****************************************
Home 概要 足利尊氏 源頼朝 藤原道長 聖武天皇 聖徳太子 卑弥呼

聖徳太子と法隆寺
(人物日本の歴史2 監修 芳賀登 文 秋月しのぶ 学習研究社 1984年刊))

飛鳥時代のあらまし
年表――飛鳥時代のおもな出来事

一章 仏教の伝来と少年時代の太子
二章 蘇我馬子と青年聖徳太子
三章 推古女帝と聖徳太子
四章 聖徳太子の死と蘇我蝦夷
五章 大化の改新と中臣鎌足
六章 天智天皇と近江の朝廷
七章 壬申の乱と天武天皇
八章 持統天皇と皇子たち
付録 飛鳥時代の歴史図解コーナー
 仏教を受入れよう! いや、反対だ!
 豪族たちは仏教をめぐって対立し、ついには戦いを始めた。
 この時、仏教を守る側にたち、さっそうと馬にのって戦った一人の青年がいた。――
 それは、若き日の聖徳太子である。
 推古天皇を助ける摂政となった聖徳太子は、仏教を広めるために法隆寺を建てた。
 また、天皇を中心とした国家をつくるため、憲法十七条を定めた。
 そして、やさしい膳姫(かしわでひめ)と恋もした。……


「聖徳太子憲法御制定の図」 堂本印象画。
聖徳太子は憲法十七条をもとにして、天皇を中心とした
国家をつくりあげようとした。最高裁判所蔵


戦う聖徳太子 土佐光信画。 蘇我氏と物部氏が、仏教をめぐって武力で衝突したとき、
14才の太子も蘇我氏のがわにくわわって戦った。『聖徳太子絵伝』より。茨城県・上宮寺蔵

飛鳥時代のあらまし top

仏教の伝来と豪族たちの争い
 古代の私たちの柤先がのこしていったものといえば、だれでも五重塔に代表されるようなお寺や仏像を思いおこすでしよう。
 お寺や仏像をぬきにしたら、古代の日本文化は、ひどくまずしくなってしまうような感じさえします。
 しかし、六世紀の中ごろに、朝鮮半島をとおって仏教が伝わってきたときは、これを受入れるか受入れないかで、武力の争いがおこったぐらいだったのです。
 当時、政治をおこなう場は大和朝廷とよばれていましたが、大和朝廷は、近畿地方のあちこちで力をはっていた豪族たちが、あつまってできたものです。
 豪族たちのなかでも、もっとも力のつよい豪族が天皇でした。
 そして、天皇についで力のつよい豪族に、蘇我氏と物部氏がいました。
 蘇我氏と物部氏は、おたがいにライバル意識をもっていましたが、仏教をめぐっても対立しました。
 蘇我氏は仏教を受入れることに賛成し、物部氏は反対しました。そして、この二つの豪族はついに武力による戦いまではじめてしまいました。
 その結果、物部氏ぱ敗れてほろび、蘇我氏が勝利をおさめました。


飛鳥の渡来人の里にある
檜隈寺(ひのくまでら)のあと

聖徳太子の新しい政治
 このとき蘇我氏のがわにつき、馬にのっていさましく戦った一人の青年がいました。
 それぱ当時十四才の聖徳太子です。
 聖徳太子の父は、のちに用明天皇となる人で、祖母は蘇我一族の娘です。
 ですから聖徳太子は、天皇家の血をひくとともに、蘇我氏の血もうけついでいたのです。
 聖徳太子は二十才になったとき、おばにあたる推古天皇の摂政となりました。
 摂政とは天皇を助ける役めです。そのとき蘇我氏の中心となっていたのは蘇我馬子です。
 朝廷の政治は、この蘇我一族の血をひく三人によってうごかされたわけです。
 こうなりますと、政治の力を本当ににぎっているのは、天皇家なのか蘇我氏なのか、わからなくなります。
 おまけに、蘇我馬子は政治をとることでは力のある人だったようです。
 しかし聖徳太子は、天皇が政治の中心になるべきだとかんがえていました。


飛鳥の橘寺にある二面石

 冠位十二階をさだめたのも、憲法十七条をつくったのも、蘇我氏を特別扱いしないで、ほかの豪族と同じに扱い、天皇家がその上にたつことを理想としたものです。
 十四才のとき、仏教をまもる戦いに参加した聖徳太子は、その後も熱心に仏教を信仰しました。
 仏教の本もかき、法隆寺もつくりました。
 法隆寺は、現在のこっている木造建築では世界でもっともふるいものです。
 このような聖徳太子でしたから、蘇我氏とあらそったり戦ったりすることはさけて、きまりやしくみをととのえ、少しずつ、自分の理想をおしすすめていったのです。

大化の改新と天智・天武・持統天皇
 政治のしくみをあらためる仕事は、みじかい期間でできるものではありませんが、つぎの時代にも、その理想を引きつぐ人があらわれてくるものです。
 聖徳太子の理想をついだのは、中大兄皇子と中臣鎌足です。
 聖徳太子はあらそいごとがきらいでしたが、この二人は剣と兵の力をつかって蘇我氏をほろぼしてしまいました。
 そして、天皇家を中心とした政治をおこなうことに成功したのです。
 このときはじめて「大化」という年号がつくられたので、この改革は大化の改新とよばれています。
 しかし、新しい政治は蘇我氏をたおせばできるというものではありません。
 これに反対する人もたくさんおります。
 中大兄皇子らは、反対派をおさえるため、殺さなくともよい人までも殺したりします。
 中大兄皇子は、のちに天智天皇になります。
 このあと壬申の乱という天皇家の戦いをへて、弟の天武天皇が位につきます。
 この天武天皇の時代には「天皇は神である」といわれるほどになります。
 このあと天武天皇の皇后が位について持統天皇となります。
 このときは、制度もしくみもととのい、天皇家は安定した力をもつようになっていました。

 こうして、聖徳太子が理想としていた天皇中心の国家は、天智・天武天皇によって実現されました。
 どんな豪族でも、朝廷が定めたきまり(これを律令といいます)をまもって、そのわくの中でしか力をふるうことがゆるされなくなりました。
 少しむずかしい言葉をつかうと、このようにきまりによって政治がおこなわれるような国家を、律令国家といいます。
 推古天皇から都が奈良にうつされる七一〇年までは、飛鳥を中心としたところに都がおかれていたので、飛鳥時代とよばれていますが、飛鳥時代の歴史は、聖徳太子の理想をおしすすめる歴史でもありました。


中臣鎌足をまつる談山神社
奈良県桜井市の南方の山中にある。

持統天皇がつくった藤原京のあと

飛鳥時代のおもな出来事 top

538
562
574
583
586
587

589
592
593
594
596
603
604
604
605

618
620
622

623
630
634
640
643
645
646
646
658
663
667
668
670
672
688
690
694

百済の聖明王が仏教をつたえる(一説に五五二年)
任那日本府(みまなにほんふ)が新羅にほろぼされる。
聖徳太子がうまれる。
日羅(にちら)が百済からやってきたが、百済人によってころされる。
悪病がはやり、物部守屋が仏像を難波の海にすてる。
仏教をめぐって蘇我(そが)氏と物部(もののべ)氏が戦い、蘇我氏が勝つ。
このとき、聖徳太子も蘇我軍にくわわって戦いに参加した。
隋が中国を統一する。
崇峻(すしゅん)天皇が暗殺され、推古(すいこ)天皇が位につく。
聖徳太子が推古天皇の摂政となる。四天王寺がつくられる。
仏教興隆の詔がだされる。
蘇我馬子がつくりはじめた法興寺(飛鳥寺)ができあがる。
冠位十二階がさだめられる。
憲法十七条がつくられる。
聖徳太子が斑鳩(いかるが)の里にうつる。
小野妹子(おののいもこ)を中国の隋におくる。
法隆寺ができる。
中国で隋がほろび、唐がおこる
聖徳太子と曽我馬子が『天皇記』『国記』などをつくる。
聖徳太子が斑鳩で亡くなる。
橘妃が聖徳太子をしのんで、天寿国繍帳(しゅうちょう)をつくる。
法隆寺の釈迦三尊像ができる。
犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)を唐におくる(第一回の遣唐使)
法隆寺夢殿の救世観音像ができる。
高向玄理(たかなこのくろまろ)、南淵請安(みなぷちのしょうあん)らが中国の唐から帰ってくる。
蘇我入鹿が聖徳太子の子の山背大兄(やましろのおおえ)王をほろぼす。
中大兄(なかのおおえ)皇子、中臣鎌足(なかとみのかまたり)らが蘇我氏をほろぼす(大化の改新のはじまり)
都を難波長柄豊碕(ながらとよさき)の宮にうつす。
大化の改新の詔がだされる。
阿倍比羅夫(あべのひらふ)がエゾ(蝦夷)をうつ。有間皇子がころされる。
白村江(はくすきのえ)の戦いで日本軍が唐の軍に敗れる。
中大兄皇子が都を大津京にうつす。
中大兄皇子が天智天皇になる。蒲生野(がもうの)で薬草刈りがおこなわれる。
日本ではじめて戸籍(庚午年籍=こうごねんちゃく)がつくられる。法隆寺がやける。
壬申の乱がおこり、大海人(おおあま)皇子(翌年天武天皇になる)が勝つ。
天武天皇が亡くなる。大津皇子がころされる。
持統天皇が位につく。
都が藤原京にうつされる。

top
****************************************