****************************************
明治維新等の記録  太平洋戦争等の記録  第二次大戦欧州戦等の記録  よくわかる科学史

よくわかる科学史

エピソード科学史  化学編  物理編  生物・医学編  農業・技術編
五人の大発明家
  概要  ワット  スチブンソン  エジソン  マルコーニ  ライト兄弟
通信の開拓者たち
  概要 モールス グレアム・ベル マルコーニ ド・フォレスト 半導体 コンピュータ
大空に挑んだ人々
  概要  気球  リリエンタール  ライト兄弟  リンドバーグ  ホイットル
ロケット
 概要 ツィオルコフスキー ゴッダード オーベルト フォン・ブラウン ガガーリン
星と宇宙 
天体と宇宙 宇宙の謎を解いた人々 星と星座 気象と天災
原子力への道を開いた人々 
  概要 ラザフォード アインシュタイン キューリー一家 仁科芳雄 フェルミ  
少年の科学 
新幹線 高速道路 国際空港 都市交通 超高層ビル ニュータウン 海底トンネル 揚水発電ダム
  発明発見物語 電気 機械 医学 化学 化学工業 生活 食べ物
文化の出発点となった人々
 概要 釈迦 孔子 ソクラテス キリスト マホメット
伝道につくした人々
 概要 高山右近 天草四郎 日本の神仏 new
農業につくした人々
 概要 宮崎安貞 青木昆陽 平田靭負 大蔵永常 中山久蔵 川上善兵衛
20世紀の医学
 概要 インスリン 太陽 X線とラジウム 薬剤師 微生物 20世紀の奇蹟
細菌と戦った人々
 概要  ルイ・パスツール ローペルト・コッホ 北里柴三郎 野口英世
生命を探った人々
 概要 ラマルク ダーウィン ハックスリー メンデル ミチューリン ベルナール パブロフ
生命の神秘
  概要 “命”の不思議 科学の夜明け 生物の進化と細胞の謎 開けゆく神秘の世界
航路を開いた人々
 概要 エリクソン エンリケ王子とパスコ・ダ・ガマ コロンブス マジェラン クック
 化学工業 センイ革命 公害 大開発 TVA物語 黒部ダム  大運河 概要 スエズ パナマ
生き物の生態
 昆虫 植物 鳥獣 海と生物 動物界のふしぎ
中央アジアとアフリカ内陸探検  概要 ヘディン スタイン リビングストン スタンレー 探検家略伝
生物学者の未開地探検
 概要 ビーグル号航海記 南海の自然  
昔の文明1
 インカ アンコール マヤ コンチキ号 ピラミッド マルコ・ポーロ チベットとカチン族
昔の文明2 地球と生物の謎 人間の誕生 日本誕生 古代の日本と朝鮮
昔の文明3  
古代の天皇記  古墳探訪  古墳とその時代  古代の日本と加耶
日本の遺跡
 大森貝塚 明石原人 登呂 
古代発掘 
アフリカの古代人 北京原人 アラビアの遺跡 ポンペイ マンモス  アンデスの古代遺跡
謎の地球 大陸移動説 恐竜の時代 地震の科学 風景の科学
化石がかたる地球の歴史 生物の発生 魚類の歴史 恐竜の全盛 哺乳類の王国 人類の誕生
地球の歴史をさぐる 大気のおいたち 火山の一生 石炭物語 石油はどうしてできたか ヒマラヤはなぜ高い
 日本海のおいたち 日本海が熱帯だった頃 サンゴ礁のなぞ 琵琶湖の今と昔 new

20世紀に科学技術・医学などが猛烈に進歩し、21世紀の今もその勢いが続いています。
70年前の私の子供時代は、家庭の電気製品は電灯と真空管のラジオだけでした。
その分、電気や機械の技術は単純で、器用な人は修理もできました。
電話のある家はわずかで、それも電話交換手に頼んで、長く待たされて長距離電話は大変でした。
そして緊急連絡では『チチキトク、スグカエレ』などの電報を、郵便局で配達してもらうのが普通でした。
それが昭和40年代からの半導体と光ファイバーとデジタル技術の発展で、パソコンとインターネットが始まり、
さらに平成に入ってのモバイル通信技術の携帯電話の普及から、今では小学生でもスマホを操る時代です。
しかしその機械の原理は、今はそれを設計した人だけしかわかりません。
そこで科学の進歩が少しでもわかるよう、昔の科学の本を並べてみます。

top
****************************************