****************************************
 
Home 概要 足利尊氏 源頼朝 藤原道長 聖武天皇 聖徳太子 卑弥呼

源頼朝と源平の戦い
(人物日本の歴史5 監修 芳賀登 文 島田三蔵 学習研究社 1984刊)

鎌倉時代のあらまし
年表

別ページ
一章 武士の世の始まりと平清盛
二章 平清盛と平家の栄華
三章 源頼朝の旗上げと源平の戦い
四章 頼朝・義経の活躍と平家の滅亡
五章 源頼朝と鎌倉幕府
六章 北条氏の執権政治と鎌倉幕府
七章 蒙古の来襲と幕府の衰え
付録 図解コーナー

平氏によって伊豆に流されてから、
二十年の月日がたっていた。
その間に頼朝は、激しい恋のすえ、
北条政子とむすばれていた……。
おごる平氏を倒そうとする動きが、
あちこちでおこっている。
そして、ついに頼朝も立ち上がった!
はじめは負け戦だったが、
次々と関東の武将が集まってくる。
弟の義経も頼朝の軍にくわわった。
こうして平氏を滅ぼした頼朝は、
さらに鎌倉幕府を開く。


源頼朝像 源平の戦いに勝利をおさめて
鎌倉幕府をひらいた。国宝。神護寺蔵


平治合戦図 狩野友信画。この乱以後、歴史の主役は武士にうつっていく。東京国立博物館蔵

  鎌倉時代のあらまし top

武士の世のなかへ
 保元・平治の乱は、地方そだちの武士が、都の貴族たちにその実力を示した戦いでした。
 そしてこの戦いをきっかけとして、世のなかは、貴族の世のなかから武士の世のなかへと、移り変っていきます。
 武士のなかではじめて政治の実権をにぎったのは、平氏の平清盛でした。
 清盛は太政大臣にまでのぼり、平氏全盛の時代をきずきました。
 しかし、「平氏でない者は、人でない」というほど、おごりたかぶったこともあり、貴族やほかの武士などの反感をかうようになりました。
 こうしたとき、東国から平氏をたおす兵をあげたのが、源頼朝です。
 頼朝の命令や義経のはたらきにより、源氏の軍勢は平氏を西海においこみ、壇の浦でほろぼしました。
 さらに頼朝は、一一九二年に鎌倉に幕府を開き、武士が政治をおこなう土台をつくったのです。
 この時代は、貴族から武士へと、社会が大きな変動をみせた時代です。

鎌倉幕府の政治と武士のくらし
 源氏の将軍は三代でほろびましたが、北条氏が将軍を助ける執権となって、政治の実権をにぎりました。
 この北条氏は、幕府を倒そうとした朝廷の動き(承久の乱)をおさえ、さらに、武士の守るべき法律(御成敗式目)もつくり、武家政治の土台をかためたのです。
 また、幕府は、武士をおさめる侍所(さむらいどころ)、財政やいっぱんの政治を担当する政所(まんどころ)、武士のもめごとをさばく問注所(もんちゅうどころ)などのしくみも整えました。
 地方には、国ごとに警察の仕事をおこなう守護をおき、荘園ごとに年貢のとりたてや土地の管理にあたる地頭をおきました。
 このころの武士は、農村に住んで農業をおこなう地主がふつうでした。
 そこで、武士たちは、自分の土地を幕府に守ってもらうかわりに、「いざ!」という大事なときには、家来をつれて幕府のためにつくしたのです。
 そして、そのはたらきによっては、新しい土地をもらえたので、武士は農業のかたわら、つねに武芸をみがくことをわすれませんでした。
 武士の社会では、御恩(幕府に土地を守ってもらったり、新しい土地をもらったりする恩)と、奉公(命をなげだしても幕府のためにはたらくこと)のつながりを、もっとも大切にしたといえます。


都落ちする平家
「春日権現験記」模本より 国立国会図書館蔵

犬追物(犬を的にして矢を射る武芸)をする武士「男衾三郎絵詞」より。東京国立博物館蔵

力づよい鎌倉時代の文化

 鎌倉時代には、武士の生活やその気風がよくあらわれている文化が発達しました。
 たとえば、力づよい彫刻がそのひとつです。奈良の東大寺南大門の仁王さま(金剛力士像)は、運慶と快慶の合作ですが、いかにも若々しく力づよい、新しい武士の躍動する時代をおもわせる作品です。
 また、文学では。源平の戦いをいきいきとえがいた『平家物語』などの戦記物が多くかかれ、琵琶法師によって各地へ語りひろめられました。


平家琵琶 藤田美術館蔵

 さらに、鎌倉時代には、武士や庶民にもわかりやすい新しい仏教が生まれ、ひろく信仰されました。
 法然の浄土宗、親鸞の浄土真宗、道元の曹洞宗、栄西の臨済宗、そして日蓮の日蓮宗(法華宗)などがそれです。
 これらの新しい仏教は、心から仏を信じればすくわれると説いたので、急速にひろまりました。
 このように、この時代は力づよい武士の文化と、新しい仏教の民衆化かすすんでいった時代でした。

蒙古の来襲
 中央アジアの草原におこった蒙古民族は、アジアからヨーロッパにまたがる元という大帝国をつくり、そのいきおいにのって日本もしたがえようと、二度も日本をせめてきました。これを「元寇(げんこう)」といいます。
 執権の北条時宗は、西日本の御家人を九州に集め、むかえうちました。
 戦いは日本軍にとって苦しいものとなりましたが、幸いにも二度とも暴風にすくわれ元軍をしりぞけることができました。
 幕府は三度めの来襲にそなえて、九州の守りをかためました。
 二度の戦いにくわえて九州の防備は、幕府や武士にとって大きな負担でした。
 元軍を撃退したといっても、元からは何も得たわけではありませんから、恩賞(ほうび)とするものがなく、武士の不満は高まりました。

鎌倉幕府のおとろえ
 このころには商業も発達してきて、商品もいろいろと出まわるようになってきました。 毎月、きまった日に「市」がひらかれるようにもなりました。


博多湾岸に残る元寇防塁の跡 福岡市

 そのため、しだいに生活はぜいたくになり、生活にかかる費用もたかくなってきました。
 このため生活費にこまって高利貸しからお金をかりてしまい、あげくには借金をかえせずに、土地を手ばなしてしまう武士もあらわれるほどでした。
 このようなことがかさなって、幕府への不満がさらにつよまり、やがて幕府をたおす動きもでてきます。
 ですから、このように考えてくると、元寇は鎌倉幕府をおとろえさせる大きなきっかけともなったのです。

この巻の主なできごと(年表) top


















1156
1159
1160
1167
1172
1175
1177
1180


1181
1183
1184
1185


1189
1191

 保元(ほげん)の乱がおこる。武家が中央の政治に進出するきっかけとなる。
 平治(へいじ)の乱がおこる。平清盛(きよもり)が源義朝(よしとも)らをやぶる。
 源頼朝が平家にとらえられたが命は助けられ、伊豆に流される。
 平清盛が太政(だじょう)大臣となる。(武家が太政大臣になったはじまり)
 平清盛のむすめ徳子が高倉天皇の中宮となる。
 法然が浄土宗をひらく。
 鹿が谷(ししがだに)での平家を討つ計画がもれ、俊寛(しゅんかん)らが罰せられる。
 源頼政(よりまさ)が以仁王(もちひとおう)とともに反平家の旗をあげる。
 源頼朝が伊豆で反平家の兵をあげる。
 つづいて、木曽義仲も兵をあげる。
 平清盛が熱病で亡くなる。
 平宗盛らの平家一門が西国にのがれる。木曽義仲が京都にはいる、
 木曽義仲が粟津(あわず)で敗死する。一の谷の戦いがおこなわれる。
 屋島の戦いがおこなわれる。
 壇の浦の戦いで平家がほろびる。
 源頼朝が、全国に守護と地頭をおく。
 源義経が、藤原泰衡(ひでひら)に衣川で討たれる。
 栄西(えいさい)が宋から帰り、臨済宗(りんざいしゅう)をつたえる。


















1192
1199
1203

1205

1213
1219
1221
1224

1227
1232
1246
1260

1268
1271
1274
1279
1281

 源頼朝が征夷(せいい)大将軍となり、正式に鎌倉幕府がひらかれる。
 源頼朝が亡くなり、子の頼家(よりいえ)があとをつぐ。
 源頼家が修禅寺(しゅぜんじ)にとじこめられる。(翌年に殺される)
 北条時政が政所(まんどころ)別当(執権)となる。
 北条時政が追われ、子の義時が執権となる。
 『新古今和歌集』がつくられる。
 和田義盛が兵をあげ、敗れる。
 源実朝がおいの公暁(くぎょう=頼家の子)に殺される。
 承久(じょうきゅう)の乱がおこり、後鳥羽上皇が敗れて隠岐(おき)に流される。
 北条義時(よしとき)が亡くなり、子の泰時(やすとき)が執権となる。
 このころ親鸞(しんらん)が浄土真宗(じょうどしんしゅう)をひろめる。
 道元が中国の宋から帰り、曹洞宗(そうとうしゅう)をつたえる。
 北条泰時(やすとき)が御成敗式目(貞永式目)をさだめる。
 北条時頼(ときより)が執権となる。
 日蓮が『立正安国論』をあらわし、北条時宗にさしだす。
 モンゴルで、フビライがハン(王)の位につく。
 モンゴルの使いが大宰府にやってくる。北条時宗が執権となる。
 モンゴルが、国号を元とあらためる。
 元軍が北九州をおそう――文永(ぶんえい)の役(えき)
 元が南宋をほろぼし、中国を統一する。
 元がふたたび北九州をおそう――弘安(こうあん)の役。

top
****************************************