****************************************
Home 概要 足利尊氏 源頼朝 藤原道長 聖武天皇 聖徳太子 卑弥呼

学習よみもの――人物日本の歴史〈全14巻〉

 歴史は楽しいものです。
 歴史には、人間の美しさやみにくさ、強さや弱さのすべてがおりこまれています。
 歴史を学ぶことは、人間について学ぶことでもあり、また社会について学ぶことでもあります。
 ある事件にぶつかったとき、人はどのように行動したのか。
 またどんな努力をかさねて、すばらしい文化を残していったのか……。
 歴史は人間が生きぬいてきた実例を、たくさんしめしてくれます。
 若い君たちは、まず歴史の楽しさを味わうところから始めてください。
 この本をかいているのは歴史にくわしい作家の先生がたばかりです。
 私と考え方が違うところがあっても、意見を押付けることはしませんでした。
 楽しみながら学習できるなんて、とてもすばらしいことだと思います。(監修者)

@卑弥呼と古代の人びと
A聖徳太子と法隆寺
B聖武天皇と奈良の大仏
C藤原道長と貴族の栄え
D源頼朝と源平の戦い
E足利尊氏と南北朝の内乱
F信玄・謙信と戦国大名
G織田信長と統一への道
H豊臣秀吉と天下統一
I徳川家康と江戸幕府
J徳川吉宗と幕府の衰え
K西郷隆盛と幕末維新
L伊藤博文と明治政府
M山本五十六と太平洋戦争
鈴木 享
秋月しのぶ
田井友季子
嶋岡 晨
島田三蔵
阿井景子
鈴木 享
祖田浩一
岡本文良
高野 澄
百瀬明治
円谷直護
紙谷次郎
桧山良昭

監修者
芳賀 登(はが のぼる、1926年7月30日 - 2012年2月26日)は、日本史学者。筑波大学名誉教授。 
愛知県豊橋市生まれ。幕末の国学を専門とするが、著作の分野は多岐にわたる。
1951年東京文理科大学史学科卒業後、高校教師を経て、大阪教育大学に赴任。
東京教育大学が廃止され、筑波大学が設立されるにあたって同大教授に就任。
大江志乃夫ら東京教育大学日本史教室の教員は、東京教育大学の廃止に反対して全員が筑波大学に横滑りしなかったため、 井上辰雄・田沼睦・岩崎宏之・大濱徹也らは芳賀の招請によって筑波大学に赴任した。
副学長を務め、1990年に定年を2年前に退官、東京家政学院大学教授、理事長を務めた。

日本風俗史学会会長も務めた。著作選集全8巻がある。 
2012年2月26日、85歳で死去。 
(ウィキペディアより)
阿井景子(あい けいこ)――E足利尊氏と源平の内乱 top
一九三二年(昭和七年)長崎市に生れる。
佐賀大学教育学部卒業後、出版社勤務を経て、執筆活動に入る。
著書に『龍馬の妻』(ちくま文庫)『西郷家の女たち』(文春文庫)『涙、らんかんだり――武田勝頼の正室』(講談社)『秀吉の野望』(光文社文庫)などがある。

『わが心の師、清張と魯山人』 あとがきに代えて 平成七年冬 著者
(中公文庫 p210-213)

 魯山人は一言で言うと“狂気”の人である。それゆえとことん美を追求できたともいえるが、妥協することが少なく、家庭に恵まれず淋しい晩年であった。
 一方松本清張は苦労人の常識人である。体力の衰えから、最晩年は気むずかしくなっていたようだが、それでも魯山人のような尊大さ、傲岸さ、狷介さはなかった。
 仕事に対しても魯山人は気紛れで、それを自慢にしているふしがあったが、清張は努力家で“日々これ仕事”の生涯を送っている。
 「芸術新潮」の立花卓は、
 「巨匠といわれても、先生は威張ったところがなく、気軽につきあってくれた」「資料を持っていくと、一生懸命に読んでくださった」と回想しているが、清張は真摯で率直であった。
 そのせいか私は、魯山人に接したときのような恐怖を感じたことは一度もない。苦労人で常識人の清張は、どのようなときも話せば耳を傾けてくれる“暖かさ”を有していたからである。
 小学校時代を知る下関市の大枝欽一さんは、「お母さんはとても優しい人で、きよはるさんも、思いやりのある、優しい人だった」(一九九二年八月六日「山口新聞」)と語っているが、弱い者への労りを忘れていない。
 だが魯山人はみごとなまでに人を差別した。無教養で気働きのない人間を嫌い、低く扱っている。
 この相違は二人の性格もあるが、育ちによるものであろう。
 不義の子魯山人は、生れ落ちたときから邪魔者であった。よくぞ死ななかったと思うほど、過酷な扱いを受けている。
 しかし清張は、一人っ子として両親の愛を享受した。貧しくとも自分を庇護し、可愛がってくれる両親がいることは、子供にとってどのように心強いことであろう。意識せずとも安らぎがある。
 魯山人が人を恋しながらも、妻子を人を愛せなかったのは、肉親の情愛を知らずに育つたからと思われる。他人の中で生きていくには、自分自身が頼りである。自己中心的にならざるを得ない。
 心許せばつけ込む人も多いからで、絶えず身構えねばならなかった。だがその割には魯山人は無邪気であった。純粋でもある。
 星岡を排斥された魯山人は、自分が馘首した帳場主任田中源三郎(経営者中村武四郎の義兄)を路上で認めると、わざわざ車を降り、懐しげに呼び止めている。
 爆雷を落として怒りを発散させてしまうせいか、魯山人には持続力が欠落していた。怨念を起爆剤にして仕事に立ち向う清張の気迫は持ち合せていなかった。むしろ、心のままに生きようとして、格闘していたような気がしてならない。
 口述筆記した魯山人の原稿に、「芸術新潮」の原稿がプラスされて、『春夏秋冬 料理王国』の書名で、魯山人の本が淡交新社より出版されたのは昭和三十五年二月である。
 G社から再校のゲラが出たが、魯山人が再び返却せず、放置していたのを平野雅章が淡交新社に持ち込んだという。
 「これが、あなたのやった仕事ですよ」
 平野がそう言って、「料理王国」を私にプレゼントしてくれたのは、昭和四十六年秋であった。
 ともあれ二大巨星に遭遇し、私淑できた自分の幸せを、私は今になって運命の神に感謝している。
 松本ナヲ夫人(清張氏夫人)をはじめ御協力を賜った方々、“二人の巨人”をぜひとも書くようにすすめ、雑誌、単行本の面倒をみてくださった文春文庫編集長高橋一清氏、書きあぐねている私を支え励ましてくださった別冊文藝春秋編集長重松卓氏らに厚く御礼を申上げて筆を擱(お)く。



島田三蔵
(しまださんぞう)、本名=前島勝義(まえじまかつよし)――D源頼朝と源平の戦い top

日曜日は自転車の乗って
(前島勝義著 株式会社平原社 2009年刊のカバー折り返し)

 1938年9月20日、現在の東京都墨田区向島に生まれる。
 祖父の代から布団業を営む裕福な家庭だったが、終戦の年に焼け出され、足立区中川(駅は亀有)に移る。
 家が貧窮していたため、中学卒業後は就職するつもりで就職先も決まっていたが、担任の先生のすすめで受験した江北高校に合格。途方に暮れていたところ、亀有で私塾を営む三浦正一郎先生が援助してくださり、塾の講師になることで高校へ進学できた。
 1957年、東京教育大学(現・筑波大学)文学部日本史学科に入学。
 在学中に父親が死去したため留年し、人濱書店で働く。自転中ミの荷台に本を山のように積んで官公庁などに配達したことで足腰が鍛えられ、自転車に自信をもつ。
 卒業後、子どもの本を出版する借成社や学研に勤め、編集者としてはいい仕事をしたが、社の方針に合わず退社。
 35〜36歳から島田三蔵のペンネームで翻訳を始める。
 主な訳書に『デトロイト刑事』(早川書房)、『チャリティ岬に死す』などのブレイデレ・コイン・シリーズ(扶桑社)、『誰がジョン・レノンを殺したか?』(音楽の友社、学研)、『戦争と|ド義』(朝日選書)、『ゴッホ「医師ガシェの肖像』の流転』『古地図に魅せられた男』『1900年のハリケーン』『硫黄島の星条旗』(以下、文春文庫)など多くある。
 2007年9月、胆のう癌のため死去。



嶋岡晨
(しまおか・あきら=しん)――C『藤原道長と貴族の栄え』  top
 
(著者の作品『菅原道真』(成美堂出版 1985年8月刊より)

 1932年高知県生まれ。明治大学文学部卒業。 日本文芸家協会会員。日本現代詩人会会員。「歴程」同人。明治大学文学部講師。
〈著書〉歴史人物関係の著書として、『坂本竜馬の手紙』(名著刊行会)『土佐勤王党始末』(新人物往来社)『明治の人 反骨・谷干城』(学芸書林)「豊臣秀吉」(成美堂出版)、その他がある。

 あとがき 

 日本全国には、ほとんど数えきれないほどの天満宮、天神社がある。
 私の住む町田市にもいくつかあるが、いちばん大きいのは、「菅原神社」でこれは、寛永七年(一六三〇)、地元のひと大沢去蕃が土地を寄付し、道真の木像をまつったのが神社の起源だという。
 訪れてみると、境内のいっぽうの板壁に、絵馬がたくさん吊りさげられているが、由緒ありげな天満宮、天神社なら、最近どこででも認められる現象で、その絵馬奉納の目的のほとんどすべては高校や大学の受験生の合格祈願だ。
 しかし、合格哲願に訪れる若者たちの群れの、いったい何パーセントが、かんじんの祭神・道真についてよく承知しているのだろうか。多少の知識はあっても、いったいどこまで理解しているだろうか――道真の人間的真実を。
 知らないということは、かなしいことだ。
 かつて私は、長い間、両親の所有する家屋敷のあった、高知市天神町になじんでいながら、歩いて五分とかからないところ、天神橋のたもとにある天満宮(通称、潮江の天満宮)が、全国どこにでもざらにあるものと、さして変わりもないものとばかり思いこんでいた。
 こんど、成美堂出版から《菅原道真》を書くように、と言われて初めて、あれこれと調べるうち、思わずオッと叫ぶような事実にいくつかぶつかったが、その一つは、若い日の私がよくその境内へふらりと散歩に出向いた天満宮が、土佐へ配流された道真の長男高視と、ふかいつながりのあることだった。
 大満宮のすぐ南には、筆山(ひつざん)という小山があり、高見と呼ばれる丘がそれにつらなっている。その地名も、少年のころからなじんできたものだが、ただ高い所から見るという意味だろうぐらいに思っていた。が、調べてみると、名称の由来は何と、そのあたりに六年間、菅原高視が住んでいたからだった。
 道真の没後、従僕だった旧門弟・松本春彦(甘酒安行=白太夫)が遺品をたずさえ、はるばる土佐の高視のもとへとどけにきた。
 春彦自身は、土佐の大津まできて病没したので(その遺骸をまつったところが、大津の白太夫神社である)、遺品は村の者が、かわって高知城南の潮江高見までとどけた。
 その遺品のうち、道真の衣と剣を御神体として社にまつったのが、潮江の天満宮だった。
 もう一つ、この天満宮のすぐとなりに真如寺という寺がある。私にはこれが、むかしから妙に気になっていた。
 どうして天満宮という《天の神》をまつる社のそばに、仏をまつる寺があるのだろう?………。
 その謎も、とけた。
 太宰府からはこばれてきた遺品のなかの一つは、道真が愛蔵し枕もとに置きつねに祈りをささけていた十一面観音だった。
 それを、つまり真如寺があずかるかたちを取って、まつることになったものらしい。
 そんなふうに、思いがけない発見があったり、謎がとけたりすることこそ、歴史上の人物の足跡をさぐる過程での、何よりのたのしみだ。
 こんどの仕事も、もちろん多くの先達のすぐれた研究書に負うとこるが少なくなかったのだが(それらは、あとに列記する)、たとえば、明大仏文の学生のころ、卒論のことでお世話になった中村真一郎先生が、菅原道真にふかい興味をもたれ、NHKテレビの「日本史探訪」にも出られて、《詩人》道真を高く評価し、「世紀末のフランスの象徴派の詩じゃないかと思うような、非常に美しい詩です」(角川書店『日本史探訪』2)と讃え、さらに、現代のことばで、流麗艶雅な現代の詩として道真の漢詩を訳されていたことを知り、そのことが私にとっては、大きなはげましと感じられたのだった。
 つまりそれは、現代詩人のはしくれである私にも、私なりに道真を解釈することが許されるという、承認にひとしかっと。
 「こんなに繊細な神経を持っている人が、とっても政界の荒波には耐えられそうもないという気がします」
 という評言には、まったく同感で、そういう《詩人》の資質そのものにすでに道真の悲劇は懐胎されていた、と私も思う。
 自分に課せられた《詩人》と《政治家》の二つの役割を、ついにうまく統一できず、内的対立、その矛盾かっとうに苦しみ、あげく《詩人》を許容しない政治の現実のきびしさに挫け、敗れた――
 そういう悲劇的人物として、道真は生なましくよみがえってくる。
 そこにある課題は、意外に現代的・今日的である。
 (いまふとこれは思いつくままに言うのだが、源実朝の悲劇にもかようだけでなく、二十世紀の革命詩人マヤコフスキーの悲劇にも、かよう要素があるように思う)

 受験シーズンになれば、トコトコ天満宮へ合格祈願に出かけるよりも、そのまえに、こういった道真の抱えた人間的・社会的課題を学ぶことこそ、はるかに有意義ではないか。

《参考資料》
 『菅家文章・菅家後集』日本古典文学大系72・岩波書店 『大鏡』日本古岨(文学全集20・小学館 『浄瑠璃集』日本古典文学全集45・小学館 『菅原道真』井上哲次郎著・日本教育文庫6・北海出版社 『菅原道真』坂本太郎著・人物叢書100・吉川弘文館 『菅原道真』阿部猛著・教育糯歴史新書15・教育社 『菅原道真』高取正男著・日本を創った人びと4・平凡社 『三善清行』所功著・人物叢書四・古川弘文館 『伝説の時代』志村有弘著・教育社歴史新書38・教育社



田井友季子(たい ゆきこ)――B聖武天皇と奈良の大仏 top
 1923年、横浜生まれ。劇作家岡田八千代に師事。
 1951年、日本新聞協会のラジオドラマに当選。
 1965年、「婦人公論」に現代物語女性史『岡田八千代伝』で当選。
 著書は『江戸女百花譜』(図書館協会選定図書)『江戸女豆事典』『運命に燃えた16人の女たち』 『幕末明治女の事件簿』など多数。日本ペンクラブ会員。大衆文学研究会会員。

『対馬物語』日韓善隣外交に尽力した雨森芳洲 光言社 1991年刊より

 筆者 あとがき

 「思想新聞」の連載小説のことで、「日韓関係で何かいいテーマはないでしょうか」とご相談を受けたのは、ソウル・オリンピョク(一九八八)の前年でした。
 そのとき眼に浮かんだのは、数年前に日韓トンネルのルポ記事を書くため、「新天地」の高津啓洋氏と対馬に飛んだ折、仕事の合間に案内していただいた対馬藩主宗家の菩提寺万松院に供せられていた朝鮮国王からの贈り物でした。
 それらの品々は、「朝鮮通信使」が来日されるたびに献じられたもので、鎖国の時代にあっても、対馬藩と韓半島が緊密に交流していた証しを思わせました。
 それ以後、私は「朝鮮通信使」に深い興味を持ちました。
 数百人の隣国人を迎え、江戸まで案内し、再び対馬を経て釜山まで送り届ける十ヵ月から一年にも及ぶ大旅行の大役は、すべてこの小さな島の責任でした。
 幕府と意見が異なり、朝鮮との板ばさみになることも何度かあり、対馬はそのたびに苦境に立たされました。
 江戸時代“近くて近い国”であるべく友隣外交を保ってきたのは、対馬藩の努力のたまものといわなければならないでしょう。
 よくぞあの地に対馬があってくれたもので、その存在は実に大きいものがあります。
 それと、対馬は傑出した藩主にめぐまれたことです。
 『対馬物語』では第二十一代宗義真(そうよしざね)が中心になっていますが、義真は、朝鮮語のできる有能な学者を高禄をもってスカウトしたのです。
 その第一が近江出身の雨森芳洲でした。
 芳洲は、例の赤穂浪士討入事件のころ、四十七人もの男たちがかかって、六十三歳の老人のしわだらけの首をとったといって、日本中が大騒ぎをしている時代に、“アジアの中の日本”を考えていた人です。
 そういう人物がいたということはおどろきです。
 私はこんな偉大な人物と出会い、一年間もおつき合いできたことを、まことにうれしく思います。
 ただ芳洲の著作類、外交資料は割合によく遺っているものの、部数が少なく、特殊な版元からしか出されていないので、手に入れるのに苦労しました。
 芳洲といえば、国と国の交わりについて、実意の外交、「互いに欺かず、争わず」の真実の交わりを力説したことです。
 韓半島や中国の事情に精通した広い国際感覚を持っていた芳洲ならではの不滅の至言というべきでしょう。
 いったん、国と国、人と人とが亀裂を生じると、なかなか元には戻れません。
 秀吉によって起こされた朝鮮出兵の痛手は、韓半島の人々の上に何代にもわたり癒えませんでした。
 表向きは友隣外交をうたっていても、心のどこかに深い傷跡を遺し、日本に対する不信感は相当強いものがありました。
 そうした中で、真の友好を回復してゆくことに力をつくした芳洲でした。
 「欺かず、争わず」の外交哲学がうなずかれます。
 ところで、芳洲が身を挺した時代と、現代はよく似た状態だと感じます。
 明治四十三年八月、朝鮮併合条約が成立し、日本が朝鮮を統治するという対等でない間柄において、“近くて遠い国”にしてしまったからです。
 そんな中を一九九〇年五月、慮泰愚(ノテウ)韓国大統領夫妻が訪日されました。
 そのおりの宮中晩餐会の席上で盧大統領は雨森芳洲を紹介されました。
 芳洲はたちまちその名がポピュラーになりました。
 そのお陰で三年前に書いた「対馬物語」が単行本として陽の目をみることになりました。
 編集に当たっては、光言社の皆様の並々ならぬご協力を得ました。
 ここに深く感謝申し上げ、永く記念にとどめたく存じます。


鈴木 亨(すずき とおる)――@卑弥呼と古代の人びと
 1932年、福島県生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒。人物往来社出版部長、秋田書店出版部長を歴任。
 現在は秋田書店[歴史と旅]編集長を勤めるかたわら、歴史関係の執筆などを行なっている。
 『日本合戦史』(河出書房新社)、『新選組99の謎』(PHP研究所)、『会津歴史散歩』(創元社)、『ロワールの古城』(駸々堂)、『歴史の島を往く』(鷹書房)など、多数の著作がある。

『古代天皇の都』 鈴木亨著 東洋書院 1995年刊 より

   筆者あとがき

 私の裡にはいまだに忘れることのできない光景があります。それは空から見おろした河内、大和の古墳群です。茫々たる河内の野に、そして青垣をつらねた大和の山裾に、古代帝王の巨大な墳墓が前方後円とよばれるあの不思議な形で、千五百余年の風雪に耐え、その雄姿を私の眼下に横たえていました。
 セスナの機上からそれを見おろして以来、私は幾度となく大和、河内の古代遺跡を訪ぬる旅に出ました。それまでも私は各地の史跡を訪ね歩くことを仕事にしていたのですが、対象はほとんど中世以降の史跡が中心でした。その行動の輪が古代にまでひろがったのです。
 古代遺跡といえば、まず古墳があり、宮跡があります。地上から濠をへだてて見上げる古墳は妖(あや)しい魅力で私をとらえて離しませんでしたが、それ以上に私を惹きっけたのは宮跡でした。古墳は存在感が重すぎて、考古学に門外漢の私など圧倒されるばかりでしたが、宮跡には私の想像をかきたてるものがありました。
 三輪山麓の纒向日代宮跡(まきむくひしろのみや)に立って足許にひろがる穴師(あなし)の里と大和盆地を見おろすとき、私は『古事記』の一節を思い出します。
  纒向の 日代の宮は 朝日の 日照る宮 夕日の 日がける宮……
 景行天皇の皇子、日本武尊はここから遠征の軍旅に発ったのです。日本武尊は架空の存在だといわれており、おそらくそれは事実でしょう。しかし日本武尊が旅立つたという日代宮の伝承は、この土地に根づいているのです。
 私はこうした宮跡に惹かれ、これら古代の都を中心として、私なりの古代のドラマを書いてみたいと考えるようになりました。したがってこの本のテーマは宮跡の研究ではなく、宮跡を訪ねる旅であり、そこで演じられたドラマです。
 古代の宮跡は『古事記』『日本書紀』の記事によって比定されています。そして現在、その多くの比定地には神社がまつられています。もとより『記紀』にしるされた内容は神話的な色彩が濃く、とくに初代神武天皇から第九代開化天皇にいたるまでの都の所在地などはとうてい信頼することはできません。天皇そのものが架空であるのに、架空の天皇がいたという都がどうして実在のものでありえましょうか。
 ほぼ実在を認められている崇神天皇以降のいわゆる三輪王朝の宮跡にしても、それが三輪山麓のどこかにあったろうとはいえても、現在そこだと比定されている場所に果たして存在したのかどうかは不明です。飛鳥時代になっても宮跡はまだ伝承地の域を出ません。たとえば甘樫丘の南方に発掘された宮跡は板蓋宮(いたぶきのみや)とされていますが、それはあくまでも“伝承地”であって、そこが蘇我入鹿の誅殺された板蓋宮大極殿だという確証はないのです。結局、宮名と宮跡が一致すると確認されるのは藤原京以降ということになります。
 しかし、この本を書くにあたっては。そうした真偽の考証はひとまず置いて、古来そこだと比定されてきた地を訪ねてみました。それは私が『記紀』の内容を信じているからということではなく、古代から人々がそれらの宮跡の伝承をつたえてきたというまぎれもない事実を思うからです。つまりこの本での旅は、歴史的事実の跡というよりは古代の人々がその世界観をもって描き上げた世界を訪ねる旅だといえるかもしれません。なお、本書は昭和五十一年に読売新聞社出版部刊行の『大王の都』に加筆訂正したものであることを付記します。
 戦前から古代の都についての研究は、多くの方々が手がけています。最近も考古学の発達によって宮跡の発掘が各地で活発に進められ、優れた調査報告も出ています。難波宮、平城京、長岡京、平安京などはどれ一つ取りあげても優に一冊の本になるほどの問題と内容を含んでおり、事実、多くの本が出ています。この本を書くにあたっては、それら宮跡の研究書ばかりではなく、古代史一般の著書も大いに参考にさせていただきました。一部引用させていただいたものもあります。下にその主な参考文献を掲げ、あつく謝意を表す次第です。

主な参考文献
 『帝都』喜田貞吉(日本学術普及会)
 『上代の帝都』大井重三郎(立命館出版部)
 『難波の宮』山根徳太郎(学生社)
 『長岡京の謎』林陸朗(新人物往来社)
 『古代日本の都』八木充(講談社)
 『古事記』倉野憲司校注(岩波書店)
 『日本書紀』坂本太郎・家永三郎・井上光貞・大野晋校注(岩波書店)
 『万葉集』武田祐吉校注(角川書店)
 『歴代天皇紀』肥後和男編(秋田書店)
 『倭の五王』藤間生大(岩波が店)
 『騎馬民族国家』江上波夫(中央公論社)
 『増訂日本古代王朝史論序説』水野祐(小宮山書店)
 『神々と天皇の間』鳥越憲三郎(朝日新聞社)
 『前方後円墳』上田宏範(学生社)
 『日本国家の起源』井上光貞(岩波書店)

top
****************************************