****************************************
岩崎弥太郎 渋沢栄一 豊田佐吉 小平浪平 松下幸之助 井深大 本田宗一郎 Home

渋沢栄一ものがたり
(1〜5章『渋沢栄一ものがたり』p6-71 渡辺和一郎著、教育企画出版、
6〜11章『東京を築いた人々』p122-152 磯村英一著、さ・え・ら書房)

1 子供は風っ子じゃ――
2 江戸は黒船で大騒ぎ
3 敵につく、何故か?
4 花の都パリヘいく
5 明治政府の役人になる
6 実業界に乗り出す
7 東京の商工業発展のために
8 実業教育に力をつくす
9 東京市養育院そだての親
10 東京の水道・ガス・電気の恩人
11 党員も嫌、大蔵大臣も断る
 日本の国があぶない、外国にとられてしまうかもしれない――と、埼玉県のへんぴな農村の一人の青年が思いました。
 外国にペコペコ頭をさげる幕府を倒すのだ!
 と、思いこんだその青年は、政治運動にのりだしました。
 ところが、尊敬していた人が立場がかわって、外国と交際しようという幕府の将軍になってしまったのです。
 青年は一人で苦しみました。
 そこへ突然、将軍が、パリの万国博覧会に行って外国を勉強してくるようにと、青年にいいました。
 青年は、外交使節団の一員になってパリに行きました。
 外国の文明にふれた青年は、目を見張りました。

 「外国文明を日本に取入れなければ、外国人にいつまでも馬鹿にされてしまう。」 と、青年は思いなおしたのです。
 それは徳川幕府の十五代将軍慶喜の時代で、江戸時代が終わって新しい時代の明治に移る頃の事でした。
 青年は日本に帰ってきてから、明治政府の垂要な仕事についたのですが、役人生活を辞めて一介の民間人になりました。
 そして外国文明を取入れて、商業や工業の会社をつくり、育てました。
 実業家は儲ける事だけに走ってはいけないと、青年は学校の教育施設や困っている人、不幸な子供、お年寄りのための福祉事業にも目をむけて、育ててきました。
 また、外国と仲よくするために、国際親善にもつくしました。
 その青年こそ、埼玉県の生んだ大実業家で、近代日本の基礎をつくった渋沢栄一なのです。
 渋沢栄一の一生は波乱にみちています。
 どんなに苦しい立場に立たされても、「真心」をつらぬけば、感動してくれる人がいる事を栄一は教えてくれます。

  1 子供は風っ子じゃ―― top

 ぴゅう ぴゅーん
 ぴゅ〜ん ぴゅう
 体を針でさすような冷たい風が吹いてきます。
 ぴゅーん ぴゅーん
 冬になると群馬県赤城山(標高一八二八メートル)から、吹きおろしてくる風が、利根川を渡って埼玉県の北部に吹きつけてくるのです。
 大人は思わず身震いするというのに、子供たちは冷たい風の吹くなかで、元気よく遊びまわっていました。
 どの子も、鼻水をすすっています。
 「栄一、風邪をひきますよ。」
 と、渋沢栄一のお母さんは、羽織をもって栄一を追いかけています。
 栄一は捕まると大変だ、と一所懸命に、逃げるのでした。
 栄一が逃げるのは、羽織を着ると体が自由にならないからです。
 とうとう鎮守の森の中で、つかまってしまいました。
 汗をかいた栄一の頭からは、ポカポカ白い湯気がたっています。ほっぺたは、真っ赤です。
 「栄一、風邪をひきますよ。」
 お母さんは栄一の顔を、手拭いで力いっぱいふくのでした。そして、羽織を着せました。
 また、栄一は友達と遊び回わりました。どうしても羽織が邪魔です。
 「子供は風っ子じゃ!」
 と、いって栄一は、羽織をポイと脱ぎ捨ててしまいました。
 森の中から子供たちの元気な声が、日が暮れるまで、わきたっていました。
 子供たちが遊びまわっている土地は、埼玉県深谷市血洗島(ちあらいじま)です。
 この土地の名前は現在の地名ですが、栄一の子供の頃は江戸時代で、武蔵国榛沢(はんさわ)郡安部領血洗島村といいました。
 栄一はこの村に天保十一年(一八四〇年)二月十三日に生まれました。
 村には五、六十戸の家がありました。そのうち十七戸がみな渋沢という姓でした。
 同じ姓の家ばかりだから、「中の家(なかんち)」「東の家(ひがしんち)」「西の家(にしんち)」「前の家(まえんち)」などと間違えないように呼んでいたのです。
 栄一の家は「中の家」でした。
 お父さんの名は市郎右衛門(うえもん)で「東の家」から「中の家」の一人娘、えいと結婚したお婿さんでした。
 えいは栄一のお母さんです。
 栄一の家は農業と養蚕(ようさん)、それに布地を染める原料の藍玉(あいだま)の製造もしていました。
 村人に、お金も貸していました。
 お父さんは農民でしたが、学問や剣術を身につけ、俳句もたしなむ風流な人で、村人から尊敬されていたのです。
 領主は、市郎右衛門を農民に許されていなかった名前をあたえ、武士のように刀を腰にさす事を許していました。
 お母さんのえいは、おとなしく、思いやりの深い人で、人の困っているのを見ると、じっとしていられない人でした。
 栄一が五つになったある日の事です。
 お父さんは、栄一を部屋に呼びました。お父さんはキチンと座っています。栄一も、キチンと座りました。
 お父さんの前に、本立てがあります。栄一の前にも本立てがあります。
 お父さんの本立てにも、栄一の本立てにも同じ絵のついた本がたてかけられてあります。
 「栄一、偉い人になるには、学問がなければいけません。人の上にたつには、いろいろな知識をもっていなければなりません。いまから、本が読める子になるのです。」
 お父さんは、まじめにいいました。
 栄一はじっとお父さんのいう事を聞いていました。
 「この本は中国の『三字経(さんじきょう)』という本です。この本で、文字を覚えるのです。」
 お父さんは、本立ての本をめくりました。お父さんが読むと、そのあとから栄一は、口を大きくあけて、読みました。
 この「三字経」は、中国で子供が字を覚えるために使ったテキストです。
 人の道や歴史、学問などを、わかりやすく書いた本でした。
 お父さんの、手ほどきが始りました。栄一は、友達と一日中遊んでいたいのです。
 お父さんの手ほどきは、少し退屈でした。
 が、だんだんと文字が読めるようになると、本を読むのがおもしろくなってきました。
 教わる本は、だんだんむずかしくなってきました。やがて「論語(ろんご)」を教わるようになったのです。
 栄一が七歳になると、お父さんはいとこの漢学者に頼んで、栄一に学問を教えてもらう事になりました。
 この学者は尾高新五郎といいます。栄一より十歳年うえでした。
 新五郎は学問が好きで、書道と詩も上手でした。
 その上剣の心得もあったのです。
 江戸時代には学問と文学、それに武道を身につけた人が理想の人物だったので、ちようどその理想の人物が新五郎だったのです。
 まだ年の若い青年新五郎は、村人から尊敬されていました。
 栄一は今ま、新五郎を親類の「お兄ちゃん」と思っていましたが、今度は栄一の「先生」になったのです。
 新五郎の家に通いはじめた頃、栄一はカチカチに緊張していました。
 「栄一君、本は寝転んでいても歩きながらでも読めるのだよ。何もかしこまって読むだけではないのだよ。」
 といった新五郎は、栄一にやさしい、おもしろい本を読ませました。いつのまにか栄一は書物が好きになっていました。
 栄一を夢中にさせた書物は、江戸時代の小説家、滝沢馬琴の書いた「里見八犬伝」や中国の歴史をおもしろい物語にした「通俗三国志」がありました。
 栄一が十二歳になった正月の事です。
 親類の家に、挨拶まわりをしている時でした。
 栄一の家の裏に「清水川」という小さな小川が流れていました。
 その川にかけた狭い橋を、栄一は本を読みながら渡っていました。
 「あっ!」と栄一が思ったときには、足をはずして、ストンと川に落ちていました。
 正月の晴れ着はずぶぬれです。
 「おお寒む。」栄一は、身ぶるいしました。
 家にいそいで帰ると、家族の人たちは大笑いしました。
 「いや、ぬれネズミだ。正月にネズミをお迎えするとは、縁起のよいこと。」
 また、お父さんもお母さんも、笑いころげました。栄一はずぶぬれの着物をきたまま、チョコンとしていました。

 栄一が十四歳になった時の事です。
 栄一のお父さんは、藍玉をつくっていました。地方から藍(あい)の葉を買ってきて、藍玉をつくっていたのです。
 お父さんは藍の葉が、良いか悪いかをみわける名人でした。
 お父さんは栄一をつれて、藍の葉を買いに地方へ出張しました。
 栄一はお父さんが藍の葉を買うのをじっと見ていたのです。
 そして、売る人とお父さんが言葉を交ししているのを、ちゃんと覚えてしまったのでした。
 ある日の事です。
 お父さんは、ほかの用事ができて、藍の葉を買いにいけなくなりました。栄一は、おじいさんとゆく事になったのです。
 おじいさんだと、藍の葉を売る人に誤魔化されるのではないかと栄一は思ったのです。
 おじいさんを、うまくいいくるめて、その朝は一人で、栄一は買い出しにでかけました。
 売る人たちは少年の栄一をみて、
 「この子が、このむずかしい藍の葉を見分けられるのかね。」と、からかい半分でした。
 ところが栄一少年は、「おじさん、この葉は駄目だよ。肥料がたりなかったね。」
 と、からかい半分に出された葉を、栄一は、ビシッと決め付けるのです。
 おじさんたちは、ビクッとしました。
 それでは、これはどうだ、と次の葉を出しました。
 「こいつは乾燥が不十分じゃないか。」と、栄一はいいました。
 おじさんたちは、またビクッとしました。
 「この子の目を、誤魔化す事はできない。」と、おじさんたちは思いました。
 「いや、市郎右衛門さんの跡取だ。さすが目ききの子供だけある。かしこい子だ。将来、大物になるぞ。」
 と、おじさんたちは、お互いに話しあっていました。
 その日、栄一は上質の葉を安く買ってきたのでした。

 栄一が十六歳のときでした。
 お姉さんが、長いこと病気にかかっていました。
 お父さんは、病気の保養のために、群馬県の温泉宿に、お姉さんを連れてゆきました。
 お父さんが、留守しているのをよい事に、親類のおばさんが、栄一のお母さんにいいました。
 「娘の病気は、何かタタリがあるにちがいないよ。行者に占なってもらいなさいよ。」
 と、いっておばさんは、一人の女の行者を連れてきました。
 行者は棒についた紙をふりまわして、さかんに指を組んだり、薄気味の悪い呪文を唱(とな)えるのでした。
 栄一たちの家族のひとたちは、かしこまって頭をさげていました。
 「無縁ぼとけのタタリじゃ。早く祭らなければ娘の病気はなおらぬ。」
 すると栄一は、いきなり、
 「無縁ぼとけの出たのは、何年前の事ですか。」
 「それぱ、五、六十年前のこと。」と、行者はこたえました。
 「年号は何といいますか。」と、また栄一はききました。
 「うん、それはじゃな。天保三年ごろ。」
 栄一は、小首をかしげました。栄一が生まれたのぱ天保十一年だったから、天保三年は栄一の生まれる八年前の事になります。栄一は十六歳です。十六に八をたすと、二十四になります。
 暗算は、お父さんと藍の葉を買う時、値段をきめるのにすばやく暗算ができなければなりません。
 栄一はお父さんについて、暗算の勉強をしていたのです。
 「天保三年は今から二十四年前です。無縁ぼとけのことまでわかる人が、こんな簡単な年号を間違えるとは、おかしい。そんなオツゲは信じられません。」
 と、栄一はいいました。
 家の者は、どうなることかとハラハラしていました。
 「うーん、おかしいことよ。キツネが乗りうつったのかな。」
 といって行者は、コソコソ帰っていきました。
 お母さんは「人の困る事は、いうものではありません。自分だけで思っていればよいのです」と栄一をいましめました。
 栄一が十七歳のときでした。
 風邪で寝ている栄一のお父さんのところに、陣屋から呼び出し状がきました。陣屋というのは、役所の事です。
 栄一の住んでいる血洗島村は安倍摂津守という小さな大名が支配していました。
 その陣屋が、隣村の岡部村にあったのです。
 「栄一、もうおまえは武士であれば、元服(げんぷく)をとうに過ぎた立派な大人だ。私のかわりに出頭しておくれ。」
 と、お父さんは栄一に名代(みょうだい)を頼みました。
 「お父さん、心配しないでください。陣屋にいってまいります。」

 といって、栄一は、元気よくでかけました。
 親類の名主の渋沢宗助も呼び出されていました。
 役人は一段高いところから、偉そうな顔をして、すわっている栄一と宗助を見おろしています。
 「エヘン、ごくろうである。
 実はこのたび、殿さまのお姫さまがおこし入れ(お嫁にゆくこと)あそばされる事にあいなった。
 ついては、なにかと費用がかかる。その方どもに御用金を申しつける。
 渋沢宗助は千両、渋沢市郎右衛門(栄一のお父さんのこと)は五百両。
 おめでたい御用金、名誉この上ないこと。ありがたくお受けするように。しかと申しつかわすぞ。」
 「へっへっー。」
 宗助は地べたに額をすりつけるように、頭を下げました。

 栄一は、「父のかわりにきましたから帰って父に申し伝えたうえ、ご返事をします。」と答えました。
 「なにを、たわけた事を申すな。その方いったいお上の御用を何と心得ているのか。
 十七にもなれば、いっぱしの大人。もっと分別を出せ。すぐさまお受けいたせ。」
 役人は真っ赤になって怒りだしました。
 「父に申し伝えましたうえで……。」
 栄一は、同じ言葉を繰返しました。
 「なにお、百姓の身分で、ここをどこだと心得ておるのか。」
 役人は、ますます、声をあらだてるのです。それでも栄一は、一歩も引きません。
 とうとう役人は、根まけしてしまいました。もし断わられると、その役人は上役に叱りとばされてしまうのです。
 「そうか、そうか、帰って、父上に伝えるがよい。」
 と今度は、手のひらを返したように、いいました。
 栄一は陣屋の帰り道、役人の態度に腹がたってきました。
 えらそうに怒鳴りちらす人間、農民からお金をもらうのがあたりまえという役人、「お姫さまの嫁入りのお金を出すのをおりがたく思え」といった役人の考え方、栄一は思いつめているうちに、
 「このばかやろう!」
 と、怒鳴りたくなりました。
 家に帰った栄一はさっそくお父さんに陣屋の事を話しました。
 「腹のたつ事はよくわかる。お上と百姓の関係は今すぐ、どうにもなる事ではない。
 やたらに反抗しても、あとで意地わるされては損だ。このたびはまあ、お引き受けするよりしかたあるまい。」
 といってお父さんは、栄一をなぐさめました。
 いっぽんぎな栄一は、お父さんに役人の事をいわれましたが、どうしても納得しません。
 自分の考えを本当にわかってもらえる人は、新五郎先生だと思いました。
 翌日、栄一は新五郎をたずねました。
 新五郎は栄一をみると、ニコッとしました。
 「栄一君、君は立派だ、感心したよ。」と新五郎はいいました。
 陣屋の話はもう、村中にひろまって、新五郎の耳にも入っていたのです。
 「結局、政治が悪いのだね。役人も人間、お殿さまも人間、農民も人間、同じ人間だから、お互いにいたわりあわないといけないな。いばりくさっている人間をたくさんつくった幕府がいちばん悪い。」
 新五郎は、かみしめるように、栄一にいいました。
 栄一は胸がすうっとしました。さすが天下の事をしっている先生だと思いました。
 新五郎の家から外にでた栄一は、そのまま家の裏の崖の上に、一人ポツンと座っているのでした。
 栄一は少年時代、悲しい事があると、この崖の上にきて、心をなぐさめるのでした。
 崖の上にいると、はたおりの音がきこえてきます。そして糸がまの煙がスーとたってきます。
 辺り一面は桑の葉の緑の海原、その上に高くそびえる赤城、榛名、妙義の山々、遠くに浅間、黒髪の山が連なっています。 足の下をのぞくと、深くすんだ淵の水があります。
 山と緑の海原と淵の水の雄大な風景をみつめていると、栄一少年の心は大きくふくれあがるのでした。
 栄一の心を救ってくれた淵の水にちなんで、栄一は十六歳の時、「青淵」という号を自分につけたのです。
 新五郎に元気をつけてもらった栄一は崖の上で「政治が悪い、幕府が悪い、農民をいじめる幕府を倒すのだ!」と、大声で、叫びました。

        2 江戸は黒船で大騒ぎ top

 栄一の家から北へ二キロのところに利根川が流れています。
 その川にかけた上武大橋の東側一帯は、江戸時代に、中瀬という河岸(かし)がありました。
 河岸は船つき場で、船から人や荷物をあげたり、おろしたりするところです。
 利根川は江戸時代には船の交通機関に利用され、江戸から荷物をつんだ船が江戸川を上り、利根川に入ってこの河岸に船をつけたのです。
 ちょうど、中瀬河岸は利根川の上流と中流を結ぶ大きな基地の役目をしていました。
 江戸から来るときには船は帆をいっぱい張って上り、下るときには、帆をたたみ埼玉県や近県から集めた野菜や穀物、生糸などをたくさん積んで、江戸に運びました。
 江戸末期頃には一日に五十隻から百隻の船がつきました。
 回船問屋や船頭宿もできて、旅館が十五軒もでき、船にのってきた人や旅人でにぎわったところです。
 江戸からきた旅人や商人は、江戸の町でおきたいろいろな事件や噂やニュースをいち早くとどけてくれるのでした。
 人から人へと新しいニュースは、すぐ、栄一の村にも伝わってきたのです。
 栄一が十三歳のときの嘉永六年(一八五三年)、アメリカのペリー提督が艦隊をひきいて、神奈川県の浦賀港に現れました。
 「黒船が来た、黒船だ。」
 今まで、みた事もない軍艦に、日本人はどぎもをぬかれて、江戸がひっくりかえるようなさわぎになりました。
 この大ニュースが中瀬河岸についた人達から伝えられて、栄一の村にも拡がりました。
 翌年の安政元年に、またペリーは東京湾に現れて、下田、函館を開港する日米和親条約をきめました。
 この条約によって、外国とつきあわない政治をしていた徳川幕府が、初めて外国とつきあう事になったのです。
 「夷狄(いてき)、紅毛(こうもう)人とつきあう幕府は、けしからん。」という人。
 「外国とはつきあっていかねばならない。」と、いう人。
 日本国中で、この二つの意見がするどく対立しました。
 そして四年すぎた安政五年(一八五八年)幕府は、アメリカの外交官ハリスと日米修好通商条約を結び、貿易の自由をみとめました。
 また、オランダ、ロシア、イギリス、フランスとも、通商条約を結びました。
 この条約は、朝廷の許しを受けないうちに、幕府が勝手に結んだと、尊王攘夷(朝廷を中心に政治をする事、そして外国とつきあわない事)の人たちを、カンカンに怒らせてしまいました。
 「幕府を倒すのだ!」
 日本の尊王攘夷の指導者たちが、密かに連絡をとっていました。
 この動きに気づいて驚いた幕府は、アメリカなど五ヵ国と条約を結んだその年に公卿(くげ)、大名、志士(しし)の百余人を捕まえ牢屋にいれました。
 つかまった吉田松陰(山口県出身、尊王論者)、橋本左内(福井県出身)、頼(らい)三樹三郎(広島県出身、儒者、頼山陽の子)たち八人は死刑になりました。
 この事件を「安政の大獄」といいます。
 江戸の大事件のニュースは、すぐ栄一の耳に入り、栄一はすばやく新五郎の家に飛び込みました。
 「先生、タッタッ大変です。幕府が、勤王の志士たちを、捕まえました。」
 栄一は胸をはずませていいました。
 新五郎は、口をかたく結んでいます。新五郎も大事件をしっていました。
 「いよいよ、幕府を倒す時がきたね。」新五郎は、低い声で栄一にいいました。
 儒者の新五郎は、水戸の朱子学(しゅしがく)を学んだ人で幕府をたおす勤王の志士だったのです。
 栄一は新五郎から学問を学んでいるうちに、新五郎と同じ考えの勤王の志士になろうとしていたのです。
 陣屋で栄一が役人に馬鹿にされた時、幕府の政治が悪い、幕府を倒してやろうと強く思っていたところに、またその翌年、ペリーが来て条約分結び、栄一は「外国人を追っぱらえ」とさらに感情をたかぶらせていました。
 「先生、いよいよ、やりますか。」
 栄一は、まわりをうかがうように目をするどくして、新五郎の耳元でいいました。
 「もうすこし、幕府の動きをみていよう。栄一君、この事は秘密ですよ。」
 「はい。」
 栄一は、うなずきました。
 新五郎と彼の弟、長七郎と栄一の三人はよく藍玉を売りに、上州(群馬県)信州(長野県)秩父地方へ旅にでかけていました。
 商売といっても、三人は旅をしながら漢詩をつくったり、天下国家を論じたり、青年らしい旅を楽しんでいたのです。
 旅をしながら新五郎は、幕府をたおす同志を集めていたのでした。
 長七郎は江戸で、海保(かいぼ)という人の塾に入って勉強をしました。
 そして天下の志士たちと話しあっていました。
 長七郎はずば抜けて、剣術が強い人だったのです。幕府を倒す運動にも参加していました。
 栄一も家業が暇になった時、お父さんの許可をもらって、二度も江戸へ出かけ、海保塾で勉強しながら、志士たちとお友達になりました。
 栄一の様子がどうもおかしいと思ったお父さんは、家業をまじめにしてもらいと思って、栄一が十八歳の時、新五郎の妹、十七歳のちよを嫁にしました。
 しかし栄一は妻をむかえても、家業より天下国家の事に熱中しているのでした。
 また江戸で大事件がおきました。
 栄一が二十歳のときの万延元年(一八六〇年)三月三日、開国をすすめる幕府の大老、井伊直弼が、江戸城の桜田門の外で、水戸藩と薩摩藩の浪士十八人に殺されたのです。
 この事件を、「桜田門外の変」といいます。
 この暗殺事件で、幕府は天下を治める力が弱くなったと地方の藩主たちに思われては大変な事だと、天皇家と徳川将軍家が親類になる事を考えるようになりました。
 この考えを「公武合体論」といいます。
 そこで幕府の努力で、文久二年(一八六二年)仁孝天皇の皇女、和宮さまが十四代将軍徳川家茂のお妃(夫人)になられました。
 ところが尊王派の志士は、「幕府は思い上っている」と、猛烈に反対しました。
 とうとう、文久二年一月十五日、水戸浪士や武士をまじえた七人が、江戸城の坂下門外で、老中の安藤信正を襲いましたが、暗殺は未遂におわりました。
 この事件を 「坂下門外の変」といいます。
 江戸市中は、大さわぎです。号外のかわら版が飛ぶように売れます。
 かわら版は栄一の村にも持ちこまれてきました。
 新五郎の家の二階には栄一、長七郎それにいとこの渋沢喜作が新五郎をかこんで、四人はかわら版をみつめていました。
 栄一は二十三歳、立派な青年になっていました。 「いよいよ、僕たちの出ばんだ。」新五郎がいいました。

 四人の目が、一段と輝きました。
 「いつ、決行するのですか。」栄一は、新五郎にききました。
 「十一月二十三日、冬至の日に、兵をあげよう。」
 三人の目を、かわるがわる押えて、新五郎がいいました。
 コト、コトと下からかすかな音がしました。
 「しっ」
 新五郎は腰をおって、ジッと耳をそばたてました。手は刀の柄(つか)を握っています。長七郎も刀の柄を握っています。
 「ネズミのようだ。」
 新五郎がいうと、三人はほっとしました。
 この討幕の計画は、新五郎が総大将、栄一、長七郎、喜作は参謀格。
 総勢六十九人で高崎城をのっとり、その勢いで一番手薄な鎌倉街道をつっぱしって横浜へ、横浜の町を焼き払って、異国人を斬り殺し、それから徳川幕府をやっつける、というものでした。
 江戸から槍や刀、着込みなどを取りよせて、新五郎と栄一の家の倉に隠していました。
 長七郎は、京都の様子を偵察にでかけました。


横浜の外国人商館。横浜は貿易で賑っていた。

 九月十三日、栄一はさりげなく、月見をしながら詩をつくろうと、新五郎と喜作を家に呼びました。
 実は討幕を決意したからには、たとえ命があっても家にいられないから、お父さんに家を継ぐ人をきめておきたいと栄一は思ったのです。
 「家を出て、政治運動に加わりたいと思っています。」
 栄一は、お父さんに、うちあけました。
 「国をおもう心は立派だが、まだ、その時期でない。」
 お父さんは、栄一たちにいいました。
 お父さんは勤王の漢学を勉強した人だから、栄一たちのいう事は、よくわかっていました。
 「ぜひ、させてください。」
 新五郎と喜作が、栄一にかわっていいました。
 お父さんは、いいました。
 「駄目だ、栄一は、私の家の跡取です。」
 「お父さん、私を勘当してください。」
 「それは、ならぬ。」
 と、お父さんはいいました。
 十三夜の月は、深くすんでいます。そして四人の顔を青白く照らしていました。
 お父さんは考えこんでしまいました。
 東の空が、しらじらと明るくなってきました。
 「お前は、お前の道をゆくがよい。家の事は心配するな。」
 うなだれていたお父さんは、さっと顔をあげて、栄一にほほえみかけていいました。
 「お父さん、ありがとうございます。」
 栄一はすわり直して畳に両手をつき、ふかぶかと頭をさげました。
 お父さんに討幕の心を理解してもらった栄一は、新五郎たちと京都にいる長七郎の帰りを、今日か明日かと待っていました。
 長七郎は二人の志士をつれて役人たちの目をごまかし、やっとの思いで帰ってきました。
 その年の十月二十九日の夜、新五郎の家の二階に、栄一たち六人が集まって、秘密の会議を開きました。
 長七郎は討幕の情勢がかわったから、高崎城を乗っ取る計画は止めたほうがよい、といいました。
 喜作と栄一は、あれほど討幕に情熱をかけていた長七郎のかわりぶりに、怒りがこみあげ、はげしい議論がつづきました。
 「無念であるが、しばらく天下の形勢を見る事にしよう。」
 と、新五郎が、最後の判断をして、高崎城乗っ取り計画は中止する事になったのです。
 栄一たちの動きに、役人たちが疑いをもっている様子で、栄一と喜作はお伊勢まいり(三重県)をするからといって、雲がくれする事になりました。
 栄一は妻の千代に「お伊勢まいりに行ってきます。」といっただけで、文久三年十一月十八日、住みなれた村を離れる事になりました。

       3 敵につく、何故か? top

 栄一と喜作は、お伊勢まいりの途中、京都によって、一橋慶喜(よしのぶ)の用人、平岡円四郎をたずねました。
 平岡とは、二人が江戸で勉強をしている時、何度も会っている人でした。
 慶喜は皇居(京都御所)を守る一番偉い人でした。
 京都には勤王の志士たちが集まっています。
 栄一は同志たちと討幕の事で、心のゆくまで話しあっていました。
 長七郎のいったとおり、徳川幕府は一時より安定している事をしったのです。
 希望に胸をふくらませて京都にきたものの、討幕の目標をうしなって、二人はがっかりしていた。
 ある日、勤王の志士から「外交の事で近いうち、幕府は倒れるに違いない」と情報をもらいました。
 栄一はこおどりして、郷里の長七郎にこの情報を手紙に書き、至急、京都にきていろいろと幕府を倒す作戦をねろう、と書き込み、長七郎におくりました。


一橋慶喜(よしのぶ)公

 長七郎は栄一の手紙を受けとると、ニコッとしました。
 「さあ、時機到来だ、京都へゆくぞ。」
 長七郎は飛びあがりました。
 長七郎は栄一の手紙を胴巻に入れ、二人の志士をつれだって、三人は京都に急ぎました。
 ところが途中で飛脚風の男がすれちがった瞬間、どうしたことか長七郎は、一刀のもとに、その男を切り倒してしまいました。
 あまりにも見事な早業に、二人の志士はあっけにとられました。
 三人が道中を京都へいそいでいるところ、役人につかまってしまいました。
 三人は、江戸の伝馬町の牢屋に入れられてしまいました。そして栄一の手紙は、役人に取上げられてしまったのです。
 長七郎は牢屋の役人をだまして、栄一と喜作に栄一の手紙が取上げられたいきさつを書いた、手紙を出す事ができました。
 長七郎の手紙を手にした栄一と喜作は「じきに白分たちを捕えに役人がくる。このまま京都にいられない」と思いました。
 どこに逃げたらよいか困りはてている二人のところに、平岡円四郎から呼び出し状がきました。
 平岡は、手紙の一件を二人から聞きました。
 「ここに一つ助かる道がある。本当に一橋家の家来になる事だ。どうだ、慶喜公に仕える気はないか。」
 平岡は、二人にいいました。
 二人は悩みました。
 しかし、一橋家は水戸家につながる尊王の家柄、そこに仕えれば、徳川の内部から討幕の気運を高める事もできる、と栄一は思い、喜作をなだめて、二人は、元治元年(一八六四年)二月、慶喜の家来になったのです。
 そこで牢屋に入れられることから、逃れる事ができました。栄一は二十四歳でした。農民から武士になったのです。
 仕事は奥口番(おくくちばん)、用談所の下働きです。
 慶喜が政局の中心になって活躍しているので、用談所の仕事は、やる気があれば、次から次へと仕事があります。
 栄一は、一所懸命に仕事をしました。
 栄一の仕事ぶりをみていた平岡は「やっぱりわしの見込んだ青年だけある。よく仕事をするわい」と喜んでいました。
 ある日、栄一は平岡の極秘の仕事をする事になりました。
 それは薩摩藩の動きと、その藩で築城法にたけている折田(おりた)という武士を調査する事でした。
 一ヵ月ばかりで、栄一の調査は終わりました。
 折田は弁舌の巧みなわりに築城法の専門知識を持っていないこと、西郷隆盛と文通している事を鼻にかけているがさほど薩摩藩に重じられていないこと、などから一橋家で抱えるほどの人材でない事を栄一は報告しました。
 平岡は、栄一の報告に感心したのです。
 「すばらしい。この青年は、大物になる。」
 平岡は思いました。
 そこでまた大切な使いを栄一に頼みました。
 京都の相国寺にいる西郷隆盛に書面を渡す役です。ただ会うだけでなく話しもしてこいというのです。
 西郷は三十七歳、身分は軍事の司令官、薩摩藩の京都代表でした。
 西郷は時勢の動きを注意深くみつめているときでした。
 西郷は、栄一をみると、
 「いや、ご苦労さんです。サアサア、こちらへどうぞ。」
 人なつこく、栄一を招くのでした。
 二人は、話しがはずんで、お昼になりました。
 西郷は好物の豚鍋を出しました。
 (牛や豚は外国人の食べるもの、日本人が食べるものでない、とその頃の日本人は思っていたのです。)
 それなのに西郷さんが豚を食べるなんて、とても攘夷の人とは思えない、と、栄一は思い、不思議でなりませんでした。
 「同じものば食わんと、外人と戦しても勝目はごわさん。」
 西郷は栄一の顔を見ながら大声で、笑うのでした。
 栄一は、正直にものをいう。西郷も正直にものをいう。二人は、話に夢中になりました。
 「この青年は、観察が鋭い。そして器が大きい人じゃ。」
 西郷は栄一の人柄に、ほれてしまいました。
 「また、会いましょう。おはん、おまえさんが、好きになりもうした。」
 「また、私をご指導ください。」
 と、栄一は西郷にいって別れました。
 その後、栄一は平岡の使いで、諸藩や公家の屋敷に出され、相手の動きもさぐらされました。
 今度は、栄一が計画をたてて「関東人選御用」という仕事で人材を集める事になりました。
 京都から江戸に出て、それからお父さんや妻子のいる血洗島村に立ち寄ろうと思い、密かに一人の使いを出しました。
 使いが戻ってくると、栄一たちを岡部藩が捕えようとしている事がわかりました。
 密かに家族の人たちとは、宿根(しゅくね=深谷市)で、お父さん、妻の千代、娘の歌子に会いました。
 栄一が立派な武士になっているのに、お父さんはうれしく思いました。
 初めて、栄一の武士の姿をみた妻の千代は、びっくりしました。
 武士はいつ主君のために、死ぬかしれません。妻の千代は、その覚悟ができました。
 「時局が混乱している。いつどうなるかわからない。慶喜公のために働きなさい。もう、会えぬかもしれない。」
 お父さんは、涙をおさえて栄一にいいました。
 妻の千代と娘の歌子は、栄一との別れがつらくてつらくて、栄一にいつまでもすがっているのでした。

 栄一が京都に戻ってみると、平岡円四郎は暗殺されていました。
 そして黒川嘉兵衛が一橋の用人筆頭になっていました。
 黒川も栄一と喜作の二人を、大切にしてくれました。
 慶応元年(一八六五年)三月、二十五歳の栄一は、農兵を集める仕事にでかけました。
 栄一の知恵で、予定の約五百人が集まりました。
 栄一は慶喜の前に直接呼び出されて、
 「篤太夫(栄一の武士の名)ご苦労であった。褒美(ほうび)をとらせるぞ。」
 と栄一の苦労を慶喜はねぎらい、ほめたたえました。
 幕末の政治の動きはめまぐるしく、徳川幕府も二度ほど、長州征伐をしました。
 二度めのときには、「勘定組頭」の栄一は「御出陣中、御使番兼帯(けんたい)」を申し渡され、慶喜にしたがって慶応元年(一八六五年)五月、出征しました。
 このとき栄一は、妻の千代に手紙と懐剣を送ったのです。
 出陣するからには戦死しないともかぎりませんので、その遺品だったのです。
 ところが翌慶応二年、大阪城で将軍家茂が急に亡くなり戦争は中止になりました。
 そして、十五代将軍に慶喜がなったのです。
 討幕の一念で、今まで辛抱してきた栄一と喜作は、大変びっくりしました。
 このままだと敵方の幕臣になってしまうのです。
 その政変のまっ最中に、大沢源次郎という幕臣が、薩摩藩の武士と通じあって、陰謀をたくらんでいるという噂がたち、陸軍奉行は、栄一に大沢を捕えて、訊問するように命令を出しました。
 大沢は剣術にたけ、共謀者も武器をもっているといわれましたので、栄一に、新撰組をつける事にしました。
 栄一は隊長の近藤勇に会いました。近藤は副隊長の土方(ひじかた)歳三と五人の隊士を栄一につけました。
 大沢のいるのは寺です。
 寺の門まできました。栄一たちは、ピタリと足音をとめました。
 「まず拙者らが踏込み、大沢をとらえる。そのあと、貴公が奉行の申し渡しを伝えよ。」
 土方歳三が栄一にいいました。
 「それはよくない。まず拙者が踏込み、申し渡しを伝える。」
 「いや、大沢は死にものぐるいで、抵抗してくる。貴公ではあぶない。ここは我々新撰組におまかせを。」
 「今日の役は拙者が正使、貴公らは副使、正使が奉行の命令を伝達しないうちに、副使が先に踏込んでは、役目の筋道が立ちませぬ。」といって、栄一は一人で大沢のいるところに乗込みました。
 「陸軍奉行の名代で参った。」
 栄一は目を鋭くして大沢に伝えた。
 すると大沢は覚悟していたようで、すぐ栄一の申し渡しに従いました。
 「渋沢さんの勇気に感心しました。」土方は栄一にいいました。
 近藤勇もこの話をきいて、
 「渋沢さんの勇気は、役目の筋を通した捨身の姿ですぞ」と近藤勇隊長は隊士たちに語ったそうです。
 本当ならば栄一は、新撰組に斬られていたかもしれません。
 たまたま、慶喜が徳川将軍になったため、幕臣にされていたから助かったのです。
 栄一は幕府の役人を辞めようと考えていました。
 ところが、その年の十一月、慶喜の弟昭武がフランスのパリで開かれる万国博覧会に出席する事になり、そのお供をするようにと、慶喜は栄一に命じました。
 栄一にとっては、全く考えてもいなかった事です。よく考えてみました。
 日本は今、変りつつあると栄一は、肌で感じていました。
 外国をよくみてこないで、ただ外国人を嫌うのは、間違いだと考えました。
 栄一はいつまでも、同じ考えをしている人ではありません。
 自分の考えが狭いと思ったら、すぐ直してゆく人です。
 「パリ?」
 今まで見た事もない外国の町を見られると思うと、栄一の胸は大きくふくらむのでした。

       4 花の都パリヘいく top

 慶応三年(一八六七年)二月十五日、栄一は一行にまじって、横浜港からフランス船「アルヘー号」に乗って、一路パリヘむかいました。
 栄一は二十七歳でした。船の中は快適です。
 初めてコーヒーを飲みました。パンを食べました。バターがでました。西洋料理もでました。
 出されるものは、どれも初めて口にするものばかりでしたが、おいしく食べました。
 「国が変れば、食べものも変るわい。」
 栄一は出されるものがすべてめずらしくて、目をキョロキョロさせました。
 「相手をよくしらないで、軽蔑する事はよくない事だ。」
 栄一は、教えられるような気がしました。

 気の早い栄一は香港についた時には、
 「郷に入れば郷にしたがえ」ということわざのように、栄一は出発するときもらった燕尾(えんび)服と縞のズボン、それに、あわてて買った古い革靴をはいて、デッキに現れました。頭は丁髷(ちょんまげ)です。
 この姿で栄一は得意になって町を歩くつもりでした。
 栄一のおかしな姿をみていた外国人が、ソッと栄一を船室に戻しました。
 「渋沢さん。その服は儀式のとき着るものです。お取換えなさい。」
 外国人は親切に教えてくれました。
 「なるほど、洋服にもふだん着と礼装用とがあるのですか、ありがとう。」
 栄一は、外国人にお礼をいいました。
 香港に上陸して町を見物した栄一の一行は学校、病院、造幣局などをみました。どの建物も、立派でした。
 「外国はすばらしい。学ぶ事がたくさんある。パリにいったら、さぞ文明の香りを、たくさん嗅ぐ事ができるだろう。」
 と、栄一は、感心するばかりです。
 一行はサイゴン、シンガポール、セイロン、アデン、スエズ、マルセイユ、リヨンを経て、パリヘ四月十一日に着きました。 横浜を出てから五十六日めです。


明治初年、このように平気で丁髷に洋服を着た

 パリで万国博覧会の式典に参列しました。
 参列者は各国を代表するえらい人ばかりです。
 ナポレオン三世とも会見しました。
 オペラを見物しました。
 栄一は只々、珍しいものばかりで、ビックリ仰天しました。ただ、ビックリしているだけではありません。
 栄一は、郷里の新五郎に手紙を書きました。
 「西洋の開化文明は、聞いていたより数倍も上で、驚き入るばかりです。
 日本にいては、とても想像もつかないくらいです。
 私は外国に深く接して、よいところを学びとり、わが国のために役立てるよりほかありません。
 このままでは、日本は孤立する事になるのではないかという思いを深くしています。」
 と、栄一は書きだして、パリの街で見たガスと水道と下水道のすばらしい事にふれていました。


パリのガス燈――電気はまだ普及してない

 栄一たちはパリからスイス、オランダ、ベルギー、イタリア、イギリスを訪問しました。
 栄一は、なんでも見てやろうと、元気いっぱいでした。
 この旅行で、いちばん強く栄一の心をとらえたのは、つぎの三つの事でした。
 一つは、パリの銀行家に、肌で株式会社の仕組みを教わった事です。
 銀行や会社が、多くの人からお金を集めて、大きな仕事ができる事です。
 会社が利益をあげると銀行や会社に預けたお金は、預けていた時より増えて預けた人に返ってきます。
 これは、国を豊かにする事になるのです。
 庶務会計係の栄一は、昭武一行のお金をフランスの公債と鉄道会社の公債にかえていました。
 日本に帰る時、公債をお金にかえると、お金はふえていたのです。これには、栄一もびっくりしました。
 栄一は日本に帰ったら、この仕組みをさっそく使ってみようと、心を強くしたのです。
 二つめは、フランスには日本のように武士や役人を大事にして、庶民をいやしく思う官尊民卑がない事でした。
 三つめは、ベルギー国王レオポルド一世の言葉でした。
 「日本は、これから強くなるためには、たくさんの鉄を使わなければなりません。
 私の国は良質の鉄を多くつくっています。だから、あなたの国で鉄を使うときは、ベルギーの鉄を、使ってください。」
 国王が、昭武(あきたけ)に熱心に話していました。
 当時の日本では身分の高い人は、お金のことや商売の事を口にだすと、品位がさがるといわれていたのです。
 ベルギーの国王が、セールスをしているのですから、栄一は考えこんでしまいました。
 しかし、よく考えてみると、国王はその国民を代表しているのだから、国の利益を守り、国が栄えるために力をつくすのが、当然の事でした。
 「ベルギーの国王はえらい。」
 栄一は一人で感心しました。
 栄一がパリにいる時、ついに二六六年続いた徳川幕府が倒れました。
 天皇を中心にする新しい政府が生まれたのです。
 栄一たちは、急いで日本に帰りました。
 明治元年十一月三日に横浜港に着くと、港を支配しているのは、明治政府の役人や兵士なのです。
 一年の間に、ガラッと世の中が変ってしまいました。
 出発した時はたくさんの人が見送ってくれましたが、帰ってくると栄一たちは元幕臣で「朝敵」になっているのです。
 迎えにきた人はほんのわずかでした。
 栄一は人目をさけて、そっと、東京(江戸は東京に地名がかわった)の友達の家で、お父さんと会いました。       新五郎は牢屋から出て、元気にしていましたが長七郎は病死していました。
 喜作は彰義隊にはいり、今は北海道の函館にいるらしく、消息不明でした。
 彰義隊や振武軍(しんぷぐん)に入っていた長七郎の弟、平九郎は、官軍に追われて切腹していました。
 栄一のおさななじみの友達が病死したり、消息不明になって、栄一は寂しく思い、思わず泣いてしまいました。
 お父さんと別れた栄一は、急いで慶喜公のいる静岡へゆきました。
 慶喜は宝台院という寺にとじこもっていました。栄一が寺に入ると、境内には秋の虫がと寂しく鳴いています。
 月が青白く冴(さ)え、寒さが肌にしみてきました。
 栄一は粗末な狭い部屋にとおされました。灯(ほ)の暗い行燈(あんどん)の灯影が、ユラユラゆれているのです。
 お化け屋敷のようです。
 ここに、天下の将軍だった人が住んでいるのかと栄一は思うと、人間の運命はわかるものでないと、つくづく思いました。
 慶喜公は、栄一の恩人です。
 いまは朝敵になっていますが、栄一は、どうしても慶喜公をもう一度、世の中の明るいところに出したいと決心しました。
 慶喜と悲しい対面をして栄一は、別れました。

       5 明治政府の役人になる top

 慶喜は栄一の身を心配して、静岡藩に残って「勘定組頭」という経理の役につけさせました。
 が、栄一は、パリで教わってきた「株式会社」を一日も早くつくりたく、経理の役を辞めました。
 そして慶喜の住んでいる静岡で、「商法会所」という会社をつくりました。
 この会社は商人にお金を貸したりお金を預かったり、米や肥料の売買、製茶、養蚕(ようさん)などにお金を貸す、いまでいう銀行と商事会社を合わせた仕事をするのです。
 会社の資金は、藩から出たお金と個人から出資されたお金です。
 この方法を「合本法」といわれました。半官半民の事業でした。
 明治二年に会社は発足しました。日本で初めての株式会社です。栄一は、その会社を経営する責任者でした。
 ところが、会社が発足したその年の秋、東京の太政官(首相)が栄一を呼び出しました。
 「取引の相談なのかな。」と栄一は、思いました。

 役所にいってみると、「大蔵省租税正に命ず」というのです。
 栄一は税金の事は全く知らない、と断りました。
 すると、大蔵大輔の大隈重信は、
 「静岡藩で、事業をする事もよいが、日本のために仕事のできる渋沢さんを今日本はほしがっているのです。
 慶喜公も、喜んでくれるのではありませんか。」
 新しい日本は、人材をほしがっているというのです。
 「新しい日本が、自分を必要としている。」
 そう思った栄一は、この仕事を引受けて大蔵省の役人になったのです。
 住まいは東京の神田小川町に移しました。
 明治四年(一八七一年)になると、栄一は大蔵大丞(だいじょう=局長)に、位があがりました。
 栄一が三十一歳のときです。
 大蔵省の仕事はすべて大蔵大輔(次官)の井上馨がきりまわし、栄一が、その片腕になっていたのです。
 新政府が明治三年頃から製糸事業のプランをすすめていましたが、熱心な栄一の発言で、明治五年にいよいよ群馬県富岡に西洋式の製糸工場を建てる事になりました。
 工場の指導者にフランス人を雇いました。
 栄一は養蚕の事をよく知っている新五郎に、工場の管理を頼みました。
 工場はすぐにも建つと思っていましたが、地元の人たちの反対にあってしまいました。
 それは、異人(フランス人)を村に入れれば神さまや仏さまの祟(たた)りがあるというのです。
 また、異人の宿舎や異人の息のかかる仕事のために妙義山の木をきれば、山に住んでいる天狗が怒って、村人に祟りがあるというのでした。
 新五郎は「そんな事はないよ」と熱心に村人に説明して、やっと宿舎と工場ができました。
 また、困った事がおきました。
 どうしたことか、工場で働いてくれる女の人が一人も集まらないのです。


明治初期の大蔵省

明治5年、政府が富岡に建てた製糸工場

 「どうしてだろう。」
 新五郎は村人にきいてあるきました。
 あの工場で働くと、生き血をしぼられて死んでしまう、というのです。
 「どうしてか。」と、新五郎は、きいてみました。
 それはフランス人がギヤマン(ガラス)の器で、血を飲んでいるのを見た、というのでした。
 新五郎は一人で大笑いしました。
 その生き血というのは、ブドウ酒の事だったからです。
 そこで、五郎は村人の前で、グラスのブドウ酒をおいしそうに飲んでみせました。
 村人にも飲んでもらいました。やっと村人は、安心しました。

 明治五年のある日、栄一の家に参議筆頭(いまの大臣くらい)の西郷隆盛が、かすりの羽織をはおって藁(わら)草履をはいて、「西郷吉之助と申す者でごわす」と、栄一に会いにきました。
 「しばらくでごわす。また豚鍋をおはんと、食べとうごわす。が、今日はおはんに物を頼みにきたでごわす。」
 二コニコ笑いながらいいました。
 西郷の用件というのは、新しい制度の「廃藩置県」で、相馬藩(福島県)の「興国安民法」という制度が、廃止されては困る、と相馬藩から頼まれてきた、というのです。
 栄一は手にとるようにわかりやすく、この歳入と歳出、そして余剰金の使い方の興国安民法を説明しました。
 そして西郷が、栄一たちが苦心してつくった国の予算案をつぶすような発言を西郷がするので、この事もチクリと刺しました。
 「はて、おいどんは今日、おはんに物を頼みにきたのか、それとも叱られにきたのか……」
 西郷は大笑いして、帰りました。
 西郷は栄一より十三も年上です。西郷は桁外れの人物の大きさと、物事にこだわらない明るい性格が、暖かいあとあじを残す人で、栄一は大好きでした。
 その後のある日の事です。
 政府の予算案を大蔵卿(大蔵大臣)の大久保利通から見せられた大蔵大丞(局長)の栄一は、ムッとなって大久保をにらみかえしました。
 「国の収入も不安定なのに、陸海軍に多額の経費を出しすぎます。」
 栄一はすましてしいる大久保にいいました。
 「陸海軍がどうなっても、いいのか。」と大久保はいいました。
 政府は薩摩と長州の人に牛耳(ぎゅうじ)られていました。予算はこの人たちが、思うようにつくれたのです。
 そのどちらにも縁のない栄一の反対などは問題にしませんでした。
 栄一は役人が嫌になりました。そして役人を辞めました。民間の事業を盛んにしようと決心したからです。
 突然、政府の高官を辞める栄一を世間の人たちは「馬鹿な事をする」と冷たく見ました。
 世間では政府の役人になる事は光栄と思い、商工業者になるのは恥ぐらいに考えていたのです。
 「渋沢栄一は、きっと金儲けがしたくなったのだよ。」と、いう人もいました。
 栄一は事業をするのに、一つの信念を持っていたのです。
 それは事業はあくまで社会のためにします。事業は儲けなければなりません。
 一人だけで儲けないで、多くの人にも儲けさせてあげる。
 儲けた一部のお金は社会福祉事業につぎこむと、栄一は固い信念を持っていたのでした。
 この栄一の信念に先輩や友達は、自分たちの考えを恥じて、賛成し励ましてくれました。

       6 実業界に乗り出す top

 明治六年六月十一日には、第一国立銀行が創立されました。
 場所は今はなくなりましたが日本橋区海運橋のたもと、当時はめずらしかった洋館の立派なものでした。
 資本金は三百万円で、そのうち二百万円を発起人の三井・小野組が引受け、百万円を一般から公募しました。
 そして三井・小野両組の均衡をたもつために。政府の許可をえて両方から頭取、副頭取、支配人を一名ずつ出しました。
 しかし二人の頭取がいては経営上困るので、頭取の上に総監役という役をつくって渋沢がそれにつきました。
 その頃の実業界は、まだ進んでおらず、有能な人物はほとんどいない有様でした。
 世間ではまだ官尊民卑の風習が強く、優秀な人材はほとんど官吏になろうとし、実業界をこころざす人は軽くみられていた時代だからです。


その頃ではめずらしい、資本家三井の5階建ての洋館

 四民平等の時代とはいいながら、商工業者はいぜんとして素(す)町人とよばれて馬鹿にされ、官吏には頭があがりませんでした。
 渋沢はこの実情をみて、いつも「これではいけない」と思っていたのでした。
 人間に階級があってはいけない、役人であろうと町人であろうと、互いに人格を尊重しあわなければならない、と考えていたのでした。
 渋沢はそう考えていましたが、いざ渋沢が官界から実業界へ移るという事が伝わると、先輩や友人などから反対する声が聞かれました。
 「武蔵の農民あがりの渋沢が、大蔵少輔(しょうゆう=局長)にまでなった。やがては大臣になれるかもしれないのに、何を好んで商工業者の仲間入りをするのだろう。渋沢はやはり、名誉や地位よりも、金がもうけたいのだろうか。」
 渋沢のように才能のある人物が、官界を去るのはおしい。
 そして私利私欲にはしりがちな民業にたずさわる事は渋沢のためによくない、と忠告する友だちもいました。
 これにたいし渋沢は、自分の信念によって実業界に入るのだ、という事を、次のように説明しています。
 「ご忠告はありがたいが、いささか信ずるところもありますから、思ったとおりにします。
 渋沢に能力があると認めてくださる事は感謝にたえませんが、もし能力があるとすればなおさら、官界を去る必要があります。
 もし人材がみな官界に集まり、才能のない者ばかりが民業にたずさわるとしたら、どうして一国の健全な発達が望めまし、う。
 実をいうと、官吏は凡人でも勤まるが、商工業者はそうとう才腕のある者でないと務まりません。
 しかし今日の商工業者には実力のある者が少ない。
 これは士農工商という思想のなごりで、政府の役人となる事は光栄と思うが、商工業者たる事に恥を感ずる、この誤った考えを一掃する事が必要です。
 なによりもまず商工業者の実力を養い、その地位と品位を高める事が急務であると考えます。
 民間に品位のある、よく知りよく行なう業者が表われ、経営の任にあたるようにならなければいけません。
 こんな意味で官を辞したのですから、どうぞ私のこころざしを通させてください。」
 金もうけのためには不当なかけひきをする事さえも恥じなかったほどの、当時の商工業者のなかに入って、正義にもとづいた商工業を経営しようというのですから、世間には、
 「渋沢はあんな事をいっているが、実際にその道に入ってみれば、そんな事ができるものではない。」
といってあざ笑う者もいました。
 しかし渋沢の先輩や友人たちは、渋沢の本当の気持ちをよく理解して、実業界に入る事に同意をしてくれました。
 第一国立銀行の業務は、なにしろ日本では初めての銀行なので、世間の人にも中々理解してもらえず、それにもまして肝心の行員すらが、銀行の業務がどんなものかをよく理解していない始末でした。
 そこで、まず行員の指導からはじめなければならないという有様で、その苦心は並大抵の事ではありませんでした。
 また、設立後一年あまりで、大株主である小野組が破産してしまいました。
 しかし渋沢は、いちはやく事前に小野組と交渉して、第一国立銀行への大打撃はまぬがれる事ができました。
 創立そうそうの試練で、渋沢はかなり苦しい立場にたたされましたが、難関をどうやら突破し、さらにこの経験を生かして、貸付金の制度をあらためたり、行員の訓練などを充実して、営業の健全化をはかったのでした。
 こうして明治八年八月、株主総会の決議によって、渋沢は名実ともに第一国立銀行の頭取となり、明治二十九年、国立銀行の期限が満期となったのにともない、引続き株式会社第一銀行を創立しました。
 それが、今日の第一銀行の前身なのです。

       7 東京の商工業発展のために top

 渋沢が実業界に入った明治六年頃、東京会議所というものがありました。
 これは以前に東京営繕会議所といわれていたもので、現在でいえば財団法人のような組織になっていました。
 そして道路や橋の修理、養育院や共同墓地の管理、街燈の管理、商法講習所の事務などを行なっていました。
 これは幕府時代の江戸町会所の後身で、寛政年間(一七八九〜一八〇〇年)、松平定信が老中時代、一種の共同蓄積制度を設けて、これを町会所に保管させていた事に始ります。
 明治五年に町会所が廃止された結果、その共有財産は一時東京府庁が管理していましたが、元来、これは東京市民の共有財産であって、政府が所有すべきものではないという理由で、営繕会議所を設けてその共有財産を引き渡したのでした。


当時の人々の目を見張らせた、赤レンガの東京商業会議所

 渋沢は明治七年に共有金の取締を依頼され、また東京会議所の委員にも任命されました。
 その後、明治九年の初めに規郡が改正され、組織を改めたのを機会に渋沢は会頭に選ばれました。
 しかし東京会議所の業務は非常に広い範囲にわたっており、共有金だけではとうてい将来継続してゆく事が望めず、また府庁の事業と重複する事もあって、明治九年の春、事業いっさいと財産を府庁へ引き渡し、明治十年に解散しました。
 その後共有金の議決などのために総代会議というものができましたが、渋沢には実業家の横の連絡や商工業の発展などを専門的に審議する機関の必要が強く感じられました。
 そこで時の大蔵卿大隈重信や工部卿伊藤博文の賛成をえて、日本橋木挽町(こびきちょう)に東京商法会議所を設立しました。
 会議所内には内国貿易、外国貿易、運輸船舶の三部をおき、その後、工業および長業の二部を加えました。
 渋沢がその会頭に選ばれた事は、いうまでもありません。
 各部の委員には当時民間実業界の第一人者をそろえましたので、有力な商工団体となりました。
 現在の東京商工会議所の始りは、遠く江戸の町会所にあるとみる見方もありますが、その業務内容からみて、本当の商工会議所の興りは、この商法会議所であるとするのがあたっているといえましょう。
 東京商法会議所は、その後順調に発展し、東京市のためにもっとも必要な機関の一つとなりました。
 また時代の歩みとともに東京商法会議所の名さえも変わり、東京商工会、東京商業会議所などをへて、現在の東京商工会議所となったのです。               ゛
 渋沢は東京会議所の、明治九年(一八七六)一月の設立のときに会頭となり、東京商法会議所、東京商工会、そして明治三十八年(一九〇五)二月、東京商業会議所にいたる期間、実に二十九年の長いあいだ、会頭の地位にありました。
 その意味から、渋沢は東京の商工業発展の基礎を築くうえで、大きな力をつくした人であるといえます。

       8 実業教育に力をつくす top

 明治五年に学制が公布され、全国に小学校ができる事になりましたが、初めのうちは小学校といっても寺子屋式のものが多く、教育の内容は、いまとくらべると非常に貧弱なものでした。
 その当時には実業教育などというものは、全くかえりみられていませんでした。
 ただかえりみられないばかりでなく、商人には学問は不必要だというので、商人でありながら学問などしていると、嫌われたほどでした。
 渋沢が幼い頃は、教育はほとんど漢文をもとにしたもので、四書五経によって、「修身」「斉家(せいか=家を治めること)」「治国」「平天下」を四つの目標として学びました。
 政治方面の教育はいくぶん発達していましたが、生物、化学などは全くありません。
 支配階級である武士は、生産の事については少しも心を配(くば)らず、ただ人のつくったものを徴収すればよい、という考え方をしていました。
 渋沢はもちろん、自分では実業教育は何も受けませんでしたが、フランスにいって、ヨーロッパ諸国をまわってみたとき、西欧の国々は驚くほど商工業が発達しており、学問研究も進んでいる事を身にしみて感じたのです。
 それにくらべて日本の商工業の力のあまりの貧弱さも痛感したのでした。
 そして日本の国を豊かにするには、政治の事ももちろん必要ですが、まず西欧の進んだ制度や技術を輸入して、商工業をさかんにする事だと考えたのです。
 渋沢が官界から実業界へ転じた動機はここにありました。
 しかし、一般商工業者は単に金さえもうければよいと考えていて、実業教育の必要を説く人はほとんどありませんでした。
 渋沢は西欧で実際に見聞きした経験から、どうしても商業教育を進めなければならないと考えていたのです。
 明治七年の事です。当時アメリカ合衆国に滞在していた森有礼(もりありのり)から、東京府知事大久保一翁(いちおう=勝海舟を育てた人)あてに、
 「アメリカの実業教育は想像以上にさかんである。日本にビジネス・スクールを建てたいと思うから協力してもらいたい。」という手紙が届きました。
 しかし東京府には資金がありませんので、大久保知事は渋沢をたずねて、旧幕府時代から蓄積してある共有金を使ってビジネス・スクールを建ててはどうか、と相談したのでした。
 共有金は東京会議所が引きついで保管しているので、このうちから必要な資金の一部を支出する事にし、他の資金と合わせて翌明治八年夏、京橋の尾張町に「商法講習所」という小さな学校を開き、商業教育に経験あるアメリカ人教師、ホイットニーをやとって授業を始めました。
 学校というよりは家塾といった方がふさわしいような小さなもので、生徒は三十人たらずですが、これがともかく日本で商業教育専門の最初の学校となりました。
 経費の関係で講習所は府立とする事ができませんでしたが、東京会議所と東京府が経営の世話をしていました。
 小規模ながらも、わが国初めての商業教育はようやく芽をふき、将来の実績が期待されていたのですが、明治十二年の春、このままでは経営できないほど、大きな傷手をうける事になりました。
 それは東京府会に商法講習所の経費として五千円の要求をだしたのにたいし、これが半額に削られてしまったからです。
 府会議員をはじめ一般の人々が実業教育の重要性にたいして理解が薄かったからでした。
 渋沢は『せっかく伸びかかった教育の芽をつんでしまうのにしのびず、友人知人をまわって寄付金を集め、経営に必要な不足分をおぎないました。
 ところが商業教育にほとんど理解のない府会議員は、明治十四年、ついに商法講習所は不要であるとして、経費全額を否決してしまいました。
 今度は廃校の決議をしたのですから、どうにも手のつけようがありません。
 しかし渋沢は、どうにかしてこれを続けようと思い、政府の要人に会って説明し、農商務省にたいしては補助金の交付を願うための建議書を提出しました。
 そしてこれが受入れられ、約一万円の補助金の支出が認められたため、かろうじて講習所は継続する事ができました。
 農商務省からの補助金によって、一時しのぎはできたものの、いつまでもこのままでは安心して経営ができません。
 もっとしっかりした経営の基礎をつくらなければなりません。

 そこで渋沢は東京市内の有力者をまわって寄付金を集めて財政の基礎を固めると同時に、この際、官営(国で経営する)による学校にするのが適当であると考えたのでした。
 そして、関係者にその考えを説いた処、さいわいこの意見に賛成する人が多く、また宮内省からも基金の提供があって、明治十七年の春、農商務省直轄の学校にする事ができました。
 そして名前も、「東京商業学校」と改められました。
 その後、この学校設立の発案者であった森有礼(もりありのり)が文部大臣になって、ますます学校の経営は充実しました。
 そして農商務省から文部省が管理するようになり、神田一橋に新校舎を建て、経費も大幅に認められ名実ともに官立学校となりました。
 その後「東京高等商業学校」と名を変え、さらに「東京商科大学」へと発展しました。
 現在の「一橋大学」はこのような過程をたどって生まれたのです。


我国最初の商業専門学校、東京高等商業学校

 商法講習所として、日本で初めての商工業教育専門の学校創立のときから、渋沢はその相談にのり、経営の責任を負って、いくたびかの難関を乗り越えて自分の信念によってこれを育ててきたのでした。
 今日の国立一橋大学の歴史のうえで、渋沢のはたした先駆的役割は大きいばかりでなく、ひいては日本の実業教育発展のうえで、渋沢の存在を忘れる事はできないでしょう。

     9 東京市養育院そだての親 top

 徳川十一代将軍家斉(いえなり)時代の老中だった松平定信が、共同蓄積制度を設けた事はまえに記しました。
 これは江戸の町政を改革して町費を節約し、あまった金を積み立てていたものです。
 そして、これで困った人たちを助けたりしていました。
 明治の初め頃、新政府ができた当初は、幕府がたおれたあとの混乱で、市中には働く職がなく、食べる物もない人が大勢いて、政府の頭痛の種となっていました。
 そこで明治六年二月、東京府ではこの金をもとにして上野の護国院の建物を購入し、市内にさまよう老人や子供、あるいは手足の不自由な者、百四十人あまりを収容しました。
 そしてこれを東京府養育院と名づけました。
 明治七年、当時三十五歳の渋沢は、その若さで東京府からの依頼を受けて、養育院長の椅子にすわる事になりました。
 そして渋沢は、金もうけにも権力にも通じない、このような仕事に、実に献身的にうちこんだのです。


渋沢が院長となった養育院

 渋沢は九十二歳でこの世を去るまで、千百以上の事業に関係しましたが、そのなかでもっとも力を入れたものの一つが養育院の仕事ではなかったかと思われます。
 三十五歳のときから死ぬまでの五十七年間、渋沢が養育院長の責任の地位にあった事をみても、この仕事にいかに熱意を示していたか、うかがわれるでしょう。
 養育院の事業には、とくに経験をもっていたわけではありませんが、渋沢は以前から社会政策として、この事業はぜひ発展させなければならないと考えていました。
 それでなくても忙しい体です。
 養育院の仕事に関係する事が、どんなに不利なことかはわかっていたのですが、社会のためと思って、進んで院長の役を引受けたのです。
 そして、実地視察のため、さっそく上野の収容所へいってみました。
 ところがその有様は、まことにひどいものでした。
 その施設はまだできたばかりで、予算も十分でないため、やむをえない点もあったでしょうが、なにしろ風癲(ふうてん)、精神病者、発狂者などが一つの部屋に雑居しており、乱雑きわまる有様でした。
 いかに無料で収容しているとはいえ、これでは余りにもひどすぎます。
 渋沢は考えてしまいました。
 そして、収容されている者を子供、老人、それに病気で生活できない者の三種類に分け、働ける者には職業をあたえるようにし、子供には教育をする事にしました。
 事に子供については注意をはらって、いろいろ研究しました。
 というわけは養育院に収容される子供の大部分は捨て子なので、一般の子供よりも発育が悪く、活発さもなく、見るからに憂鬱そうでした。
 その原因はなにか、と考えたのですが、結局、一般の家庭で育った子供にくらべて、自分の欲望をうったえる相手がなく、甘える人もいないので、しぜんに行動が暗くなり、寂しい気持ちになってしまうのだ、という事がわかりました。
 そこで、子供をのびのびとした気持ちにさせ、体の発育をよくするには、なによりも家庭で生活するような環境をつくる事が必要であると考えました。
 その結果、書記の一人に父親の役目をするように命じ、毎日その書記が煎餅(せんべい)や薩摩芋もを自分の手から子供にあたえるようにして、子供を近づかせたのです。
 こうしてみると、中々成績がよく、今まで暗い気持ちだった子供がしだいに明るくなり、発育もよくなりました。
 子供はその係りの者を自分の父親のように思い、尊敬し、うれしい時も悲しい時も気軽に話しかけるようになりました。
 設立当初は規模も小さく収容人数も少なかったのが、その後収容者が増加し、上野の収容所では狭くなったので、明治十四年には外神田和泉(いずみ)町に移しました。
 ところがその翌年の東京府会では養育院を廃止した方がよいという意見がでて、多くの議員がそれに賛成する気配が強くなりました。
 その時の廃止論者は、
 「養育院のような慈善事業は、働かなくても生きられるので、怠け者をつくる事になる。だから社会に有害だ。」というのです。
 このような事業にお金を使うよりは、もっと有用な仕事に使った方がよい、という意見でした。
 これを聞いた渋沢は、議員の一人一人をたずねて、
 「いま収容されている人は、本当にみじめな者ばかりで、怠け者はいない。身寄りのない老人や捨て子などは、慈善事業で救わなければ社会のためによくない。」と説いてまわりました。
 しかし渋沢の努力もむなしく、明治十六年の府会では、ついに養育院を閉鎖する決議をしてしまいました。        とは言ってもも、いっぺんに収容者を街に投げだすわけにもいきませんから、今後新しい収容者はふやさない。
 そしてすでに収容している者はなるべく多く外へだして人数を減らし、経費を節約するという事にしました。
 そのようにして明治十八年には約百五十人くらいに減らしましたが、残った人々のほとんどが、体が不自由だったり老人だったり幼児だったりで、養育院が廃止になったからといってすぐ街に放り出すわけにはいきません。
 そこで渋沢は関係者と何度も相談をしました。
 その結果、府会では和泉町の養育院の土地を売りはらう事にしていたので、その代金を養育院の費用のために提供してもらうというところにこぎつけました。
 それに民間の寄付金を合わせて、本所長岡町に建物を買い、東京府から独立して運営する事にきめました。
 こうした渋沢の熱心な運動は理解されて、養育院にたいする同情が意外に多く現れました。
 上流婦人たちの有志によって、養育院婦人慈善会が設けられ、鹿鳴館(ろくめいかん)、華族会館、あるいは歌舞伎座などで毎年募金のためのバザーが開かれ、それらの金は全部、養育院に寄付されました。
 このほかにも養育院慈善会が組織されて、養育院の事業を大いに援助しました。
 その後明治二十二年になって東京市に自治制がしかれたのを機会に、その翌年、養育院の事業は東京市が管理する事になりました。
 いくたびかその灯火(ともしび)を消されようとした東京の養育院の事業は、このように多くの人の善意によって支えられ、難関をのりこえてきたのですが、その歩みのなかには、いつも渋沢の、社会のためにつくすという力強い信念が大黒柱となっていました。
 半世紀以上もの長いあいだ養育院の院長として力をつくしてきた渋沢は、社会事業にたいして、深い考えをもっていました。 「世間一般の人のなかには、慈善事業というものは、怠け者をふやす事になる、と考える者がいる。
 不幸な人々のなかには思いがけない災害に会った者もいれば、怠けていて貧乏になった者もいる。
 それらをすべて一緒に考えて、貧乏になったら誰かが救ってくれるから心配いらない、というのでは、働くのが嫌いな者は、すぐ怠けぐせをだして他人を頼りにするようになる。
 すると、一所懸命働いている人が馬鹿をみる。それでは社会全体の発展をさまたげるから、慈善事業には反対だ、という。
 しかし、子供が井戸に落ちたのを見て、救わないでいられるだろうか。
 人間はもともと平等なのに、一方では腹いっぱいおいしい物を食べてもなお余裕があるのに、一方では食べる物がなくて苦しんでいる、という事があっていいのだろうか。
 また、社会全体からみると、貧乏のために社会に害悪を及ぼすおそれのある者は、あまり悪くならないうちに救ってあげなければならない。
 それは同情心や博愛主義からばかりでなく、社会の安全のうえから必要な事でもある。
 犯罪の統計をみると、その原因は大部分貧乏からきている。
 その証拠には、お米の値段があがると犯罪がふえる。それは生活が苦しくなるからである。
 だから、犯罪は社会がつくりだすものである。
 そして、ひとたび犯罪がおこると、罪人は中々もとに戻らず、警察や監獄の負担にもなる。
 だから、慈善事業を起こして、罪人をださないようにする事は、道徳のうえからも社会政策のうえからも得策である。」
 渋沢はこのように慈善事業を、宗教や道徳の問題とばかり考えずに、社会全体のそろばんの上にのせて考えていました。
 渋沢栄一が死んだとき、東京市公会堂でもよおされた追悼(ついとう)会の席で、当時の東京市長永田秀次郎が語った話に、次のようなものがあります。
 「飛鳥山(あすかやま=渋沢の住んでいたところ)のおじいさんは、東京市のなすべき養育院の仕事を、東京市に代わって、東京市などにはできない、ゆきとどいた親切さで、半世紀以上も面倒をみてくださいました。
 いまさら東京市がお礼をいうのもおかしいほど、養育院はおじいさんの手塩にかけた、おじいさんの仕事になっていました。
 確かそれは、おじいさんの最後のお正月でした。
 おじいさんは養育院の院児に次のような話をしましたが、さすがに実業界の先達(せんだつ)だけあって、数字入りのおもしろい話でした。
 『新年おめでとうございます。皆さんも私もまた新しく年をとりました。
 しかし、皆さんのとった年と、私のとった年とでは、同じ一年でも大変に値打が違います。
 皆さんはやっと十二、三ぐらいでしょう。ところが私はもう九十以上です。
 だから同じ一年でも、私には九十分の一の値打ちしかありませんが、皆さんには十二分の一の値打があるわけです。
 だから皆さんは、私よりも、それだけ一年を大事に使わなければなりません。』と。」
 この言葉は、渋沢栄一の物事の考え方を非常によく表わしているように思えます。

       10 東京の水道・ガス・電気の恩人 top

 東京市営の水道は明治二十二年(一八八九)に計画されました。
 そして、淀橋(よどばし)浄水場(現新宿西口超高層ビル街)の工事は二十五年から着手され、六か年の歳月を費やして東京の一部に通水され始めました。
 渋沢は、この東京の水道とは深い関係をもっています。
 明治二十二年に東京市制がしかねてから、渋沢は市参事会員でした。
 彼は、公衆衛生を保護するためには、どうしても上水道の設備を整えなければならないと考え、水道調査会を組織して研究調査を進めました。
 このためには私費を使ったほどで、もし東京市が市営の水道をつくる意志がなければ、会社組織にして水道経営をやり、公衆衛生のためにつくそうと考えていたのです。
 さいわい市営で水道をひく事にはきまったのですが、その時、国内で作った鉄管を使うか、それとも輸入品を使うかで意見、か分かれてしまいました。
 当時の日本の工業水準では、品質のよい鉄管をつくる能力がありませんでした。
 元々鉄道をつくるにもガスをひくにも、最初は外国製の材料を使って、外国人の技師を招いて工事を進めたものなのです。
 この事情を知っている渋沢は、東京市の水道管敷設工事も、計画どおり完成するためには、まず外国製の鉄管を使って行ない、それから、だんだんに日本の技術を高めてゆく事がよいと考えたのでした。
 ところが渋沢のこの意見に反対して、あくまでも国産品でまかなおうとする人たちがいました。


淀橋(よどばし)浄水場

 賛成、反対の議論のすえ、結局、渋沢の意見はいれられず、国産品を使うということに決められてしまいました。
 そこで国産品をすすめた雨宮敬次郎、浜野茂らは、水道用鉄管をつくるために新しく工場を建てて、急いで生産を開始したのに、予定より遅れて納品しました。
 そのうえ技術が未熟ですから、生産の途中で不良品がかなり出たのも当然です。
 けれどもすでに期限に遅れた事もあってか、不良品とわかっておりながら、どうせ地下へ埋めてしまえばわからない、といって納品をしてしまったのです。
 この事があとでわかり、不正事件として警察で調べられ、鉄管会社の社長らをはじめ、市会議員までも監獄に入れられるという問題を起こしてしまいました。
 その後、市内のあちこちで鉄管が破裂して、道路を掘りかえし、外国製品と取換える始末となりました。
 その手数、費用がかさみ、そのうえに全市の混雑は大変なもので、市会にたいする東京市民の非難はゴウゴウたるものでした。
 それにつけても、渋沢の予想の確かな事は驚くべきもので、多くの人々から讃(たた)えられました。

 東京のガスは、水道よりも、ずっと古い歴史をもっています。
 ガスの機械を外国から輸入したのは明治四年頃の事で、時の東京府知事由利公正(ゆりきみまさ)がガス燈を街につけようと計画して輸入したものですが、その後この計画は変更になり、機械は深川の倉庫に入れられてしまいました。
 ところが明治六年になって、市内にガス燈をともして街を明るくしようという意見が東京営繕会議所のなかにでて、以前に輸入した機械を使う事になりました。
 そしてフランス人技師をよんで設計してもらい、明治七年の末にガス製造事業が始められたのです。
 ですから東京のガス事業は、いまのように家庭用の燃料に使うために始められたのでなく、街を明るくするガス燈をともすためのものだったのでした。
 製造事業が始められた当初から、その経営は東京営繕会議所が行なっていた関係で、この方も渋沢と関係をもっていたわけです。


日本のガス事業はガス燈から始まった。銀座を明るくしたガス燈

 その後東京府が直営する事になると、明治八年、渋沢は東京府ガス局長を命ぜられました。
 発足まもないガス事業は規模が小さく、ガス料金が高いので一般にはあまり普及しませんでした。
 そこで渋沢は機械を大型にし、大量に安く供給して、その普及に努めました。
 しかし街燈のガス使用料は、道路に面した商人と地主が半々に負担する事になっていたのですが、徴収がうまくゆかず、成績があがりません。
 また一般家庭への普及も進まず、経営はうまくいきません。
 いろいろな手を使って普及しようとしましたが、伸びなやみ、経営は赤字を増すばかりでした。
 そして、とうとう東京府直営事業としてはやってゆけなくなったので、民営事業に移してはどうか、という意見が高まりました。

 電気事業は、欧米の国々のように日本にもそのうちにできるだろうから、そうなったらガス事業は滅びてしまうだろう。 
 だから、前途の見込みのないガス事業を東京府が直営でやるのはよくない。
 赤字があまり大きくならないうちに、はやく民間に払い下げてしまった方がよい、というものです。
 渋沢はこの意見に反対しました。
 「ガス事業には十年近くも苦労してきたが、まだ利益をあげる事ができない。
 しかし需要が少しずつふえているのだから、これから二、三年もすれば、かなりな利益をあげる事ができる。」
という自信があったのです。
 民営に移す事には賛成するけれども、いますぐ払い下げするのは捨て値で売るようなものです。
 経営がよくなってから売れば、よい条件で売れるはずです。


ガス燈にかわって進出したアーク燈。
あまりの明るさに人々はびっくりした。

 結局今度は渋沢の考えがとおって、すぐ払い下げするのを止めて、二、三年延期する事になりました。
 渋沢はガス局長をしていましたが、別に東京府から給料をもらっているわけではありませんでしたから、私利私欲でものをいっているわけではなかったのです。
 それは東京府へかける損失をなるべく少なくしたいと考えると同時に、東京府の基礎をしっかりと固めたいと思ったからでした。
 そして、生活に必要なガスなどは、安く生産して多くの人に利用してもらいたいと、一層の努力をしました。
 そのせいか、このガス事業も経営がよくなり、しだいに利益を生むようになったので、やっと民間に払い下げる事になりました。
 しかし、払い下げたとはいえ、せっかく軌道にのりかけたばかりのガス事業ですから、中途で破滅しては、今までの苦労が無になってしまいます。
 そこで大倉喜八郎や浅野総一郎らと相談した結果、やはり渋沢が中心となってガス事業を続けていく事になりました。
 このようにして明治十八年十月に、東京瓦斯会社が誕生しました。
 日本のガス事業は、このように渋沢の力が大いに預かって始められたわけですが、電気事業の方はこれよりずっとのちの事でした。
 エジソンが白熱電燈を発明したのが一八七九年(明治十二)の事で、アメリカで中央発電所とエジソン電燈会社が設立されたのが一八八二年(明治十五)ですから、日本ではそれより遅れた事は確かです。
 渋沢は大倉喜八郎らと相談して東京にも電気事業を始めようとしました。
 しかしまだガス燈すらあまり普及していなかった頃ですから、一般には電気は恐いものだという事しか知られていませんでした。
 そこで、まず電燈がどんなにすばらしいものであるかを知らせなければいけないという事になり、明治十五年に銀座通りにあった大倉組の店先に非常に明るいアーク燈をつけて実物宣伝をしてみました。
 するとその明るさに驚いた市民たちは、すっかり胆(きも)をつぶし、非常な評判になって、毎晩見物人でごったがえすような事になりました。
 明治十九年七月に東京電燈株式会社が創立され、明治二十年一月、初めて東京市中に電燈が灯(とも)されたのでした。

      11 党員も嫌、大蔵大臣も断る top

 飛鳥(あすか)山にある渋沢の別荘には「瞹依村荘(あいいそんそう)」という名がついていました。
 それは中国の詩人、陶淵明(とうえんめい)の詩「田園の居に帰る」の中にある「瞹々(あいあい)たり遠人の村、依々(いい)たり墟里(きょり)の烟(けむり)」から取ったものです。
 ぼんやりうすれてみえる遠い村から、ゆらゆらとたちのぼる煙を眺めて謳(うた)った言葉です。
 渋沢は小さいとき漢学をみっちりと勉強したので、このようなところにもその知識が表われています。
 一方、渋沢の別荘からみる隅田川上流の水田や森は、ちょうどこの詩のような眺めでした。
 いまの東京から考えるとまるで夢のような静かな環境だったのです。
 ところが、王子駅を中心として王子製紙など大きな工場が集まってきて、だんだん別荘からの眺めを、煙突の林にしてしまいました。

飛鳥山の別荘と、晩年の渋沢栄一

 モウモウたる煙突の煙は別荘の木を枯らし、部屋の中にも入り込んで、足袋の裏をまっ黒にしてしまいます。
 たまらなくなって家の者が不平をいうと、渋沢はよくこういって笑っていました。
 「どうも、わしが骨折って建てた会社ばかりだから、いくら煙をだされても、文句はいえんね。」
 王子製紙は、渋沢が生みの親だったのです。
 その近くにも彼の関係した会社がいくつかあって、黒い煙をモクモクと吐いていたのですから、文句はいえないわけです。 (明治維新後の東京の工業化が、如何に早かったがわかる)
 伊藤博文が明治三十三年に立憲政友会を組織したとき、渋沢は覚書を寄せてそれに賛成をしました。
 ところが、伊藤が渋沢に入党させようと勧めても、渋沢はどうしても承知しません。
 伊藤が腹をたてて、
 「君、覚書にまで署名しながら、いまさら党員にならぬとは不親切きわまる。我が輩を売るようなものだ。」
というと、渋沢はそれにこたえていいました。
 「それはちがいます。賛成するのと政党に入るのとは別問題です。
 私は役者として舞台には立たないが、見物人として喝釆はします、という意味です。」
 「では、単なる党員になるのはよかろう。」
 「そうはゆきません。私だって党員になるからには、馬の脚は嫌です。
 といってなにか役につけば、現在の仕事と両立しません。これだけはご免こうむります。」
 「三十年も親交を続けてきたのに、君みたいな薄情な男はいない。」
 伊藤はひどく怒りましたが、渋沢は最後まで断り続けました。
 明治三十三年五月、渋沢に男爵(だんしゃく)がさずけられました。
 この「爵」の制度は太平洋戦争後廃止されましたが、民間人でこの称号を受けられるというのは、よほど国家に大きな貢献をしたと認められた人だけでした。
 その翌年伊藤博文と山県有朋が井上薫に総理大臣になるように勧めたとき、井上は、渋沢栄一が大蔵大臣を引受けるならやってみょう、と答えました。
 そこで伊藤と山県は渋沢に会って大蔵大臣になってもらいたい、と何度も頼みました。
 しかし渋沢はどうしても引受けません。そのために井上内閣はとうとう成立しませんでした。
 このように渋沢はどんなに頼まれても政治の世界へは入らなかったのです。
 それは渋沢が、自分は民間事業の振興に全力をそそがなければならない、と心に固くきめていたからです。
 渋沢は明治三十五年(一九〇二)、数人の人々とヨーロッパ、アメリカに出かけました。
 初めて見るアメリカの国の広い事や、商業、工業、農業が進歩している事にあらためて驚きました。
 その時首都ワシントンのホワイトハウスで第二十六代大統領セオドル・ルーズペルトに会見しました。
 四十五歳の若い大統領は渋沢に向かって、「日本の美術と陸軍はすばらしい」とほめたのです。
 すると渋沢は笑いながら、ユーモラスな調子で答えるのでした。
 「大統領から、日本の美術と軍隊をほめていただいて喜びにたえませんが、実業家の私としては、失礼ですが少しものたりなく思います。
 日本の商工業が美術や軍隊より劣っているように受取れるからです。
 これから一層努力して、今度お会いするときは、商工業もほめていただけるようにしましょう。」
 ルーズベルト大統領はニッコリして、同感の意を表わしました。当時渋沢は、東京商業会議所の会頭だったのです。
 それから十三年後の大正四年に、渋沢は三度めのアメリカ訪問をしました。
 その時ルーズベルトは、ニューヨーク郊外のオイスター・ペイの私邸に渋沢を招待して、昼食をごちそうしてくれました。
 その席で渋沢が十三年前の昔話をもちだした処、ルーズベルトもよく覚えていて、笑いながら、
 「今日は私も日本の商工業を大いにほめますよ。」
といいました。日本の実業界を築きあげた人として、栄一の面目をほどこした一幕でした。
 渋沢は七十歳になったのを機会に、それまで関係していた会社から身をひきました。
 その時、辞任した会社は、東京瓦斯、東京石川島造船所、東京人造肥料、帝国ホテル、東京製鋼、日本郵船、浅野セメントなど、合計五十九社でした。
 そして、辞めさせてもらえなかった実業関係の会社は第一銀行、東京貯蓄銀行、帝国劇場、東京銀行集会所、銀行倶楽部など七つ、公共関係では東京市養育院、東京慈恵会、東京高等商業学校、日本女子教育奨励会、日本女子大学、早稲田大学など十七団体でした。
 しかし七十七歳のときには実業界からは完全に引退しました。
 ただし公共的な団体への働きは続けていました。
 渋沢が関係した会社の数は、大小合わせて五百あまり、公共的な団体は六百を越えるといわれ、どの事業にも成功していますが、渋沢は事業を始めるときに、次の四つを基準にしていました。
 一、道理正しいかどうか。
 二、時運に適しているかどうか(その時代に合っているかどうか)
 三、人の和をえているかどうか。
 四、己(おのれ)の分にふさわしいかどうか。
 わが国が近代国家として生まれでようとする時代に育ち、時代の求めるものを自分で求め、社会の必要なものを自分でつくりあげてきた渋沢は、まさに時代の生んだ一大実業家といえるでしょうが、この四つの基準は苦闘のなかからみずから学んだ教訓だったようです。
 このように書いてくると、渋沢栄一こそ、今日の東京の繁栄の礎を築いた大黒柱といってよいでしょう。
 もし東京百年の後半ともいうべき昭和の時代にこの人がいたら、東京の姿、いや日本のありかたも、あるいは変わっていたかもしれません。
 こうして数々のすばらしい仕事を残し、渋沢栄一は昭和六年(一九三一)十一月十一日、九十二歳の長寿をまっとうしたのでした。

top
****************************************