****************************************
明治維新の記録

 明治維新の騒動のはじまりは1853年6月、米軍人ペリーが米艦4隻をひきい、浦賀に来航したことに始ります。
 その時は米大統領の日本に開国を要請する手紙を手渡して、また来た時に返事してくれと言って去りました。
 その翌年1月、再度ペリーは今度は米艦6隻をひきいて浦賀に来航し上陸してしまったので、日本は米公使の日本
滞在を認める和親条約を結びました。そして2年後の1856年8月、米公使ハリスは下田に着任しました。
 幕府は江戸から遠く離れた辺鄙な下田にハリスを閉じ込め、芸者の唐人お吉をあてがって事を済ませようとしました。 しかしハリスはそんな事で騙されるバカではありませんでした。
 翌年の1857年10月、ハリスは陸路江戸に向かい、とうとう将軍に拝謁し米大統領の親書を手渡し、開国の条約の交渉を開始し、翌年の1858年6月、日米修好条約が締結されました。
 このニュースを聞きつけたヨーロッパ各国も相次いで、日本に来て同じ条件でイギリス、フランス、ロシア等との国交も開かれ、東海道の神奈川に各国の公使館が開設されました。
 それから諸藩の志士が騒ぎだし、外人の暗殺事件や志士同士の抗争が絶えなくなってしまいました。そして日本国内が内戦寸前の状態に陥りましたが、朝廷側の西郷隆盛と幕府側の勝海舟の英断で江戸城の無血開城が行われ、ペリー来航から15年後の1868年に明治新政府が、無事に誕生しました。
 明治維新に関しては昔から多くの著書が出版されていますが、その一部を以下に並べました。

人物日本の歴史 開国と攘夷 維新の群像 新政の演出 維新以前 少年使節 モリソン号 江川太郎左衛門

歴史家の著書 幕末の長州 幕末悲運の人びと 維新につくした人々 明治政府を担った人々 小国主義

少年少女向け 井伊直弼 水戸天狗党 高杉晋作 坂本竜馬 西郷隆盛 榎本武揚 勝海舟 福沢諭吉

幕臣1 阿部正弘 長井雅楽 川路聖謨 小笠原長行 小栗忠順 徳川慶喜

 幕臣2 日露国交 幕府海軍 肥田浜五郎 ジョン万次郎 小野友五郎 田辺太一 幕末人名略伝

列強の使者 開国前 (ザヴィエル シーボルト)

ペリー ハリス ヘボン) オールコック パークス サトウ) ロッシュ) ムラヴィヨフ


****************************************