****************************************
Home  地球と生物の謎 人間の誕生 日本誕生 古代の日本と朝鮮 奈良の大仏 チベットとカチン族

人間の誕生
(少年少女科学名著全集10 井尻正二著 国土社 1969年刊)

一章 人間の先祖は何だろうか
二章 人間の先祖をどのようにして調べるか
三章 盲腸の話
四章 人間の体をさぐる
五章 動物園のサルは人間になるか
六章 サルはどうして人間になったか
七章 人間の先祖たち
八章 日本人の先祖
九章 これからの人間はどうなるか
井尻正二(いじりしょうじ)
一九一三年 小樽市に生まれる
一九三六年 東京大学理学部地質学科を専行、
国立科学博物館地学課長、日本学術会議会員、各大学講師などをへて、現在は東京経済大学教授。理学博士
著書 ふしぎな地球、人類の生れるまで、その他多数


働くようになると、原人はますます人間らしくなった

      あとがき   

 私は、十五年もの間、本を書く仕事をしてきました。
 そしてその間に、ほかの先生と一緒に書いた本をふくめて、四十冊ばかりの本を出しました。
 しかし、この四十冊の本の中で、自分の気にいった本は十冊あったでしょうか。
 だがその中の一冊に、「人間の先祖」という一冊五十円の小さな本があります。
 それは昭和二十六年に、福村書店から中学生歴史文庫の一冊として出したものです。
 この本は私の気に入りでしたが、読者の皆さんからもよろこばれ、何回も増しずりされましたし、昭和三十四年には「人間の誕生」という題に書き改められて、新日本評論社から出版されました。
 今度の本は、この二冊の本を元にしてできたもので、私には思い出が深いものです。
 私は大昔の動物や、人間の先祖のことを調べるのが好きですが、それにもまして好きなことが、まだ一つあります。
 それは、皆さんのようなお友だちとあそんだり、ふざけたり、おしゃべりをすることです。
 もし、何かわからないところがあったら、お手紙をくださいね。よく調べて、お返事をしたいと思っていますから……。
 

top
****************************************