、砂と藁(わら)をつめた袋でつくった埠頭がつきでていた。
 そこへ先頭のボートがついて、まずブキャナン艦長がとびあがった。
 ブキャナン艦長こそ、日本に最初に上陸したアメリカ人であった。
 続いて陸戦隊のゼイリン少佐が上陸し、次々にボートから陸戦隊百人が上陸して並んだ。
 さらに百人の水兵が上陸して隊をつくった。
 そこへ二隊の軍楽隊もくわわり、将兵あわせて約三百人を数えた。
 三百人の兵隊はたいしたものではないが、平和な祝いのときとしては充分なもので、みんな元気いっぱいに溌剌として、小さく弱々しい日本人とよい対照であった。
 日本の兵力はたいしたもので、浦賀奉行は五千といっていたが、それよりずっと多いように見えた。
 彼らは海岸のいたるところに並び、遠い村のはずれから北の丘の坂にまで群がっているし、幕の下や後にもいた。
 これら日本軍の並び方はだらしがないので、たいして立派に訓練されているとは思われなかった。
 日本軍の武装はかなりよく、身ごしらえも立派で、軍服も普通の日本服に似ていた。
 武器は、刀、槍、火縄銃であった。前列にいるのは歩兵と射手と槍持ちであるが、そのうしろのほうに、予備ででもあるように騎兵の大部隊が見えた。
 その馬はよく飼われ強そうで元気がよく、きれいな布をつけて、見事な騎馬行列のようであった。
 高台の兵士たちのうしろには、大勢の住民がいたが、そのなかには、女もまじって、西半球からきた外国人を、めずらしそうに見つめていた。
 提督がつくと、お供の士官たちは、上陸場に二列に並び提督がその前を通り過ぎると、そのあとにつづき行列をつくった。
 香山栄左衛門と通訳が案内レて会見場に向かったが、陸戦隊がさきで、水兵がそれにつづき、提督はしっかりまもられて上陸した。
 合衆国の国旗と、幅広の軍艦旗を二人の強い水兵がささげ、礼服を着た二人の少年が、真赤な布に信任状と大統領の親書の入った一箱をささげて、提督の先にたった。
 この二つの文書は羊皮紙のうえに美しく書いてあって、折らずに青い絹のビロードでしばってあった。
 その印章は金と銀のまぜおりのひもでむすばれ、直径十五センチ、深さ七・六センチの、丸い箱にいれてあり、その箱には純金の細工がしてあった。
 各文書は、印章と一緒に、長さ約三十センチのバラの木の箱におさめられ、その箱に金の鍵と蝶つがいに飾りがついていた。
 提督の両側を、背の高い立派な体格の黒人が、武装して護衛した。
 この護衛は、特に今日えらばれたもので、行列を立派にするためであった。
 行列は、会見場まで、すこし回り道したので、日本人に見せるのには、都合がよかった。
 会見所は上陸地に近いので、すぐついた。
 入口の前に真鍮の小さい大砲が二門あったが、それは古いもので、すぐヨーロッパ製だとわかった。
 その両側に、ほかの日本兵と違った服装の警備兵が、ばらばらになっていた。
 右側のは陣ばおりを着、幅のひろい帯びで腰をまき、灰色の長ズボンをひざでひきしめていた。
 頭を白い布でターバンみたいにまいて、手にもつ小銃には、銃剣と火うち道具がついていた。
 左側の警備兵は、うす黒い茶色の制服で、古い火縄銃をもっていた。
 提督は会見場の入口まで護衛をされ、それからお供をつれて中へ入った。
 建物はいかにも急ごしらえらしく、材木に番号がついていて、先に組立てたのをもってきて、つくったようであった。
 最初に入った建物は、絵の具をぬった布でつくった天幕の一種で、その上に天皇の紋章がついていた。
 その広さは約十二メートル四方で、白い布をはった広間の奥に部屋があり、そこへいくのに赤いカーペットの道があった。
 奥の部屋には、赤い布が一面にしきつめてあり、ここが会見の行われる式場であった。
 その床は、高座のようにほかの部屋より高く、この日のために美しく飾られていた。
 その三方の壁に白い皇帝の紋章のついた灰色の絹と、立派な木綿のたれ幕がたれ、一方だけが広間と外側の部屋に開いていた。


ベリーがもっていたピストル(ペリーの死後、幕府におくられた)

日本で工夫された元ごめ式火縄銃

ポルトガル製の青銅の大砲。島津義久所有のもの


左から, 20, 3, 5, 8連発銃弾

 3.7 大統領の親書 top

 提督とお供が会見の部屋に入ると、左側に座っていた二人の高官が立ち上がって、頭をさげた。
 提督とお供は、右側に用意してあったひじかけ椅子に案内された。
 通訳が日本高官の名前を、戸田伊豆守と井戸石見守と知らせた。
 二人ともかなりの年寄りで、伊豆守は五十歳くらい、石見守はそれより十か十五年上らしかった。
 伊豆守は石見守より顔だちがよかった。
 ひたいがひろくて知恵があるらしく、きちんとしていて愛嬌があったが、石見守はしわの多いしかめっ面で、知恵のなさそうな顔つきは、よい対照であった。
 二人ともすばらしい着物で、その上着は金と銀の模様をきれいに織った絹の紋織りで、いかにも重たげであった。
 二人の殿様は最初から銅像みたいにじっとしていて、会見中すこしも形をくずさず、一言も口をきかず、提督が入ってきたときと出て行くとき、立って重々しく丁寧に頭をさげただけであった。
 栄左衛門と通訳が、儀式の司会者であった。
 彼らは部屋の上席の端に進み、メッキか真鍮でできている台の上の、赤ぬりの箱の傍に膝まずいた。


戸田伊豆守


久里浜上陸の光景


アメリカ大統領の親書授受の会見場

 提督とお供が席についてから、数分の間、誰も、一言もいわなかった。主席通訳掘達之助か沈黙をやぶって、オランダ語の通訳ボートマン氏にむかい、親書の用意はいいかとたずね、伊豆守がそれを受取るが、上座にすえてある赤い箱は、それをいれるのに用意してあるものだと伝えた。
 提督は、そのことを通訳からきくと、次の間でまっている二人の少年をまねいた。二人の少年は、箱を捧げて進み出た。そのあとから、大きな黒人が二人ついてきて、上座にある日本の赤い箱のところへ進み、少年から箱をとって蓋(ふた)をあけ、親書をだして見せたうえで、日本の箱の蓋の上においた。
 みんな、咳きばらいひとつしなかった。
 大統領の親書、提督の信任状、それに提督から皇帝にあてた二つの手紙も、いまわたされたのである。
 このうち、提督の第三の手紙はすでにのべた通りであるが、これらはみな一度に渡されたのであった。

 「アメリカ大統領ミラード・フィルモアより、日本皇帝陛下へささぐ。

 偉大なる親しき友よ、私は、この公の書を、提督マシュー・シー・ペリーの手からあなたにささげさせます。
 提督は、合衆国海軍のもっとも高い地位の官吏でありまして、陛下の領土をおとずれた艦隊の司令長官であります。
 私は陛下と陛下の政府とにたいし、このうえない好意をもっていること、また私が提督をつかいにやる目的は、合衆国と日本が友交を結び、互いに商業の取引をするよう陛下に申上げるため、ペリー提督に命じたものでありまして、ほかになんの考えもないのであります。
 合衆国の憲法と法律は、ほかの国の宗教や政治について干渉することを、禁じております。
 従って、陛下の領土の平和を乱すような行動はつつしむように、ペリー提督に命令しました。
 合衆国は大洋と大洋とのあいだにありまして、オレゴン地方とカリフォルニア州は、陛下の領土にむきあっております。
 アメリカの汽船は、カリフォルニアから日本へ十八日でいくことができます。
 カリフォルニア州におきましては、毎年約六千万ドルの金をだし、ほかに、銀、水銀、貴金属や、多くの価値のある物資を産出しています。
 日本もまた豊かな国で、たくさんの貴重な産物があるとききます。
 また陛下の臣民は、いろいろのすぐれた技術をもっているそうです。
 両国が交易して、日本も合衆国も互いに利益を受けることを、私は望む者であります。
 あなたの政府の古い法律によって、シナとオランダ以外には貿易を許さないことを、私たちは知っています。
 しかし世界の情勢が変わって、多くの新しい政府ができていますので、時勢に従って新しい法律をつくるのも、賢い政策と思われます。
 あなたの政府の古い法律が作られたのは昔のことだからであります。
 その法律が作られたころ、新世界とよばれるアメリカが、ヨーロッパ人によって発見され、植民されたのであります。
 長い間アメリカは、人間がすくなく、貧しいものでしたが、今は人の数も多くなり、通商は盛んとなりましたので、陛下が、古い法律を改めて、両国の自由な交易をお許しになれば、両国の利益は大きいと思われます。
 もし陛下が、外国との通商を禁じている古い法律をやめれば、安全でないとお考えでしたら、まず試しに五年か十年のあいだ許してごらんになってもよいと思います。
 それで利益がなかったならば、古い法律に返ってもよいのです。
 合衆国は外国との条約を二、三年に限ってきめることが度々ありまして、それを改めてつづけたり、やめたりすることは自由にしています。
 また私は、ペリー提督に命令して陛下に申上げたいことがあります。
 毎年、私の国の船は、カリフォルニアからシナにいくものが多く、また日本の近くで鯨をとる者も多いのであります。
 嵐のときなど、それらの船のなかには、日本の沿岸で難破するものも多いのです。
 このようなときは私は、その不幸な人たちを日本人が親切にし、こちらから船をおくるまで、その財産を保護してくださるようお願いいたしたく、特にこのことを望む者であります。
 さらに私は、ペリー提督をとおして、陛下に申上げます。
 それは、日本帝国には、石炭と食料が、たくさんあるということです。
 蒸汽船は、大洋を横切るのに、たくさん石炭をつかいますが、それを遠いアメリカから運ぶのは、厄介なのです。
 どうぞ、石炭と食料と水を日本にたちよって手に入るよう、お許しくださることを願います。
 これらのものにたいしては、金銭、または陛下の臣民が好むものをもって、支払いたします。
 このために船の停泊するに便利な帝国南部の一港を、おきめくださるよう願いあげます。
 私が、強い艦隊をもってぺリー提督を使わし、有名な江戸市を訪問させますのは、このような目的、すなわち、友交、通商、石炭と食料を手にいれたり、難船者の保護のためであります。
 私はペリー提督に命じて、わずかの贈物をさしあげますが、どうぞおおさめくださるよう願います。
 それらは大きい価値がある物ではありませんが、合衆国で作られたものの参考品とし、真心の友情と敬意のしるしといたします。
 神が、陛下をお守りあらんことを!
 そのしるしとして、合衆国の大印をここにおし、自ら署名いたします。

  一八五二年十一月十三日  ワシントン市、政府の自席において         ミラード・フィルモア(印)
                            大統領の命により国務大臣     エドワード・エペレット」
 「ペリー提督より皇帝へ
  合衆国蒸汽船、旗艦サスケハナ号  日本沿岸の沖、一八五三年七月七日

 署名者は、東インド、シナ、および、日本海につかねされたアメリカ合衆国海軍の司令長官でありまして、日本政府と交渉する全権を合衆国政府からあたえられ、友交の使いとしてきたものであります。
 その目的は、大統領の親書にくわしくのべてありますが、その親書と署名者の信任状とは、英語、オランダ語、シナ語の訳をそえて、陛下にたてまつります。
 大統領の親書と信任状の原文は、高貴なる陛下にあてられてありますので、陛下がおきめくださる会見の日に、署名者が自分で捧げたいと思います。
 大統領は、日本にたいし友情をいだいておりますが、合衆国人がかってに日本にきたり、また海難のためにたどりついた場合に、まるで日本の敵のような待遇を受けるときいて、驚き悲しんでいると伝えるように、署名者に命じました。
 これはアメリカの船のモリソン号とか、ラドガ号、ローレンス号のことであります。
 アメリカ人はどのキリスト教国民にもおとらず、自分の国の沿岸についた者はどこの国の者でも、丁寧に助けるのが大切な務めだと思っておりますので、日本人の場合も保護するのがアメリカ人の方針であります。
 合衆国政府は今後日本沿岸で難破したり、嵐のため日本の港に逃げ込んだりした人を、人道的にもてなすという保証を、日本政府に望む者であります。
 また署名者は、合衆国がヨーロッパのどの国とも関係がなく、国法は、国内の市民の宗教にすこしも干渉しないから、外国人の宗教に干渉することなど、全くないということを、日本人に説明するよう命じられております。
 アメリカ人は、日本とヨーロッパのあいだにある大陸に住んでいて、そこは、日本にはじめてヨーロッパ人がきたところ、ヨーロッパ人によって発見されたものであります。
 アメリカ人陸のヨーロッパに近いところには、まずヨーロッパ人が移住し、その人口はきゅうにふえ、太平洋沿岸にまで広がりました。
 いまでは、ところどころに大都会ができ、蒸汽船にのれば、十八日か二十日で日本に着くことができます。
 この地方の通商は盛んになりつつありますから、やがて日本の近海も、アメリカの船でいっぱいになる日も遠くないことを説明することも命じられました。
 このように、合衆国と日本とは、しだいに近づきつつありますので、大統領は陛下と平和のうちに友交を結びたいのです。
 日本がアメリカ人を敵のようにしていては、友だちの交わりはつづきません。
 初めの頃の日本の政策は賢まったかもしれませんが、いまでは両国の交通がやさしくなったので、その政策は賢いどころか、実行はむずかしいものであります。
 署名者は心から友交の提案をしますが、これを日本政府が気持よくうけ、両国のあいだを不和にならないようにする必要を認めていただくよう、願うものであります。
 日本にくる予定の多くの大艦隊は、まだ到着しませんが、それは、時間の問題です。
 署名者は友交の心を示すために、わずかに小艦四隻をひきいてきたものでありまして、必要とあれば大艦隊をひきいて来春江戸へくる計画であります。
 しかし署名者は、大統領の親書に示す平和で合理的な提案を、陛下の政府がただちに認められて、またくる必要がないことを願うものであります。
 大統領の提案については、適当なときに署名者が説明いたします。
 陛下に心からの敬意をしめし、あわせて永遠のご健康とご幸福をおいのりしつつ署名いたします。
                        東インド、シナ、日本諸海における合衆国司令長官 エム・シー・ペリー
 日本国皇帝陛下               」
 「ペリー提督から皇帝へ
  合衆国艦隊旗艦サスケハナ号  江戸湾浦賀にて、一八五三年七月十四日
  この書状の署名者は、日本政府にだした提案がきわめて重大で、いろいろ大切な問題をふくんでおりますので、その内容を調べ、これをきめるには、かなりの日時が必要と考えます。
 従ってよく考えたうえで、その返事は来春、江戸湾に帰ってくるまで、喜んで待つことといたしました。
 そのときにはすべての事柄がおだやかに、両国民が満足するようにきめられることを信じ、また期待するものであります。
                              敬具

  東インド、シナ、日本諸海における合衆国海軍司令長官  エムーシー・ペリー
 日本国皇帝陛下               」

 「ペリー提督にたいする信任状
  アメリカ合衆国大統領ミラード・フィルモアから日本国皇帝陛下へ
 私は、合衆国海軍の指揮官、マシュー・シー・ペリーの誠実、忍耐、才能をかたく信じますので、次の全権をまかせます。
 すなわち合衆国のために合衆国の名において、陛下が同じような権力をあたえられた臣民の一人、または数人と会見し、相談し、二国の友交、通商、航海と、それらについての事柄の条約をむすばせ、署名させるものであります。
 ただしそれらは、合衆国の議会の賛成がいるもので、合衆国大統領がそれを最後にきめるものなのです。
 そのしるしとして、ここに合衆国の大印をおします。
  ワシントン市、一八五二年(アメリカ合衆国独立第七十七年)十一月十三日、自ら署名
             ミラード・フィルモア  大統領の命により。
             エドワード・エバレット」

 以上の書類には、シナ語とオランダ語の訳がついていた。
 それらが日本の箱の上におかれると、提督の指図でオランダ語の通訳ポートマンが、日本の通訳達之助に書類の説明をした。
 膝まずいていた達之助と香山栄左衛門は、頭をたれてきいていた。
 やがて栄左衛門が立って、石見守に近づき、膝まずいてその手から巻物を受取り、部屋を横切って提督の前にきて、膝まずいて、巻物を提督に渡した。
 今度はポートマンが「それはなんですか?」とたずねると、「皇帝の受取りです」と答えた。
 その訳は次のようである。

 「北アメリカ合衆国大統領の親書とその写しを、ここに受取り、皇帝にささげます。
 外国についての事務は、ここ浦賀では取り扱わないもので、長崎でしていることは、度々知らせました。
 しかし、大統領の使いの提督は、このことを侮辱されたと思われるので、それもやむをえないことと考え、日本の法律をまげ、ここで書類を受取るものであります。
 ここは、外国人をもてなすために作られたところではないから、会議も、もてなしもできません。
 従って、書類が受け渡されたうえは、すぐに立ち去ってください。
  (つぎに日本語の署名のうつしがある)
  六月十日(旧暦)             」

 これは、オランダ語から、そのまま訳したものであるが、その原文の日本語を、オランダ語に訳すとき、間違いがあったらしい。しかし、オランダ語の会話はよくわかった。
 まもなく、提督は、通訳に、次の通り日本側へいわせた――二、三日のうちに、艦隊は、琉球からカントンに向って出発するが、そのほうになにかきゅうの手紙とか、通知がしたければ、お役にたちたい。また、提督は、来年の春四月か五月頃、日本へかえってくるとも知らせた。
 すると、達之助か、オランダ語の通訳に、もう一度、いまの言葉を繰返してくれと頼んだ。
そして、それをきくと、「提督は、四隻の船全部をつれて、かえってくるのか?」と、たずねた。
 「全部をつれてかえってくる。しかしこれらの船は、艦隊の一部にすぎないから、たぶんもっとたくさんつれてくるでしょう。」と、こたえた。
 それで栄左衛門と達之助は頭をさげ立ち上がって、赤い箱にヒモをむすんだ。
 そしてこれで終ったと通訳にいって、両側に頭をさげて部屋をでた。
 そこで提督も立ち上がると、黙りつづけていた日本の高官も立ち上がり、外国人が出てしまうまで立っていた。
 提督はお供と一緒に建物の入口で、ボートを待っていた。
 そこへ、栄左衛門と通訳がやってきて、「なにを待っているのか?」と、たずねた。
 「ボートです」と答えると、それきり何もいわなかった。
 会見はすべてで二十分か三十分くらいなもので、あらゆる点で礼儀正しかったが、非常に形式的であった。
 きたときと同じに列をつくり、提督はまもられて、ボートにのり軍艦に向った――。
 そのあとにアメリカのボートと、浦賀奉行の二隻の日本船がつづき、軍楽隊が勇ましくアメリカ国歌を吹奏した。


日本人の目にうつった会見の図


外国人が見た日本兵

 上陸場には、六、七十隻の日本政府の船がついており、しかも狭いので全員がボートにのるには寺間がかかった。
 日本の兵士たちは、好奇心を満足させようというのか、えらさを見せようというのか、このときとばかり、どっと上陸地へ押し寄せてきた。
 日本兵のやりかたは、たとえ大軍であっても、これではアメリカ軍が取り囲むことは、雑作もないようにみえた。

4 神奈川沖へ top
          
 4.1 ピストルにおどろく

 上陸に先だって二つの軍艦は、戦闘の準備をし、もし日本の兵隊が、敵たいすれば、砲弾の雨をふらせるように命じたが、戦争の心配はなかった。
 この日、日本の最高権力者は、二人の有力な代理者に、鉄のような沈黙の仮面をぬいで、国際友交を勧めるアメリカの手紙を、提督の手から受取らせた。
 「日本の法律にそむいて」という文書で、日本がアメリカの勝利を認め、日本の変化を予言したものなのだ。
 アメリカのさしのべた強い力が、日本を動かし、かってな外国嫌いを改めさせたものなのだ。
 しかし文書には、「書類が渡されたうえは、すぐに立ちさってください」とあった。
 提督はこの命令には従うまいと考え、帰艦するとすぐに、全艦隊に行動を命じた。
 日本人は艦隊がかえっていくものと思っただろうが、実は江戸のほうへ向ったのである。
 それは水路を調べるためであったが、艦隊が江戸に近づけば、日本政府に大統領の親書をいっそうまじめに考えさせることになると、提督は考えたからであった。
 ところで、提督をおくってきた浦賀奉行の栄左衛門と三郎助は、通訳をつれてサスケハナ号に乗込んできて、ブキャナン艦長と副官たちに迎えられ、次のような会話をした。

栄左衛門
ブ艦長
栄左衛門
ブ艦長

栄左衛門
ブ艦長
栄左衛門
ブ艦長


コンティ大尉
栄左衛門
コ大尉

栄左衛門
コ大尉
 すべてうまくいって、何よりでした。
 日本と合衆国が、いつまでも友だちであることを望みます。
 いつ出発の予定ですか?
 二、三日のうちです。提督は、湾の中に入って、停泊地をみつけたいのです。ここの停泊地はよくないのです。
 そこに停泊するのですか?
 ただの二、三日、航海の準備をするあいだです。
 別れの挨拶に、またこなくてもよいように、今日、正式に出帆してほしいのです。
 多くの月がすぎないうちに、また、お目にかかりたいと思います。提督は今度、日本の皇帝にさしあげる贈物をもってきませんでしたが、つぎにくるときはもってまいります。そのなかには、鉄道の蒸気機関車があります。
 それに電信機もあります。電信機では浦賀から江戸に、一秒で話ができます。
 蒸気機関車では、一時間に何キロすすめますか?
 蒸気だけで風によらずに、日本の七里、二十八キロです。アメリカでは川にかるい蒸気船があって、一時間に三十六キロもはしります。
 蒸気船は、どこで発明されたのですか?
 アメリカです。フルトンという人が、ニューヨークで発明しました。

 栄左衛門は、蒸気機関が動くのを見るように勧められ、好奇心を満足させることにした。
 小舟は旗艦に引張るられ、もとの停泊地へ向ったが、日本人社艦上で見られるものは、みな見たがった。
 日本人はひかえめではあったが熱心で、無知な人がしめすおどろきは見せなかった。
 すぐ蒸気の性質がわかったらしく、大きな機関を動かす方法や、船の水輪の動かしかたもわかったらしかった。
 船室に飾ってあるいろいろの蒸気船の絵や、都会の景色などをめずらしそうに見てから、栄左衛門はアメリカ士官が腰にさげているピストルをみつけ、それを見たがった。
 そこで艦長は、後甲板でピストルの六連発を射ってみせたところ、大変おどろいた。
 二人の役人のうち、栄左衛門はつつしみぶかかったが、三郎助はでしゃばりで押(おし)がつよく詮索好きで、いつも厚かましくて、興味を満足させるよりも、密偵のような態度であった。
 汽笛がなって、浦賀沖のもとの停泊地に船がついたことを知らせると、日本の役人は、おどろいて立ちあがった。
 機関をとめて日本人たちを小舟におろしたが、みんな帰るのを惜しがっていた。

 4.2 アメリカ停泊地 top

 さて、四隻の軍艦が一列に並んで、すすみだした光景はすばらしかった。
 艦隊が、浦賀からとおざかって、東にすすむと、緑の丘の下に村々があるのが見えた。
 西の陸地に六十キロぐらい近づくと、海岸がしだいに高くなって、けわしい山につづき、丘には立派な耕地や手入をした木にがこまれた庭や、緑の木かげの家などが見えて、イギリスの田園風景よりも美しかった。
 北に進むにしたがって、海岸はますます平らになり、砂浜が長くつづいた。
 その端が高い丘になっていて、その上に十門の大砲があり、日本の兵隊がいた。

 艦隊は、先にベンド大尉が測量しておいたアメリカ停泊地とよぶところにむかい、まもなくそこに錨をおろした。
 ここは、浦賀沖から二十キロほどで、海岸から三キロ、水の深さは十三尋(ひろ)であった。
 この入江には二つの小島があって、緑の森があった。
 周りの海岸は白い壁のような岩で、その上に草木がしげり、つる草がたれさがっていた。
 海は岩を洗って洞穴をつくり、水がでたりはいったりしていた。
 十二キロほど北の岬には、緑のしげみがあって、そこから白い煙がたっていた。
 それは、野営部隊がいるしるしであった。
 海岸には二キロにわたって、赤旗のめじるしをした政府の船がずらりとならび、要塞には布の幕がはってあった。
 この幕は経験から考えると兵力を隠すとか、敵意をしめすものではなく、旗やのぼりと同じに、軍隊のしるしらしかった。
 提督はすぐに測量を命じた
 すると砲台のあたりに軍隊が動き、岸の政府の船がこぎだしたりしたが、測量隊の邪魔はしなかった。
 とはいえ、警戒をしていた。
 まもなく栄左衛門が通訳をつれて、いつもの舟でやってきた。
 せかせかと、昇降ばしごをのぼってくる栄左衛門は、ひどく怒っているようであった。
 「なぜ、ここへ停泊するのですか?」と、彼は問いかけた。
 安全な停泊地をみつけるためだと答えると、この水域は、いままでに外国人が目をとめているところで、これ以上すすまないようにと、通訳がいった。
 そして通訳は、もっと先へ行くつもりかどうか、行かないとすれば、いつまでここにいるつもりかと、たずねた。
 提督は来年の眷、もっとたくさんの艦隊をつれてくるから、よい停泊地をさがすため、もう三、四目ここに停泊するつもりだと、答えさせた。
 浦賀は風がひどく安全でないから、安全なところを探すのだというと、通訳達之助は、大統領の親書を渡したら、すぐかえるといったではないかと、攻めよった。


集結したアメリカ艦隊

ペリーが作らせた日本地図

 提督はただ海岸を離れるといっただけで、艦隊をつれて江戸湾へ入るつもりだということを、はっきりのべた。
 これにたいし通訳は、日本人民はひどく興奮しているから、陸地に測量船がちかづけば、面倒なことになるといった。
 測量船は岸にはつけないし、日本人が邪魔しなければ、こちらは手を出さないことをよく話し、安全な停泊地を探すのに反対されるわけのないことを、いろいろと話した。
 そこで何か食べ物をすすめると、それは喜んでうけ、さかんにたべた。
 そこへまた、別の政府の舟がついたので、その役人をごちそうのところへつれてきた。
 ビスケットやハムなど、いろいろのものがたくさんでて、ウィスキーと一緒に、どんどんなくなった。
 みんな楽しそうに飲み食べてから、ごちそうを記念にもっていきたいといい、みんながパンやハムを袖の中に入れてもちかえった。

  4.3 贈物のやりとり top

 次の朝(七月十五日)早く測量船は、入江の奥を調べにでた。
 艦上からは見えない、砲台のうしろに三隻のボートが漕いでいくと川があって、周りに美しい田があった。
 そのあたりは絵のような日本村で、ボートは、川を漕ぎ上った。
 すると、外国人を見にきた群衆に出会った。
 日本人は手まねで挨拶をし、水とすばらしい梨をいくつか、アメリカ人にくれた。
 そのそばに政府の舟があって、役人もアメリカ人を歓迎した。
 そこでアメリカ人は、日本人と煙草をやりとりしてのんだ。
 アメリカの士官は、お礼に、ピストルをうってみせたところ、みんな喜んだ。
 そこへ、いかめしい日本人の役人がやってきて、日本人を手まねでおっぱらった。
 測量船は日本人の親切なことと、景色が美しいのに大喜びで帰った。


川崎


アメリカ兵


江戸の図

 午後になって提督は、提督旗をサスケハナ号からここンシッピ号にうつし、江戸に向って約二十キロほど江戸湾をすすんだ。
 江戸はもう近そうだったが、岬にさえぎられて町は見えなかった。
 見えた町は江戸の郊外の品川らしく、西側に神奈川と川崎という人家の多い町が見えた。
 ミシシッピ号の到着したところから、八キロほどのところに岬があり、灯台のような白い塔が見えた。
 それは江戸の港の船着場と思われるところから、なお六、七キロもむこうにあった。
 それで船は、江戸の二十キロのところまでは進めると思われた。
 しかし大統領の親書を渡したばかりなので、その支障にならないよう、アメリカ停泊地の艦隊のいるところへ引き返した。
 ミシシッピ号の行動中に、栄左衛門は通訳をつれてサスケハナ号をおとずれ、贈物を渡そうとしたが、乗艦することも、贈物を渡すことも断わられた。
 次の日(七月十六日土曜日)、全艦隊は浦賀から十キロほどのある入江に進み、提督はここを「サスケハナ湾」と名づけた。
 そして海岸から二キロのところに停泊したが、邪魔はされなかった。
 入江は陸にかこまれ、ベンド大尉が「ペリー島」と名づけた小島があった。
 浦賀奉行が、また、サスケハナ号にやってきた。
  そして大統領の親書がうまく受取られたと何度も話したのは、提督が江戸に近づけば近づくほど、親しさを示す者のように思われた。
 奉行は絹の反物いくつかと、団扇、漆ぬりの茶碗、煙草のキセルなどを、贈物としてだした。
 これらは日本の物産の見本としておもしろく、あまり高価なものではないが、すぐれた技術をしめしていた。
 茶碗はかるい木の表面に、なだかい日本の漆をぬって、みがいてあった。
 絹には金糸銀糸が織りこまれ、いろいろの飾り模様がうかんでいた。
 団扇には「竜と鳥」の絵があり、キセルは小さくて、琉球人のものとよく似ていた。
 提督は、こちらからの贈物と取換えでなければ受取らないといったが、奉行は、日本の法律でそれはできないといった。
 しかし話しているうちに、武器でなければもらうということになり、お礼の品をだした。
 奉行はそれを見て、あまり高価すぎるといい、奉行と通訳が体に隠していける物だけ、もらうとこたえた。
 公然ともっていかないのなら、日本の品物も返すというと、三本の剣だけをおいて、みんなもっていった。
 午後になって奉行は、篭にいれた数羽のニワトリと卵をもってきて、もらった品物にたいし、誰からも反対されなかったと、よろこんだ。
 提督は負い目をうけないつもりなので、そのかえしとして日本の役人の妻へ贈物をした。
 その品物の交換は大切なことで、日本人と外国人のあいだでは、前例のないことであった。
 奉行に贈った品物のなかには、いろいろな種(たね)とブドウ酒を数本いれた箱があった。
 奉行はブドウ酒をごちそうになって喜んでいたから、また酒のもてなしをした。
 奉行は快活でうちとけて、アメリカ人に敬意をはらい、別れには涙がでるといった。
 通訳達之助はかしこそうに小声で、大統領の親書にたいしては、よい返事になるとほのめかし、浦賀奉行栄左衛門が上の位にのぼるだろうとも話した。

 たのしい酒の席でも、日本人は勤めを忘れなかった。
 ブキャナン艦長が、提督はあした出帆のつもりだというと、通訳はシャンパンのさかずきをおいて、そのことを一筆書いてくださいとたのんだ。
 しかし、艦長は、それをしなかった。
 いよいよ、日本人は帰ることになり、丁寧に頭をさげて握手してから、自分たちの舟にのった。
 大きな江戸湾の測量は、江戸へ二十数キロのところまで完成した。
 ミシシッピ号は、さらに十二キロのところまで調べたので、もう充分であった。
 すでに食糧と水が少なくなってるうえに、提督はシナにおけるアノリカの利益を守る必要があるので、日本に長く滞在しても返事が遅れるとすれば無益なので、さっそく出帆することにした。
 七月十七日(日曜日)の朝、サスケハナ号はサラトガ号を、ミシシッピ号はプリマス号を引張って、晴れた洋上に向った。
 陸上でも、海上でも、日本人はめずらしそうにそれを見おくった。

 それから艦隊は琉球にいき、小笠原群島を調べたり、さらに香港にいって活動し、また琉球の那覇港に集った。
 一八五四年二月一日に、提督はマセドニアン号の艦長アボットに指揮させて、バンダリア号、レキシントン号、サザンプトン号の帆船四隻を、先発隊として江戸湾へ向って出帆させ、自分ではサスケハナ号、ポーハタン号、ミシシッピ号の蒸汽船三隻を指揮して、二月七日に那覇港を出発した。


出航

top
****************************************