****************************************
HOME ミッドウェイ ガダルカナル ニューギニア インパール ラバウル タラワ サイパン フィリッピン 硫黄島 沖縄

玉砕の島・サイパン
(ロバート・シャーロッド著 中野五郎著 光文社 昭和26(1951)年刊)

 写真集
 日本人向けの序文
 原著の序文(省略)
第一章 勝利への大道(省略)
第二章 敵・日本軍の性質
第三章 マリアナ諸島を目ざして(省略)
第四章 サイパン島へ進攻(省略)
第五章 犠牲増大(省略)
第六章 サイパン島の半ばを占めて(省略)
第七準 準決勝戦(省略)
第八章 最後のバンザイ突撃
 訳者のあとがき
 付録・各戦場での日米死傷者表

写真集


 サイパン島を目指して
 一九四四年(昭和十九年)六月十五日、ついにサイパン島を目指して総員上陸の命令下る、意気軒昂たる海兵部隊は軍隊輸送船の舷側より繩網をつたって続々、上陸用舟艇に移乗しサイパン島海岸ヘ(アメリカ海兵隊戦闘写真班撮影)


 サイパン島上陸の朝
サイパン島上陸のD日の朝はあけてさんさんたる陽光をあびて、ホッと一いきついた上陸第一歩の海兵降勇士たち(アメリカ海兵隊戦闘写真班ローイ・E・オーランド軍曹撮影)

 サイパン島に挺身上陸
サイパン島海岸に挺身上陸した海兵部隊の第一次挺身上陸隊は、日本軍のものすごい銃砲火の雨をあびて前進をはばまれ、全員身を伏せて浜辺に釘づけにされている(アメリカ海兵隊戦闘写真班撮影)

 前進突撃用意!
サイパン島攻略戦にはじめて参加した黒人海兵部隊が海岸に上陸直後、いよいよ日本軍陣地を目がけて前進突撃の命令を待つ光景(アメリカ海兵隊戦闘写真班撮影)

 道路上の砲撃
 海兵隊の三十七ミリ砲一門がサイパン島の主要道路に構築された日本軍陣地を目がけて猛攻中の光景、大砲の防楯に点々とあいた孔は、日本軍の弾丸が命中貫徹したものである(アメリカ海兵隊戦闘写真アンガス・ロバートソン伍
長撮影)

 日本軍の迫撃砲を利用
海兵部隊はサイパン島攻略戦で、日本軍の山岳戦用の迫撃砲多数を捕獲し、島都ガラパンの攻撃には皮肉にもそれが一役
を買った。日本軍の迫撃砲を発射するアメリカ海兵の一隊(アメリカ海兵隊戦闘写真班アンガス・ロバートソン伍長撮影)

 迫撃砲隊の奪戦
ガラパンの町附近の砂糖黍畑の中に陣取った海兵隊の迫撃砲隊が、日本軍陣地を目がけて砲撃中の光景(アメリカ海兵隊戦闘写真班アンガス・ロバートソン伍長撮影)

 ガラパンの町に突入
炎上するガラパンの町へ突入する海兵隊の歩兵部隊(アメリカ海兵隊戦闘写真班撮影)

 炎上する島都ガラパン
サイパン島の行政中心地ガラパンの町の攻防戦はものすごい市街戦を現出した。それはアメリカ海兵隊の遭遇した太平洋戦争最初の市街戦として注目された。火焔放射器をたずさえた二名の海兵が日本軍の狙撃兵の充満した潜伏家屋を片っぱしから焼きはらっている光景(アメリカ海兵隊戦闘写真班クリッフォード・G・ジョリー伍長撮影)

 瀕死の負傷兵に輸血手当
激戦の前線より後送されるアメリカ軍の負傷兵の数は日毎に増大していったが、アメリカ本土より遥々、数千哩を越えて送られた血液によって多数の負傷兵は輸血手当を受け辛うじて死の運命より救われた(アメリカ海兵隊戦闘写真班撮影)

 ガラパンの町の市街戦
サイパンの島都ガラパンの町で、日本軍が遺棄した一台のトラックの陰に隠れた海兵隊の機関銃隊が廃墟の中に立てこもる日本軍と激戦の風景

 中隊戦斗指揮所にて 
廃墟と化したサイパン島都ガラパンの町の一角に陣どった海兵隊の先遣中隊の戦闘指揮所。数本の有線電話と携帯用無線電話を使用して前線ならびに大隊本部と通信連絡をしている(アメリカ海兵隊戦闘写真班撮影)

 七月十日のサイパン島にて
アメリカ艦隊の艦砲射撃で大破した日本人経営の精糖工場前を行進する新鋭の海兵隊増援部隊 (アメリカ海兵隊戦闘写真班撮影)

 サイパン島奥地の偵察行
雑草生いしげるサイパン島の谷間を分け入って、日本軍の通信用電線をたどりながら奥地へ進むアメリカ軍の斥候隊(アメリカ海兵隊戦闘写真班E・G・ウィルバート伍長撮影)

 日本軍陣地を目かけて
惨憺たる戦線を突破して、日本軍陣地に肉迫した海兵隊の挺身突撃隊が眼前の敵陣目がけて手榴弾を投げこんでいる光景(アメリカ海兵隊戦闘写真班アンガス・ロバートソン伍長撮影)

 日本軍の掃蕩戦
サイパン島の運命はすでに決したが、日本軍は島内の奥深く潜伏して玉砕的抗戦な続けた。アメリカ第二海兵師団は全力をあげて、全島の日本軍の潜伏しそうなありとあらゆる洞窟、峡谷、掩蔽壕に強烈な爆薬を投じて爆破し、日本軍の徹底的掃蕩を企てた(アメリカ海兵隊戦闘写真班ロパート・B・オッパー軍曹撮影)

 日本兵の最期
 島内の奥深く潜伏する日本軍の敗残兵を掃討するため、海兵の一隊は強烈な爆薬と火炎放射器を使用して前進してゆく。突如、一名の日本兵が密林の中より躍り出したところを待ち構えた海兵の小銃の一斉射撃でたちまち射ち殺されてしまった。(アメリカ海兵隊戦闘写真班撮影)

 日本軍の狙撃兵と対峙
島内の奥深く林の中や藪の下にかくれて執拗に反撃する日本軍の狙撃兵の出現を待ちかまえて、砲弾の穴の中に籠り数ヶ日分の戦闘用の弾薬と携帯口糧をそなえて、常に小銃の引き金に手をかけながら、じっと前方の様子をうかがっている海兵
(アメリカ海兵隊戦闘写真班ウォーネック上等兵撮影)

 サイパン島北部へ進撃
荒涼たる島の北部地域に立てこもった日本軍の陣地を目指して砂地の峡谷を突進する海兵。日本軍の狙撃兵の弾丸をさけるため駈足で斜面に取りついては身を伏せる。(アメリカ海兵隊戦闘写真班H・F・ウイリアムス軍曹撮影)

 浜辺を血ぬる死体の行列
日本軍の狂信的なバンダイ突摯は、山を越え、谷を渡り、浜辺を進んで、アメリカ軍陣地へ四方八方から殺到した。
しかし阿鼻叫喚の夜が明けた時には、サイパン島北部の浜辺には数えきれない日本兵の死体がえんえんと続いていた。(アメリカ海兵隊戦闘写真班アーサー・J・キーリー伍長撮影)

 収容される在留邦
二名のアメリカ兵に捕えられて民間人(非軍人収容所に赴く途中の一名の在留邦人。彼は六月二十七日、別れの酒を飲んで非常に上機嫌になってアメリカ軍に投降したといわれ、その右手には日英両文の収容票を結びつけている。
(アメリカ海兵隊戦闘写真班C・G・ジョリー伍長撮影)

 洞窟より現われた日本兵
サイパン島北端のけわしい山岳地帯の洞窟に立てこもった日本兵は、サイパン島の陥落後も頑強に抵抗を続けた。
 @ アメリカ軍の残敵掃蕩戦によって洞窟を爆破きれて日本兵がフラフラと単身、濛々たる土煙の中より現れた光景である。左手前に米海兵が、この日本兵が抵抗するか投降するかをひそかに監鋭している。

 A この頑強な日本兵は右手にダイナマイトをたずさえて、用心深くあたりを見廻している。彼は投降するどころか、アメリカ兵を見つけしだい、ダイナマイトで殺すつもりだ。海兵隊戦闘写真班オパー軍曹は岩の蔭に身をひそめて、息をころしながら命がけでこの稀有の記録写真を撮影した。

 B この日本兵は、アメリカ兵の姿を見るや猛然と立ち向かってグイナマイトの棒を投げつけようとした。しかしその瞬間に、海兵の小銃は火を吐いて、この日本兵は不発のダイナマイトを固く握ったまま、膝が崩れるように地面に訃れた。悲しいサイパンの末路であった。(三枚ともアメリカ海兵隊戦闘写真班ロバート・B・オパー軍曹撮影)

 top
****************************************