****************************************

明治から昭和へ
(肥後和男著 目でみる日本史物語8 偕成社 昭和31(1956)年刊)   Home

筆者紹介 明治32(1899)年茨城県生まれ、京都大学日本史科卒業。東京教育大学教授、文学博士、
主な著書に『物語日本歴史全一巻』『文化の話』等がある。

 1 筆者のことばとグラビア
 2 はじめに
目次――別ページ
一 近代社会のなりたち
二 国際的地位の向上と産業
三 近代文化の誕生
四 大正から昭和へ
五 戦争への道
六 日本の再生
    付録

戦後の初期の昭和31年に出版された本なので、今は国会図書館か都立図書館でしか見れません。
当時は食べて行くのが精いっぱいで、公立の図書館などほとんどなかったのです。

 1  著者のことばとグラビア top

 私たちの生きているこの現代は、日本の歴史にとってはもちろん、世界の歴史についても、これまでになかったほど、大きく動いている時代です。
 この世紀に入って人類は、二度も大きな戦争をしました。その戦争で日本は、大きな失敗もいたしましたが、またそれによって多くのことを学び、そこから新しい希望もわいてきました。
 ここで私たちは、じっくりと日本の歴史をかえりみ、祖先のつたえたよいところは、充分身につけたいと思います。
 この本は、みなさんが正しい民族的自信をもち、世界の日本人として完成するうえに役だたせたいと考えて、私の多年の研究をそそぎこみ、精いっぱいの努力をしてかきあげたものです。
 そして、はっきりと歴史の姿をつかんでいただくために、各研究所や図書館などの援助を得て、正確な写真や挿絵を多く入れました。また内容も、最新の研究を参照しながら、できるだけやさしくして、おもしろく読んでいくうちに、正しい知識が身にっくように苦心したつもりです。最後に貴重な写真を提供してくださった歴史風俗研究の権威、江馬務氏にあつくお礼申しあげます。


明治憲法発布の式典――明治22年宮中で天皇が総理大臣黒田清隆に憲法を授けるところ。日本の立憲政治がここに始りました。(和田英作筆)


右上=明治十年ごろのハイカラ少女風俗(寺崎広業筆「秋園」より)
左上=赤坂仮皇居(正面)に正月の参賀にきた文武の大官たち(明治十七年ごろ)
左下=明治初め学制発布ごろの小学校授業風景


羽田国際空港は、生まれ変った日本の玄関として賑わっています。

サンフラッシスコ講和会議において条約に署名する吉田茂全権(1951年)


明治・大正・昭和の人々
@明治の代表的な政治家、伊藤博文
A血清療法を研究した北里柴三郎
B近代日本経済の指導者、渋沢栄一
C明治の先覚者、福沢諭吉
D文豪、島崎藤村
E明治の優れた外交官、小村寿太郎
F政治家で教育者だった大隈重信
G平民宰相といわれた、原敬

近代文化の歩み top


@日本の近代文学をひらいた坪内逍遥が書いた「当世書生気質」の挿絵と執筆中の逍遥
A黄熱病の研究で、世界に名高い野口英世
B明治のすぐれた彫刻家、高村光雲の「猿」
C若くして死んだ明治洋画壇の天才青木繁の傑作「海の幸」
D明治の画家、原田直次郎の描いた大作「騎竜観音」
E「坊っちゃん」「吾輩は猫である」その他のすぐれた小説を書いた明治の文豪、夏目漱石

明治から昭和への動き top


大正7年米騒動のときの白米廉売(東京)

日清戦争の下関講和会議


左=明治初年の横浜駅
右=日露戦争の日本海海戦

左=昭和11年二・二六事件の反乱軍
右=昭和20年ミズーリ号上の降伏文書調印

風俗の変遷 top


欧化主義の中心だった鹿鳴館の
華麗な仮想行列(明治十七年頃)

明治中頃のハイカラな女学生風俗


男治二十三年に日本で初めて開通した
市内電車(京都)


本平洋戦争中、空襲の難をさけるため
都会から地方へ疎開する人びと


昭和はじめごろの中学生と商家の丁稚の姿

大正末ごろに流行したダンス

明治中頃の青年書生の風俗

戦後の新しい日本 top


上=国際物理学合議(東京)
中=躍進する日本の造船業
下=NHK交響楽団の演奏

 2  はじめに top

 現代日本と明治時代

 「降る雪や、明治は遠くなりにけり」という句があります。
 昭和のこんにちからみると、たしかに明治もだいぶ古くなりました。
 しかしなんといっても、明治・大正・昭和は、ひとつづきの時代だといってよいでしょう。
 現代の日本を支配している資本主義の経済や科学的文化は、明治以後のものです。
 現代日本のもうひとつの柱である民主主義も、明治の国会開設のなかに、その芽ばえがみられることは否定できないでしょう。
 また日本がひろい国際関係のなかにはいりこみ、世界とつながりをもつようになったのも、明治以来のことです。

 明治・大正・昭和は一つだ

 こうみると、明治からこんにちにいたる日本は、歴 史上ひとつの時代をなしているといえましょう。
 戦前は、明治といえば、すばらしい栄光の時代とされました。
 維新以後の日本の発展は、世界にもまれな見事なものであったと、ほめたたえるのが普通でした。
 しかし戦後は、それをうたが い、『明治時代は、天皇を中心とする絶対主義によ って、日本の正しい発達を、ゆがめてしまったの ではないかと、みるものも多くなりました。
 もともと歴史のみかたは、みる人のぞくする時 代と立場によって、いろいろちがうものです。
 したがって明治時代の評価は、今後 もいろいろとかわるでしょう。
 それにしても、現代の私たちは、 明治時代からはじまった、さまざまの近代的なしくみのなかで生活しています。
 その 意味で、この明治・大正・昭和の歴史は、私たちにとって、もっともふかいつ ながりのあるものです。
 そこで私は、ここにみなさんとと もに、維新以後、現在にいたるまでの日本 民族のすすんでぎた足あとを、ふりかえってみたいと思うのです。


明治23年にひらかれた第一回帝国議会

 めざましい明治の歩み

  明治の四十五年間は、たし かに日本の上昇期でした。日清、日露の戦 いを勝ちぬき、台湾、朝鮮を領土としました。
 それにおうずる産業の発展もいちじるしく、学問も芸術も、近代化がすすみ、それこそ世界 の一等国なみになったといわれたものです。
 東洋の多くの国々が西洋の植民地になりつつあ ったとき、独立した近代国家建設のさきがけをな したのは、たしかに日本でした。

 大正の世の中

  つづく大正の時代は、短いあいだでしたが、日本は、第一次世界大戦で戦勝国の仲間にはいったの で、戦後は世界の五大国にかぞえられました。
 産業はますます発達し、思想や言論も、あるていど自由であり、教育も普及し、国民の教養もずっと高まりました。
 そのため、人びとの人間的自覚もすすみました。
 それだけに社会にたいする考えかたも、批 判的になりつつあったのです。

 新しい時代・昭和

  日本のさかんな勢いは、世界列強に警戒心をおこさせました。
 昭和になると、 日本はいろいろの点て、世界の圧迫を感ずるようになり、そのため生産はのびず、 貿易はきゅうくつになりました。
 これを打開するために、社会主義から共 産主義までもとなえられましたが、いっぽ う軍部は、大陸への発展によって、国運をひらこうと考えました。
 そこで満州事変がおこり、太平洋戦争にまでひろがって、日本は歴史始って以来初めての大きな困難に出合うのです。
 ちょうどそのころ、世界もまた新しくうごきつつありました。
 ロシアは、共産主義社会の完成をめざし、イタリアとドイツ は、ファッシズム(全体主義)の支配を徹底させよ うとし、ここに日本のうごきと相おうじて、第二 次世界大戦となったのでした。
 その結果は、日独伊三国の完全な敗北となりま した。戦後の日本は、その過去を清算し、新しい民羊王義の自覚によって、自由と平等の理想的社 会の実現をめざして、再出発しました。
 いまやそれが、いろいろの問題をはらみつつ、 うごいているのです。


山下新太郎画伯『端午(たんご)』


現代日本の政治の中心――国会議事堂

top
****************************************