****************************************
山梨リニア実験線 アメリカのリニア アメリカの高速鉄道 新聞に見るリニアと高速鉄道 疑惑のリニア 超電導磁石

橋山禮治郎 天野光三 篠原武司 尾関雅則 京谷好泰 角本良平 葛西敬之 野沢太三 技術評価 1 技術評価 2 HOME

葛西敬之JR東海リニア対策本部長の関西経済連合会での講演
(昭和63年10月31日講演 経済人 関西経済連合会刊 1989年1月)

 葛西敬之氏はリニアを推進して名古屋経済界のトップとなり、私はリニアに賛成しなかったので国鉄を首になりました。  葛西氏は国鉄時代はリニアとは全く無関係で、昭和62年のJR発足後にリニアの権威者の京谷好泰氏の一番弟子の藤江恂治氏(鉄道研究所→車両設計事務所→宮崎実験線→鉄道研究所→JR総研等とほぼリニア一筋)の案内で、ドイツのトランスラピッド(今は開発中止となった常電動リニア)を視察してから、強力なリニア推進者となりました。
 葛西氏と私は国鉄の同期で、下図は同期の海老沢洋氏(同じ九州実習→交通新聞→JR東海子会社社長等)作成の昭和38年本社採用名簿で、赤枠はJR発足後のJR東海の元役員です。
 リニア車体に4個付く超電導磁石は鉄道の鉄車輪に相当し、1つでも故障(クエンチ)したら脱線に相当する大事故です。リニアでは医療用のMRIの超電導磁石より遙かに過酷な使用条件です。
 こう書けばリニアの危険性は小学生でもわかることで、葛西氏もリニアの実用化は困難なことぐらい十分承知しているはずです。誰かが皆んなに嘘をつかせているのです。そのために葛西氏は同期の各系統からJR東海の役員を選び、時々同期会をやって同期の結束を図ってきました。今は私は欠席しています。 
 本HPで示したように明治維新も戦争も志士や軍人の仲間関係で実行されました。“東京−大阪1時間”の掛け声だけで小学生でもおかしいとわかるリニアを今なお進めようとする日本(国土交通省)は、“満蒙は日本の生命線”と叫んで戦争に突き進んでいった時の日本(陸軍)と全く同じだと思い、あえて同期の名簿を公開しました。


****************************************

****************************************

****************************************

****************************************

top
****************************************