****************************************
 
Home 概要 足利尊氏 源頼朝 藤原道長 聖武天皇 聖徳太子 卑弥呼

聖武天皇と奈良の大仏
(『人物日本の歴史』B 監修 芳賀登 文 田井友季子 学習研究社 1984年刊)

この時代のあらまし
奈良時代の年表

別ページ
一章 奈良の都と藤原不比等
二章 聖武天皇と光明皇后
三章 悪病の流行と聖武天皇の不安
四章 聖武天皇と大仏の完成
五章 海をわたってきた鑑真(がんじん)
六章 聖武上皇の死と正倉院の宝物
七章 藤原仲麻呂と光明皇太后
八章 称徳天皇と道鏡
    図説コーナー
 都は、咲く花の匂うがごとく、とうたわれた奈良の都――そのなかで育った聖武(しょうむ)天皇は美しくて評判のよい光明子(こうみょうし)と結婚した。
 だが聖武天皇は、また怨霊(おんりょう)にうなされたのか顔色が悪い。
 貴族たちの争いにあい、悪病(伝染病)は流行して、世の中は不安が渦巻いている――。
 そうだ! 大仏をつくろう。
 大仏の力によって世の中を平和にしてもらおう!
 聖武天王は顔を輝かせた。
 光明(もうみょう)皇后も大賛成だった……。


聖武天皇画像 天皇は仏教を深く信じ、
東大寺の大仏をつくった。東大寺蔵


大仏づくり 749年、まだ金はぬられていないが、聖武天皇は、肩の重い荷が
おりたように、ホッとした。「大仏縁起絵巻」より。東大寺蔵

この時代のあらまし top

●奈良の都、平城京

 天皇中心の新しい国づくりがすすむなかで、これまでの藤原京が手ぜまになり、奈良へ都がうつされました。
 この都を平城京といい、ここに都がおかれた七〇年あまりの時代を、奈良時代といいます。
 平城京は、唐(中国)の都長安にならってつくられ、都は碁盤の目のように街路で区切られています。
 そして、貴族や人々の家のほか、役所や寺、神社がたちならんでいました。
 青い瓦、赤い柱、白い壁、歌も「青丹よし、奈良の都は咲く花の……」とこの新しい都をたたえています。
 そこには市もひらかれて、米・みそなどの食料品のほか、絹・麻などの衣料品や農具などもうられ、日本ではじめてのお金(和同開珎)もつくられました。
 このようにこの時代は、奈良の都を中心に国の統一がすすめられてきた時代です。


碁盤の目のように区切られた奈良盆地

●中国のすすんだ文化をとりいれる

 この時代には、たびたび唐へ使いがおくられました(遣唐使)
 これは、中国のすすんだ文化をとりいれることがねらいで、留学生や学問僧をはじめ、医師、絵師、いもの師やかじの技術者などまで四そうの遣唐使船にのりこみました。
 そのなかでもとくに有名な人が、阿倍仲麻呂と吉備真備です。
 仲麻呂は、唐の朝廷の高官となり、真備は、いろいろな学問を日本にもち帰って、朝廷に重く用いられました。
 また、唐の高僧鑑真は、五回も失敗をくりかえしながら、ようやく日本へやってきて、仏教をはじめいろいろな学問をつたえた中国人です。
 このように、この時代は、中国との関係をぬきにしてはとても考えられない時代だったのです。

●奈良の大仏と国分寺

 七三五年、朝鮮から悪病天然疸がつたわり、たちまち个国へひろまりました。七三七年には、朝廷の有力な貴族も病におそわれ、つぎつぎに亡くなりました。そのうえ飢饉がおきたり、貴族たちの争いがおきたりして、不幸なことがつづきました。
 そこで聖武天皇は、仏教の力で世のなかの不宰をしずめ、平和にしようと考えました。
 そして「日本の国々に、国分寺と国分尼寺をたてよ」という詔(みことのり)をだしました。 とくに都には、全国の総国分寺として東大寺をたて、大仏をまつるようにしました。
 全国の国々に二つずつの寺をたてるということは、大変なことです。天皇は、国々の国司(地方長官)に命じて、国分寺の建立をすすめさせるとともに、東大寺の建立に必要な物資や農民を都におくらせるようにしました。
 このほかに、遣唐使として中国で勉強してきた技術者や各地をめぐり寄付を集めた僧たちの力をかりて、実に一〇年という長い年月をかけて東大寺はつくられました。 このようにこの時代は、仏教を中心に世の中が動いた時代でした。


山城国分寺跡。京都府相楽郡加茂町

●花ひらく天平文化

 東大寺の北に正倉院があります。そこには、さまざまな宝物がおさめられています。
 中国をはじめ、ペルシア(イラン)やインドの影響をうけたものも多く、古代の世界文化の宝庫ともいわれています。
 日本の歴史をかいた『古平記』や『日本書紀』が完成したのもこのころです。
 これには、日本の国の統一に活やくした神がみや天皇の祖先の物語がかかれています。
 また、むかしからある歌を集めた『万葉集』もつくられ、農民など身分の上下を問わずいろいろな人々の歌がのっています。
 このようにこの時代は、天皇を中心とした仏教文化が花を咲かせた時代だったのです。


空からみた東大寺大仏殿

●人々のくらし

 咲く花のにおうがごとく……と歌われた奈良の都と令色まばゆいばかりの大仏、そこからとおくはなれた人々の生活はどうだったでしょうか。
 朝廷からあたえられた口分田だけでは生活は安定しませんでした。 農民はまだ竪穴式のすまいにすみ、イネや地方の産物を国におさめていました。
 このほか地方の産物を都へ運ぶ仕事や、役所や寺をたてるときの仕事も、農民にわりあてられていました。
 また、都での雑役や、九州を守る防人にもいかなければなりませんでした。 このため、農民のくらしはけっして楽ではなく、おもい税や使役(労働)にたえかねて、すみなれた上地をすててにげだすものもありました。
 このように、この時代は、都のはなやかなくらしや文化を、農民が下からささえた時代といえます。
 仏教を中心にすえた、こうした世のなかや政治は、やがて僧と貴族の権力争いをひきおこし、それがまた新しい動きとなってつぎの平安時代へとつづいていくのです。


左は銀製の香炉。右は聖武天皇がかいた文書。
ともに正倉院宝物

この時代の主なできごと(奈良時代の年表) top

701
708
710
712
713
715
716
718
720
723

724
729
735
737
738
740

741
743

744
745
747
749

752
754
756

757
758
759

764

765
769
770

藤原不比等らが中心となってつくった大宝律令が制定される。
武蔵の国から銅がさしださわる。和同開珎がつくられる。
元明天皇が平城京に都をうつす。
太安万侶が『古事記』を完成させる。
諸国に『風土記』の編さんを命じる。
元正天皇(元明天皇の皇女)が位につく。
光明子が首皇子(のち聖武天皇)の妃となる。
藤原不比等らが養老律令をつくる。
舎人親王らが『日本書記』を完成させる。
三世一身の法を制定する。
興福寺に施薬院・悲田院をつくる。
(おびと)皇子が位につき、聖武天皇となる。
長屋王の変がおこる。光明子が皇后となる。
吉備真備、玄坊が唐から帰ってくる。
天然痘が流行し、藤原不比等の四人の子があいついで亡くなる。
聖武天皇と光明皇后の皇女の阿倍内親王(のち孝謙天皇)が皇太子となる。
藤原広嗣が乱をおこす。
聖武天皇が都を恭仁の宮にうつす。
国分寺・国分尼寺をたてる詔(みことのり)がだされる。
墾田永年私財法がだされる。
大仏建立の詔がだされる。
近江の甲賀寺に大仏の骨組をたてる。
行基が大僧正となる。都が平城京にもどる。
東大寺の大仏の鋳造をはじめる。
陸奥の国から黄金が献上される。
孝謙天皇が位につく。
東大寺の大仏開眼会がおこなわれる。
鑑真が五回の失敗のあと、日本にやってくる。
聖武上皇が亡くなる。
聖武上皇の遺品を東大寺におさめる(正倉院宝物のはじまり)
橘諸兄(たちばなのもろえ)が亡くなる。橘奈良麻呂の乱がおこる。
淳仁天皇が位につく。藤原仲麻呂が恵美押勝の名をもらう。
鑑真が唐招提寺をたてる。
このころ、大伴家持らが『万葉集』をつくる。
淳仁天皇が廃され、孝謙上皇がふたたび位につき称徳天皇となる
恵美押勝(藤原仲麻呂)が乱をおこし敗れる。
道鏡が太政大臣禅師となる。
和気清麻呂を宇佐八幡宮につかわす。
道鏡が下野(しもつけ)の国においやられる。

top
****************************************