****************************************
Home 概要 足利尊氏 源頼朝 藤原道長 聖武天皇 聖徳太子 卑弥呼

足利尊氏と南北朝の内乱
(人物日本の歴史6 監修・芳賀登、文・阿井景子 学習研究社 1984年刊)

一章 反北条の動きと元弘の乱
二章 鎌倉幕府の滅亡
三章 建武の新政と武家の不満
四章 足利尊氏の反乱
五章 南朝と北朝の争い
六章 足利幕府の開設と忍びよる影
七章 足利氏内部の対立
八章 三つにわかれた天下の争い
九章 南北両朝の合体
付録 室町時代の特徴
尊氏は考えた。――御醍醐天皇が鎌倉幕府を倒そうとしたとき、自分は天皇方についた。
 だが御醍醐天皇の政府は貴族ばかり重んじ、武士のことは考えない。
 武士のための政府をつくろう。――
 尊氏はついに後醍醐天皇との対決を決意した。
 以降朝廷は、尊氏側の北朝と、御醍醐天皇方の南朝にわかれる。
 内乱の中で尊氏は、悩みながらも武士たちのために戦う……


ざんばら髪の武者 この武者の絵は、足利尊氏を描いたものといわれてきた。だが最近では尊氏を補佐する役目の、高師直(こうのもろなお)の画像ともいわれている。守屋家蔵


南北朝の内乱 戦いは50年以上も続けられた。「太平記絵巻」より。三時地恩寺蔵

 この頃の時代のあらまし top

○ ゆらぐ鎌倉幕府
 元(中国)が日本をおそった十三世紀の末から、幕府に仕える武士(御家人)たちの生活は苦しくなっていきました。 
 元との戦いで出費がかさなったうえに、商工業が発達して武士も商品をかわなければならなくなり、支出がふえていったからです。
 生活にこまった御家人は、土地をうったり質に入れたりし、借金をするようになりました。
 そこで幕府では御家人たちを救うため、売ったり質入れした土地をただで御家人にかえし、借金もご破算にするという徳政令をだしました。


永仁の徳政令について鎌倉から六波羅にあてた文書の写し。
徳政令の内容が書かれている。京都府立総合資料館藏

 これは当時の年号をとって、永仁の徳政令といわれます。
 しかし、こんなことをしたのでは二度とお金を貸してもらえなくなりますから、かえって御家人たちをくるしめることになります。
 地方では、貴族の土地(荘園)にはいりこみ、年貢をうばったりする、“悪党”とよばれる者もあらわれてきました。
 鎌倉幕府を支配する北条氏は、こうした動きをおさえることができないうえに、重要な役目をひとりじめにし、北条氏につごうのよい政治をおこなうばかりだったので、御家人たちは、つよい不満をもちはじめました。

○幕府の滅亡と建武の新政
 こうしたなかで、幕府をたおし、天皇中心の政治をおこなおうとかんがえたのが後醍醐天皇です。
 その計画は二度も失敗し、天皇は隠岐に流されましたが、楠木正成など天皇に味方して兵をあげる武士があいつぎました。
 幕府の有力な御家人だった足利尊氏(高氏)も、ついに天皇方につく決意をかため、京都にいる幕府軍をせめおとしました。
 おなじく幕府の有力御家人だった新田義貞も天皇方につき、鎌倉をせめました。
 ここに、一四〇年あまりつづいた鎌倉幕府はほろんだのです。
 このあと後醍醐天皇による政治がはじまりました。これは当時の年号をとって建武の新政とよばれています。
 ところが天皇は貴族ばかり主んじ、恩賞(ほうび)も、実際に戦った武士よりも貴族のほうが多いというありさまです。
 もともと後醍醐天皇は、武家の政治をたおして、天皇や貴族中心の政治を理想としていたのですから、天皇にしてみれば、当然のことをしたまでなのでしょう。


後醍醐天皇が流された隠岐島 島根県

 いっぽう武士にしてみれば、北条氏よりももっと武士のことを考えてくれる政府ができることを願い、そのために幕府をたおすことに協力したのですから、建武政府に失望したのは当然のことです。
 ここで、武士の期待をになっていた足利尊氏は、新田義貞を討つという名目をかかげてはいますが、後醍醐天皇に反旗をひるがえしたのです。

○ ながびく南北朝の内乱
 戦いは、一時尊氏に不利でしたが、すぐにいきおいをもりかえし、後醍醐天皇は吉野にのがれました。
 ここに天皇家は、尊氏がわが応援する京都の北朝と、後醍醐天皇がわの吉野の南朝とにわかれたのです。
 ここに南北朝時代がはじまりました。
 しかし、はるかにつよい武力をもっているのは尊氏の北朝がわです。尊氏は室町幕府をひらき、将軍となって支配をかためていきました。
 それにもかかわらず、南北朝の内乱が六〇年ちかくもつづいたのはなぜでしょうか。
 それは、このころから一族のだれが土地や財産をうけつぐかをめぐって争いがおこるようになり、いっぽうの人が北朝につくと、他の人は南朝についたためです。
 南朝の天皇の家来になれば、反逆者あつかいされることなく、北朝がわについた相手と戦いができるからです。
 このように南朝は、武力はよわくとも、権威だけは北朝とおなじだけあるわけですから、権威をかりたいとおもう人がいるあいだは、南朝はつぶれずにのこることができたのです。


右=武蒋のつかった鎧と甲、国宝 櫛引八幡宮蔵
左=かぶら矢とやなぐい、熊野速玉大社蔵

 足利氏内部でも、尊氏と尊氏の弟直義とが対立するようになりましたが、二人とも北朝側なのに、相手をたおすためには、ときには南朝とむすぼうとしたりしています。

○ 内乱のなかの文化
 南北朝の内乱時代は、庶民の力がつよまってきた時代でもあります。荘園とよばれる土地を管理する地頭が、年貢のとりたてをきびしくすると、有力な農民たちは、団結してじぶんたちの利益をまもるようになってきました。
 団結するためには、話しあいのあつまりが必要ですが、これは当時“寄りあい”とよばれていました。
 寄りあいは、文化にも影響をおよぼしています。人びとがあつまって歌をよみあう連歌も、茶会も、寄りあいの文化の一つです。田楽とよばれる素朴な踊りも、集団でたのしむ文化でした。
 文学では、南北朝時代をえがいた軍記物の『太平記』があります。
 また南朝方の北畠糲毋は『神皇正統記』をあらわし、南朝側が正しい皇室であると主張しました。
 吉田兼好がかいた『徒然草』という随筆では、当時の人びとの姿が生きいきとえがかれています。


田楽(でんがく)をおどる人たち
「大山寺縁起」模本より、東京大学史料編纂所蔵

この巻の主なできごと top









  1234
1331


1332



後醍醐(ごだいご)天の幕府を討つ計画がもれ、火敗のおわる(正中の変)
ふたたび後醍醐天皇の幕府を討つ計画がもれる(元弘の乱)
後醍醐が笠が笠置山(かさぎやま)にのがれる。楠木正成(まさしげ)が兵をあげる。
鎌倉幕府が光厳(こうごん)天皇をたてる。
後醍醐天皇が隠岐(おき)に流される。護良(もりなが)親王が兵をあげる。
後醍醐天皇が隠岐を脱出し、船上山(せんじょうさん)にはいる。
足利高氏(のち尊氏=たかうじ)が反幕府の決意をかため、篠村(しのむら)から京都にはいる。
足利高氏、赤松則村らが幕府の六波羅(ろくはら)探題を討つ。
新田義貞が鎌倉幕府をほろぼす。





























 
1334
1335



1336



後醍醐天皇が京都に帰る。
後醍醐天皇による建武の新政がはじまる。
北条高時の子の時行が鎌倉をおそう(中先代の乱)
足利直義(ただよし=尊氏の弟)が護良新王をころす。
足利尊氏が新田義貞(にったよしさだ)を討っことを朝廷に願いでる。
朝廷が新田義貞に命じて足利尊氏を討ちにいかせる。
足利尊氏が京都をおわれて九州に逃がれる。
足利尊氏が九州から京都にむかって攻めのぼる。
尊氏軍と新田義貞・楠木正成軍とが湊川で戦い、正成が戦死する。
御醍醐天皇が尊氏側の光明(こうみょう)天皇に神器(偽物ともいう)を渡す。
尊氏が京都で政治をとりはじめ、建武式目()けんむしきもくを定める
















1338


1339


1348

1349
1251
1352
1358
1368
1371
1378
御醍醐天皇が吉野にのがれる――南北時代のはじまり。
南朝の北畠顕家(あきいえ)が戦死する。
新田義貞が北陸で戦死する。 
足利尊氏が征夷大将軍となり、正式に室町幕府がひらかれる。
後醍醐天皇が亡くなる。後村上(ごむらやま)天皇があとをつぐ。
尊氏・夢窓疎石(むそうせそき)らが後醍醐天皇の霊をまつるため、天竜寺をつくる。
このころ、北畠親房(ちかふさ)が『神皇(じんのう)正統記』をあらわす。
楠木正行(まさつら=正成の子)が四条畷(しじょうなわて)の戦いで戦死する。
高師直(こうのもろなお)が吉野をせめ、後村上天皇が賀名生(あのう=西吉野)にうつる。
足利直義(尊氏の弟)と高師直が対立する。
尊氏と足かだ直義が和睦し高師直がころされる。
足利直義が尊氏の軍にとらえられ、急死する(毒殺といわれる)
足利尊氏が亡くなる。子の足利義詮(よしあきら=第二代)が征夷大将軍となる。
前年に死去した義詮のあとをつぎ、子の足利義満(よしみつ=第三代)が征夷大将軍となる。
このころ、「太平記」がつくられる。
足利義満が京都室町のあたらしい屋敷(花の御所)に幕府をうつす。
  1392
1394
1397
南北朝が合一する。
足利義満が将軍の位をしりぞき、太政大臣となる(翌年辞退)
足利義満が、京都の北山に金閣をたてる。

top
****************************************