****************************************

よくわかる科学史

20世紀に科学技術・医学などが猛烈に進歩し、21世紀の今もその勢いが続いています。
70年前の私の子供時代
は、家庭の電気製品は電灯と真空管のラジオだけでした。
その分、電気や機械の技術は単純で、器用な人は修理もできました。
電話のある家はわずかで、それも電話交換手に頼んで、長く待たされて長距離電話は大変でした。
それが昭和40年代からの半導体と光ファイバーとデジタル技術の発展で、パソコンとインターネットが始まり、
さらに平成に入ってのモバイル通信技術の携帯電話の普及から、今では小学生でもスマホを操る時代です。
しかしその機械の原理は、今はそれを設計した人だけしかわかりません。
そこで科学の進歩が少しでもわかるよう、昔の科学の本を並べてみます。

エピソード科学史  化学編  物理編  生物・医学編  農業・技術編

五人の大発明家  概要  ワット  スチブンソン  エジソン  マルコーニ  ライト兄弟

通信の開拓者たち  概要  モールス  グレアム・ベル  マルコーニ  ド・フォレスト

大空に挑んだ人々  概要  気球  リリエンタール  ライト兄弟  リンドバーグ  ホイットル

 ロケットnew 概要 ツィオルコフスキー ゴッダード オーベルト フォン・ブラウン ガガーリン


****************************************