****************************************
Home 概要 足利尊氏 源頼朝 藤原道長 聖武天皇 聖徳太子 卑弥呼

卑弥呼と古代の人々
(人物日本の歴史@ 監修 芳賀登 文 鈴木亨 学習研究社 1984年刊)

日本の古代のあらまし
日本の古代の年表

一章 邪馬台国の女王卑弥呼
二章 神話の主人公たち
三章 謎にみちた旧石器人
四章 縄文の狩人たち
五章 米と鉄をしった弥生人たち
六章 古墳を作った大王たち
    古代の歴史図解コーナー
 邪馬台国の女王卑弥呼(ひみこ)は、神のお告げを知ることのできる不思議な女性だ。――
 倭国(わこく=日本)が三〇か国にもわかれて戦っているとき、卑弥呼(ひみこ)は、戦いをおさめてくれる人として、国々の女王に選ばれたのだ。
 だが、となりの狗奴(くな)国だけは卑弥呼に従わない。
 卑弥呼は狗奴(くな)国をおさえるため、中国の魏(ぎ)に使いを送り、金印や銅鏡をもらった。
 だが、ついに狗奴(くな)国は攻めてきた。……


卑弥呼 安田靫彦画。
邪馬台国を九州にみたてて、背景に火山を描いている。


「倭国乱れる」 
福沢一郎画。2世紀の後半、倭国(日本)では戦争がつづき、混乱していた。

日本の古代のあらまし top

●原始時代を振り返ってみると
 もし私たちが今まで人が住んでいなかった島に送り込まれ、そこで自由に生活しなさいといわれたら、どうするだろうか。
 家はどうやってつくろうか。食べものはどうして手にいれたらよいのだろうか。
 こんなことを考えながら、原始時代の人々の生活を振り返ってみると、その頃の人々の苦心や工夫のようす、技術のすばらしさが身近に感じられてきます。
 私たちは何となく、昔の人よりも現在の人の方がすぐれていると考えがちですが、自分の知恵と力でできることは、昔の人の方がすぐれていたようです。

●旧石器時代から縄文時代へ
 人間は、火を使ったり、言葉を使ったり、道具を作ったりすることで、ほかの動物だちとはちがっています。
 人間が最初に使った道具は、そのへんの本の枝とか、石だったでしょう。
 木の枝は簡単におれますが、石をうちくだいて、つかいやすくつくるのは大変です。
 少しあとになると、石器はみがかれて、とがっているところや、刀にあたるところが、するどく作られるようになります。
 石をうちくだいただけの石器を、打製石器または旧石器といい、みがかれた石器を、磨製石器または新石器といいます。
 人間があらわれたころは、うちくだいた旧石器をつかい、まだ土器のつくり方をしらなかったので、旧石器時代とか無土器時代とよばれています。
 やがて、人々は土器のつくり方をしり、打製石器とともに磨製石器をつくるようになりました。
 このころの土器は、縄目模様のついたものが多いので縄文土器とよばれ、この縄文土器が使われていた時代を縄文時代といいます。


左は縄文時代中期の土器。右は弥生時代の土器

●米づくりがはじまった弥生時代
 さらにそのあとになると、土器のようすがかわってきます。
 厚さがうすくなったのに、かたくて丈夫になり、縄目模様もきえて、簡単な模様になります。
 この土器は、東京の弥生町(いまの文京区内)で最初に発見されたので、弥生土器とよばれ、この弥生土器が使われていた
 時代を弥生時代といいます。
 弥生時代には、中国や朝鮮半島から米づくりの技術がつたわり、さらに青銅器や鉄器も伝わってきました。


復元された弥生時代の竪穴式住居

●卑弥呼の時代から古墳時代へ
 米が伝わったことは、ただ食べ物が一つふえたということではありません。
 いままでのように、けものを追い求めて住まいを移る必要もなくなりました。
 一か所の上地に腰をおちつけて、計画的に食料をつくることができるようになったのです。
 荒地を田にしたり、水をひいたりすることは、一人の力ではできませんから、いくつかの家族たちが集るようになり、そこにムラができてきます。
 たくさんの人が集れば、それを指導するカシラもあらわれてきます。
 ムラとムラとで争いがおこると、武力をもちいて戦い、ほかのムラをしたがえる大きなムラもできてきます。
 大きなムラがさらに大きくなればクニとなります。
 弥生時代はこのように、支配する者とされる者とがわかれ、ムラからクニができていく時代でもあります。
 そして、小さなクニとクニとが争いあっていた弥生時代のおわりごろにあらわれた人が、邪馬台国の女王卑弥呼なのです。
 卑弥呼は、戦いのなかで、戦いをおさめてくれる人として、二九か国の上にたつ女王にえらばれたのです。
 そして、卑弥呼の死の直後ごろから、近畿地方を中心にして、古墳とよばれる大きな墓が作られるようになりました。
 この古墳が作られていた時代が古墳時代です。古墳を作ったのは、小さなクニをまとめて、一つの国を作り上げた大王です。
 大王は四世紀の半ば頃には、日本の大部分を統一し、やがて天皇とよばれるようになります。


左は銅鏡、右は銅鐸

空からみた古墳群

●この巻の話のならべ方

 この巻では、以上のように旧石器時代から古墳時代までをあっかいますが、まず最初に歴史の楽しさを味わってもらうために、「邪馬台国の女王卑弥呼」からはじまります。
 神のお告げをしることのできる卑弥呼は、謎にみちた人物であり、さまざまな想像力をかきたててくれます。
 ここで歴史のドラマにふれたあとは、神話の世界が作り出した不思議なロマンに身をひたしてください。
 そして、そのあとで旧石器時代、繩文時代、弥生時代、古墳時代へと話をすすめていくことにします。
 歴史は、私たちの柤先がのこしてくれたものの集りです。
 知恵と知識と興味の玉手箱です。
 古代の人たちが、どんなところで努力をつみかさね、工夫をこらしたのか。
 どんなところで苦しみ、そして笑ったのか。
 これから古代の謎をつきとめるような気持ちで、楽しみながら学習をすすめていくことにしましよう。

日本の古代の年表 top

旧石器
時代

100万年前頃
十数万年前頃
日本列島は、アジア大陸と陸つづきだった。
日本列島に人間が住み始める。

縄文
時代

紀元前7500年頃 縄文土器がつくられるようになる。

狩りや魚とりの暮らしが行われ、磨製石器や骨角器が使われていた。

弥生
時代

紀元前300年頃



紀元57

107
180
237

247

248頃

弥生土器がつくられるようになる。

米づくりが北九州ではじまり、やがて全国に広がった。
大陸から青銅器や鉄器が伝わってきた。
倭の奴国王が、後漢(中国)の光武帝(こうぶてい)から金印(きんいん)をもらう。
このころ、小さな国が各地にでき、豪族がおさめた。
倭国王帥升(せっしょう)が後漢に使いをおくり、奴隷をささげた。
このころ、倭国が乱れる。卑弥呼が邪馬台国の女王となり、まわりの国ぐにをおさめる。
卑弥呼が難升米(なしめ)を使いとして魂(ぎ=中国)におくる。
魏の明帝が、卑弥呼に「親魂倭王(しんぎわおう)」の称号をおくる。
卑弥呼が狗奴(くな)国王と戦う。
魏が張政(ちょうせい)を邪馬台国におくってきた。
卑弥呼が死ぬ。邪馬台国に男の王がたったが、国がおさまらなかった。
卑弥呼の一族の壱与(いよ)が女王となり、国をおさめる。

古墳
時代

300頃

350頃
391
413

463
467
507
512
527

このころから、古墳づくりがはじまる。
国内の豪族は、鉄の武器をつかいはじめX
このころ、大和朝廷の全国統一がすすめられる。
日本軍が朝鮮半島にわたり、高句麗の軍と戦う。
倭の五王の一人の倭王讃(わおうさん=仁徳天皇か?)が、東晋(中国)に使いをおくる。
このころ、世界最大の墓といわれる、仁徳天皇陵がつくられる。
吉備田狭(きびのたさ)が反乱をおこす。
倭王武(わおうぶ=雄略天皇)が宋(中国)に使いをおくる。
北陸からきた継体天皇が位につく。
大伴金村(おおとものかなむら)が、任那(みまな)の四県を百済(くだら)にあたえる。
筑紫国造(つくしのくにみやつこ)の磐井(いわい)が反乱をおこす。

top
****************************************