****************************************
 
Home 概要 足利尊氏 源頼朝 藤原道長 聖武天皇 聖徳太子 卑弥呼

藤原道長と貴族の栄え
(人物日本の歴史4 監修 芳賀登 文 嶋岡晨(あきら) 学習研究社 1984年刊)

この巻の時代のあらまし
この巻のおもなできごと

別ページ
1 平安京と力を得る藤原氏
2 平将門と藤原純友の乱
3 藤原道長の栄華
4 紫式部と清少納言
5 藤原道長の死と藤原氏のおとろえ
6 あいつぐ争乱と源義家の活躍
7 院政のはじまりと後三条・白河上皇
付録 歴史図解コーナー
 華やかな色とりどりの服装をした貴族たちが活躍した平安時代――その中でも栄華を極めたのは藤原道長だ。
 少年の頃、暗い夜の度胸試しで、ただ一人だけ勇気を見せた道長は、また運の良い人でもあった。
 むすめたち三人は次々と皇后となり、孫は天皇となった。
 むすめの一人には、素晴らしい才能の紫式部が仕えている……。
 かけることのない満月のような日がつづく――。


藤原道長 道長は、藤原氏の全盛時代を築いた。
「紫式部日記絵巻」より


「源氏物語絵巻」・竹河二 はなやかな平安貴族の生活がうかがわれる。 国宝 徳川黎明館蔵

この巻の時代のあらまし top

○新しい都・平安京

 京都の都は、むかし平安京とよばれていましたが、それは平和な世のなかを願ってつけられた名です。
 平安京は、桓武天皇が七九四年に都をひらきました。
 これから一一九二年に源頼朝が鎌倉幕府をひらくまでの時代を平安時代といいます。
 では、なぜ桓武天皇は奈良の平城京をはなれたのでしょうか。
 それは道鏡のように政治に口だす僧が現れてきたので、大きな寺院のないところに、都をつくろうとしたためです。
 はじめはおなじ京都府にある長岡京にうつりましたが、都づくりの中心になっていた人がころされたため、平安京にうつってきたのです。
 平安京にうつった桓武天皇は、地方の役人の監督をきびしくしたり、農民の負担をかるくしたりするなど、新しい政治を積極的におしすすめました。
 また奈良の大きな寺院が平安京にうつってくるのを禁止し、いっぽう最澄や空海がひらいた新しい仏教を保護したりしました。
 こうして、新しい時代がスタートしたのです。


平安京の大極殿跡にたつ石碑。京都市上京区

○藤原氏の栄え

 僧や大きな寺院が政治に口出しすることは少なくなりましたが、かわって力を得てきたのは、一時力をよわめていた藤原氏です。 藤原氏は、有力な皇族や貴族などのライバルを次々と追い落としていきました。
 外に敵がいなくなると、藤原氏は一族のなかで勢力争いをはじめました。
 そのなかで、もっとも幸運にめぐまれ、栄華をきわめたのは藤原道長です。
 それでは、道長を代表とする藤原氏は、なぜそのようにつよい力をもつようになったのでしょうか。 その一つは、藤原氏が、荘園とよばれる土地をたくさんもつことができたからです。
 もともと土地や人民は国のもの(公地公民)で、貴族や大きな寺院の一部が、特別に自由に使える土地をもっていました。
 ところが貴族や大きな寺院は、このとくべつの権利を使って土地をどんどんふやしていったのです。
 こうして、公地公民のきまりぱくずれ、藤原氏たちは荘園からおくられてくる年貢で、はなやかな生活をおくることができたのです。
 もう一つは、藤原氏たちが娘を天皇と結婚させ、天皇家と親せきになったからです。 でも、ただの親せきではだめです。娘に皇子がうまれ、その皇子が天皇にならなくてはだめです。
 そのとき藤原氏たちは、天皇の母方の祖父(外祖父)として、つよい権限をふるうことができます。


平等院鳳凰堂内にかけられている
雲中供養菩薩像。国宝

 藤原氏が、道長の子の頼通以後、急に力がよわくなってしまうのは、天皇にとついだ頼通の娘に皇子がうまれなかったからです。

○日本ふうの文化

 九世紀の末になると、遣唐使をおくることが廃止されました。
 途中の航海が危険だったこともありますが、唐から受入れたいものの多くは、すでに受入れてしまったためでもあります。
 唐からはいってくる文化がとだえると、今度は日本ふうの文化が発達しはじめます。 書道や絵も日本ふうになってきました。漢字をもとにしてひらがなや、かたかなも使われるようになりました。
 男性の貴族は漢字を使っていましたが、女性はひらがなを使うようになりました。 清少納言の『枕草子』も、紫式部の『源氏物語』も、ひらがなでかかれたものです。
 清少納言も紫式部も、天皇にとついだ藤原氏の娘に仕えていた人です。
 娘を天皇にとつがせるためには、たかい教養が必要です。
 ですから藤原氏は、娘に教養をつけさせるため、才能をもっか女性をもとめていました。 こうしたなかで、女流文学の花がさいたのです。


「源氏物語」写本。陽明文庫蔵

○武士のおこりと院政

 都では藤原氏たち貴族が、はなやかな生活をおくっていましたが、普通の人たちの生活や地方の生活は、全くべつのものです。
 米をつくったり、道具をつくったりする人のほうが多いことは、当然です。
 貴族たちが、こうした大たちのことを忘れて、自分たちのことばかり考えていれば、政治は乱れてきます。
 泥棒や強盗が現れ、ついには土地をうばうものさえ現れてきます。 こうなると、地方の有力者は、自分の土地を自分の力で守らなければなりません。
 武器をたくわえ、武芸にはげみ、争いがおこると一族の者や家来を引きつれて戦いました。これが武士です。
 やがて、この武士たちは皇族や貴族の子孫をかしらにして、大きなまとまりをもつようになりました。
 その代表が源氏と平氏です。
 さらに十一世紀になると、藤原氏の娘を母親としない天皇が現れてきました。
 こうした天皇は藤原氏と対抗するため、位をしりぞいて上皇(院)となったあとも、政治の実権をにぎってはなしませんでした。
 こうした政治のやりかたを院政といいます。
 藤原氏は、天皇家(院)と武士からはさみうちにあい、しだいに力をよわめていったのです。


藤原純友軍と戦う政府軍
「楽音寺縁起」より、楽音寺蔵

年  表

top

   

こ の 巻 の お も な で き ご と













784
794
797
805
806
807
810
842
858
966
887
894
899
901
905
935

938
939
940
960
967
969
1000

1010
1016
1017
1019
1021
1022
1027
1028
1051
1053
1056
1062
1069
1083
1088

桓武天皇が長岡京に都をうつす。
桓武天皇が平安京に都をうつす。
坂上田村麻呂が征夷(せいい)大将軍に任命される。
最澄(さいちょう)が唐から帰り、天台宗をつたえる。
空海が唐から帰り、真言宗をつたえる。
伊予(いよ)親王が謀反のうたがいをかけられ、自殺する(伊予親王事件)
藤原薬子(くすこ)らが平城上皇とむすんで政治を動かそうとして失敗する。
承和(じょうわ)の変がおこり、伴健岑(とものこわみね)、橘逸勢(たちばなのはやなり)らが追放される。
藤原良房(よしふさ)が摂政となる。(皇族以外の摂政のはじまり)
応天門(おうてんもん)の変がおこり、伴善男(とものよしお)らが追放される。
藤原基経(もとつね)が正式に関白に任命される。
菅原道真の意見によって、遣唐使が廃止される。
藤原時平が左大臣に、菅原道真が右大臣となる。
菅原道真が大宰権帥に流される。
紀貫之(きのつらゆき)らが『古今和歌集』をつくる。
平将門(まさかど)が争いごとから、叔父の国香(くにか)を殺す。
承平(しょうへい)・天慶(てんぎょう)の乱のおこり
空也上人(くうやしょうにん)が念仏の教えを広める。
平将門が関東で新王と称する。藤原純友(すみちも)が瀬戸内海で乱をおこす。
平将門が討たれ、翌年に藤原純友が討たれる。
中国で宋(そう)がおこる(〜一一七九年)
藤原実頼(さねより)が関白となる。これ以後、摂政・関白がつねにおかれる。
安和の変がおこり 源高明が追放される。
藤原道長のむすめ彰子が一条天皇の中宮となる。
このころ、清少納言の『枕草子』がかかれる。
このころ、紫式部の『源氏物語』がかかれる。
籐原道長が摂政となる。
藤原道長が太政大臣となり、子の頼通(よりみち)が摂政となる。
刀伊(とい)の賊が北九州に攻めてくる。藤原頼通が関白となる。
藤原道長の『御堂関白記(みどうかんぱくき)』ができる。
藤原道長が法成寺(ほうじょうじ)をつくる。
藤原道長が亡くなる。
平忠常(ただつね)が関東地方で乱をおこす。
安倍頼時(よりとき)が国司にそむいたが、源頼義(よりよし)に降伏する。
藤原頼通がつくった平等院鳳凰堂(ほうおうどう)ができあがる。
源頼義に安倍頼時を討つ命令がだされ、前九年の役がはじまる。
源頼義が安倍貞任を討ち、前九年の役がおわる。
後三条天皇が荘園整理令をだす。
清原家衡(きよはらのいえひら)が一族の真衡(さねひら)と争い、後三年の役がおこる(〜一〇八七年)
白河上皇が院政をはじめる。

top
****************************************